| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデル撮影 ポーズ指示

8月19日の続き・・

僕は撮影の前日に、そして、撮影当日のロケハンをしながら

「どんな写真を撮りたいのか?」ということを自分の頭の中でシュミレーションしています。

つまり、頭の中で撮影をしているのです。

だから、撮影をしながら「これからどんな写真を撮ろうか?」ってあまり迷ったりしないのです。

だからモデルさんへの指示か的確にできて、撮影が早いのです。

でも、撮ってる時に実際の女の子を前にして

色んなインスピレーションがどんどん浮かんできたら、もちろんそのカットも撮ります。

「いいね」とか「カワイイ」って褒めたり、色々なことを話しながら撮ります。

撮られる人は、それがプロのモデルさんでも普通の人でも、撮影時間が早ければ早いほど喜んでくれます。

僕の場合は「もう撮れてるな!!」と感じたら「あと数カットで終わるよ」と、女の子に知らせます。

そうすると、「あっ、もう終わりなの?」って、ホッとしたいい表情をしてくれることがよくあります(笑)

その表情も頂きます(笑)

何度も言うけど(笑)

撮られる人は、長い時間撮られると「まだなの〜」という気分になります。

だから、できるだけ短い時間で撮影をしてあげることを心がけるといいですよ。

撮影中に「次、どんな写真を撮ろうか?」って、カメラマンが考えこんだりしたら、撮られてる側は不安になってしまいます。

その為には事前にどんな写真を撮りたいのか?というシュミレーションを徹底的にやることをオススメします。

下の写真で言うとですね・・

この部屋をロケハンした時に「ここの光いいから、ここで寝てもらおう」とか

「ここでは笑顔はいらないな」とか

「外光だけでは暗いかもしれないから、レフを使おう」

みたいな感じで、色々とシュミレーションするわけです。

これをやると、撮影しながら悩まずにすみます。

でも、「私は現場で考えながら撮る方が好きです」という人は、そうして下さい。

撮影方法というのは、カメラマンの数だけあるのです。

このブログを読まれる人は・・

「こんな方法もあるんだなぁ〜」と、かる〜い気分で読んで下さいね。


それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、

「今の自分がやるべきこと」にベストを尽くしましょう!!

150820-1.jpg
(祥伝社レアより)

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| モデルとのコミュニケーション | 2015年08月21日 | コメント:2 | TOP↑

女の子の撮り方


僕が女の子を撮る時に気をつけてること

<その1>

写真を撮らせてもらう女の子が、いつもカメラマンが撮りたいポーズや表情をしてくれるとは限りません(笑)

そんな時に・・・

「どうしていい表情してくれないんだろう?」って考えながらシャッターを押すんじゃなくって、

「カメラマンの自分がどうすれば、その人のよさを撮れるのか?」という意識で撮るということです。

大切なことは、被写体の動きや表情ではなく、被写体に接するカメラマンの意識の問題です。

「こんなカワイイ人を撮るチャンスは滅多にない!!よ~~し、今日は絶対にいい写真撮ってやる!!」って、相手に挑んでいくと相手も緊張します(笑)

それより「撮らせてもらってうれしい~~!!」という感謝の気持ちで接すると、

カメラマンの気持ちがモデルになってくれてる人にも伝わって、

「あ~このカメラマン喜んでくれてる!!」って感じてリラックスしていい表情をしてくれる事はよくあります。

<その2>

同じカットを長い時間撮らない。

できるだけテンポの良く短い時間で撮るようにしています。

撮られている女の子も長い時間撮られてると

「このカメラマンさん、いつまで同じ写真を撮るんだろう?」

「もしかして、私がダメなのかなぁ〜?」って心配するのです。

1つシチュエーションをテンポよく短い時間で撮って

「はい、ここは終わり、次はこっち」みたいな感じだと

「はや〜い」ってメチャメチャ喜んでくれます。

そこでカメラマンのあなたへの信頼感がいっきに増すのです。

テンポよく撮影を進める為に僕がやってることは、

続く・・・

それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、

「今の自分がやるべきこと」にベストを尽くしましょう!!

150818-1.jpg

「そこでシャワー浴びてくれる」
「髪、ぬれてもいいよ」
「最初は海から上がって体を洗ってる感じで、楽しそうにね」
カシャ、カシャ
「うん、いいね、いいね」
「楽しいのは撮れたから、次は少しセクシーな感じでいってみよう(笑)」
カシャ、カシャ
「○○ちゃん、今の表情最高〜〜!」
カシャ、カシャ
「いいね〜〜」
「はいOK!!」「ありがとう、よかったよ!!」

カメラ手持ち、レフなしで、こんな感じの声掛けをしながら撮っています。

ポーズの指示もあまりしないで、シチュエーションだけ説明して、あとは女の子に自由に動いてもらっています。

ーーーーーーーーーーーーー

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年08月19日 | コメント:0 | TOP↑

モデルさんへの声かけ

女の子を撮影する時に僕が心がけていることを書きます。

それは、撮影テクニックではなくて、女の子とのコミュニケーションです。

カメラマンによってそれぞれ違いますので、

「これが絶対に正しい!!」と言ってるのではありませんから、誤解なさらないようにね。

写真を撮られる女の子は、カメラマンが黙ってシャッターを押してると

「私、いい表情してるのかしらん?」って不安になります。

だから、シャッターを押しながら「いいね!!」とか「カワイイ!!」とか、どんな言葉でもいいので、

あなたが言いやすい言葉で

「今のあなたはいい表情していますよ」とか

「いいポーズしてますよ」ということが伝わる、声かけをしてあげればいいのです。

決まった単語はありません(笑)

あなたの使いやすい言葉でいいのです。

「目線はありなしで、自然に」みたいな感じで、

仲のいい友達になった気分で声を掛けてあげて下さい。

笑顔を撮りたいのだったら、カメラマンは絶対に笑顔で声を掛けなければダメです。

また・・・

撮りながらも「今は全身撮ってるよ」とか

「今度はアップだよ」とか

女の子に「今、自分がどう撮られているのか?」を伝えながらシャッターを押します。

こうやって伝えることで、撮られている女の子は

「今はアップ撮られてるんだ」と分かりますので「足もとは意識しなくても大丈夫なんだ、そのかわり、いい表情しなくっちゃ!!」なんて、思ってくれます(笑)

撮られる人は、あなたが今どんな画角で撮ってるのか?ということが、気になるものです。

だから、それを伝えるだけで安心してくれます。

あとはカメラマンのあなたが指示を出して

撮りたい表情やポージングに導いてあげればいいだけです。

そこで、女の子の表情やポーズがあなたのストライクゾーンに入って来たら

「頂き!!」と言う感じで

「今、いい!!」「最高にカワイイ!!」って言いながら連写です(笑)

150817-1.jpg
祥伝社(レア)より

僕が言ってるコミュニケーションというのは

「あなたの趣味はなんですか?」「今日はいい天気ですね!!」というのではありません(笑)

被写体になってくれてる女の子が心地よく撮られる為のコミュニケーションです。

そして、カメラマンが撮りたい表情に被写体を導き出す為のコミュニケーションです。

どう声を掛けたらいいかわからない人は・・・

もう、最初から最後まで、

ニコニコしながら、

「○○ちゃん、カワイイ!!」の連発でも大丈夫です(笑)

「こんなポーズをして欲しい」「こんな表情をして欲しい」というポイントは

前日にあなたが決めておけばいいのです。

そして、当日は「こんなポーズしてもらえる」ってお願いして、

そのポーズが、あなたのストライクゾーンではなくても、

「いん、いいね、その感じで自由に動いてみて」とお願いして撮っていけば、必ず

あなたの欲しい表情やポーズをしてくれるタイミングが訪れます。

それまでは、焦らず「カワイイ!」ってホメまくるのです(笑)

ファインダーの目の前にいる女の子はあなたの恋人だと思って、

どんな時でも笑顔を絶やさずに、やさしく、大切に、「○○ちゃん、カワイイ!!」を忘れずにね。


それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、3歩進んで2歩下がるという気持ちで

『今の自分がやるべきこと』にベストを尽くしましょう!!

積極的な人は「前進あるのみ!」という気持ちでGO!!

150817-2.jpg
祥伝社(レア)より

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年08月17日 | コメント:0 | TOP↑

撮影する時の声かけ

「撮影する時の声かけ」 「モデルさんへの指示」ってどうやればいいのでしょうか?

ってよく聞かれます。

方法はカメラマンによって、それぞれ違うと思うけど・・・

僕の場合は、例えば下の写真を撮影した時などは

メチャメチャ中のいい友達と一緒に海に来て、その人に撮られてる気分でやるよ〜!!

「ほら、カメラに向かってきてよ!」

「その顔かわいい!!」

「今の顔おもしろい(笑)」「もっと変顔してよ」

「砂浜に寝っ転がって!」

「カワイイ!!」

などなど、

友達と遊んでる感覚で、その瞬間、思いついた言葉で声かけしています。

こういった動きのある写真を撮る時は

僕も、女の子も動き回ってるので、カメラは手持ちでレフも使っていません。

名前を呼ぶときは

「○○さん、かわいいですよ」ではなく

「○○チャン、カワイイ!!」という感じで、あくまで友達感覚で、

名字ではなくその子の名前を呼びます。

プロカメラマンは、例えば「ミキちゃん」だったら

「ミキ」って呼んでる人の方が多いです。

その方が、モデルさんとの心の距離がいっきに近くなるのです。

撮影をしていない、移動中も「さっきのミキちゃん、凄くよかったよ」ってホメてあげたりすれば

次の撮影は、それまで以上にいい表情をしてくれます。

一番ダメなのは、何も言わないで、ただシャッターを押すことです。

これやってると、女の子の心はカメラマンのあなたから、どんどん、離れていきますよ(笑)

恥ずかしがらないで、ドンドン、声掛けしながら撮って下さい。


それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、3歩進んで2歩下がるという気持ちで

『今の自分がやるべきこと』にベストを尽くしましょう!!

積極的な人は「前進あるのみ!」という気持ちで。

150807-1.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年08月11日 | コメント:0 | TOP↑

モデルさんへの声掛け。

あるイベント会場での出来事。

カメラを持ったプチカメラマンさんはそのブースの前のに立っているコンパニオンに近づいて「写真いいですか?」と声をかけました。

コンパニオンは笑顔で「ハイ」と答えます。

この時、他にカメラを持った人はいなかったのです。

つまり、彼とコンパニオンの1対1です。

チャンスです。

僕が驚いたのは、そこからです。

カメラマンの彼は床にしゃがむように低い体制になるやいなや、

ただ無言で「パシャ、パシャ!!」とシャッターを押し続けたのでした。

コンパニオンもプロなので、彼のシャッター音にあわせてポーズを変えていました。

さすがプロです。

撮影が終わったプチカメラマンの彼は、彼女に「どうも」とだけ言って去って行ったのです。

その瞬間僕は・・・

「あ~~もったいない!!」と、心の中で叫んでいました。

イベント会場にいるコンパニオンは顔もスタイルもいいし、素敵なコスチュームを着ています。

つまり、無料でプロのモデルさんを撮れるということです。

コンパニオンはプロだから、撮る人が無言でシャッターを押してても素敵な表情はしてくれます。

でも、

「あっいいね!!その笑顔カワイイ!!」みたいな声をドンドン掛けながら撮れば、

あなたの声掛けがうれしくて、メチャメチャいい表情をしてくれます。

プロのモデルさんでも カメラマンに「いいね!!」「カワイイ!」って声を掛けられるとうれしいのです。

これ、本当です。

女の子を撮影する時の声かけは、難しい言葉は必要ありません。

「カワイイ!!すてき!!きれい!!その笑顔いいね!!今の表情いいね!!」みたいなニュアンスが伝わる

あなたが言いやすい言葉でいいんです。


「でも、恥ずかしくて言えない」というあなたの為に

いいことを教えます。

撮影の前日に、あなた自身が鏡の前でカメラを構えて、鏡の中の自分をモデルさんだと思って、

「カワイイ!!すてき!!その表情いいね!」と、声かけの練習をするのです。

とってもおかしな光景だけど、僕はよくやりました(笑)

これやっとくと、恥ずかしいという気持ちが思ってる以上になくなるのでいいですよ。

とにかく人を撮影する時に一番大切なことは、シャッターを押しながらのコミュニケーションです。

撮る人と撮られる人との心のつながりですね。

この繋がりができると、モデルさんはとっても安心してくれて、あなたに撮られることを楽しんでくれるようになります。

この、心の繋がりの役目を果たす大切なのが・・・

ホメホメ、声かけなのです。

「よ~~しいい写真を撮るぞ~!!」じゃなくって、

「この人が喜んでくれる写真を撮ってあげよう!!」

「いい気分で撮られてもらおう!!」という気持ちが大切。


「自分が喜ぶ前に相手に喜んでもらう!!」この気持ちです。

この気持ちがね、モデルさんに伝わるんですよ。

そして、撮る時は、カメラマンのあなた自身も・・・

「笑顔を忘れないように!」

笑顔は笑顔を呼びます。

それでは、今日も一日、今のあなたのやるべきことにベストを尽くして下さい。

cd6.jpg
持田さん、ご結婚されるそうですね。
随分前にに僕が撮らせてもらったELTのCDジャケットです。

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年07月23日 | コメント:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。