fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

写真 レタッチ 加工

Q:自分も一応はデジいちで写真を撮っているのですが、撮った写真を見るとイマイチな感じが否めません。
たとえば価格.comのPHOTOHITOに掲載されている写真を見ると、フレームだカットだ以前に、発色とかメリハリなどが全然違って見えるのです。
対して自分の写真は妙にねむいような感じで、メリハリに欠けるというか、ビビッドさがありません。
グーグルのマップにコンデジ撮影と思われる写真が貼られているのですが、そんなレベルです。
そこで質問なのですが、PHOTOHITOなど人に見せる写真を掲載されておられる方々は、何かソフトウェアで写真を加工されておられるのでしょうか?
それとも道具じゃなくて、腕の違いなのでしょうか?
あまりにも初歩的な質問なのかもしれませんが、宜しくご教示お願い致します。

A:僕なりの返答です

あくまで僕の意見ですけど・・

今は、コンテストとかネットや専門誌など、人に見せる為に自分の写真を発表する時に、その写真を加工しないで出品している人などいないんじゃないでしょうか。

僕だったら自分が撮った写真を人に見せる為に何かに掲載する時は、間違いなく写真をデジタル処理(加工)します。

なぜなら撮ったままの写真の場合は、例えば空の青などが自分が思ってた色が出なかったりするからです。

僕の場合、仕事はもちろんこのブログに掲載する写真でも、知り合いしか見ないフェイスブックに掲載する写真でも必ず加工しています。
なぜなら、カメラマンの性というのでしょうか(笑)自分が納得するテイストではない写真を人に見せるのは嫌なのです。

加工する箇所は、コントラスト、色合い、彩度、明るさ、などなどその写真によってそれぞれ違います。

自分の写真は妙にねむいような感じで、メリハリに欠けるというか、ビビッドさがありません。 と悩んでいますけど・・・

これなんか、フォトショップなどのデジタル処理をするモノを使って彩度やコントラストを上げればあっという間に、自分の思い通りの写真に仕上がりますよ。

デジタル処理をするソフトウェアーは色々ありますので、ネットなどで調べて購入することをお勧めします。

そうすれば、自分が「こんな写真に仕上げたい」と思ってる写真を作ることが出来るようになります。

それでは、明日も、あなたがやるべき事にベストを尽くしましょう!!

130924-10.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2013年10月06日 | コメント:1 | TOP↑

カメラマン 好きな写真は撮れる方法

Q.他の写真家さんが撮ったものを見て、こんな写真を撮れたらいいなぁと思うのと、自分が撮る写真が違った場合、そのいいなぁと思った写真が自分の撮りたいものになるものなのでしょうか。
勘違いしていますか? どうなんでしょうか?

A:他の人の写真を見て「いいなぁ~」と感じるのは、その写真家の撮った写真があなたの感性に響いているからだと思いますよ。

そしてそれは、あなたもその写真家さんと「同じ感性を持っている」ということに今まで気が付いていなかっただけなのです。

だから「こんな写真を撮れればいいな、撮りたいな」と思ったらどんどんマネたらいいのです。

いろんな考え方がありますが、僕はマネをするのは自分の感性を延ばすためにはとてもいい事だと思っています。

例えマネだとしてもやっぱり自分の心に響くものを撮るのは楽しいものです。

心配することはありません。

マネをしている写真家と100%同じ写真は撮れませんから(笑)

マネしているうちに、あなたのオリジナルな写真が生まれてきます。

どんどんマネましょう!!というのが僕の考えです。

「これが正解!!」と言っているのではありませんので、誤解されないようにね。

それでは、今日も1日、あなたがやるべき事に、あなた自身のベストを尽くしましょう!!

130924-6.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2013年09月25日 | コメント:0 | TOP↑

スタジオライティングを学ぶには?

Q:こんにちわ。いつもブログを拝見しております。

今25歳の社会人なのですが、学校に行こうかそのぶんの学費を機材にあてようかで悩んでおります。

スタジオライティングなどを学ぶにはこういった学校を活用するのが良いのでしょうか?

過去の質問と重複する点もございますが、宜しくお願い致します。

A:僕なりの返答です。

1−将来プロになりたいのでしたら学校に通うより、スタジオマンとして働くか、カメラマンのアシスタントになって学ぶことをお勧めします。

理由は2つあります。

A−高額な学費を払うのではなく、毎月給料をもらえるので経済的にも助かる。

B−もの凄い種類の実践的なスタジオライティングを学べる。

以上の理由です。

2−スタジオライティングだけを学びたいのでしたら、カメラマンのアシスタントではなくスタジオマンになることをお勧めします。

3−今の仕事も辞めたくないし、学費を払うことは経済的に問題ないということでしたら、東京写真学園のような社会人を対象にした学校で学ぶことはいいことだと思います。

ただ、どの学校でも言えるのですが、学校で学べるライティングの殆どは基本だと思った方がいいでしょうね。

仕事でも使える実践的なライティングを学びたいのでしたら、学校に通いながら僕のDVD1(スタジオライティング実践編パート1)とDVD2(実践編パート2)、DVD3(スタジオライティング基本編)を購入して学べば、もう殆どのスタジオ撮影はできるようになります。

また、学校だとスタジオを使えるので、僕のDVDを見てやってみたいと思ったライティングでテスト撮影をすれば完璧に学べます。

これは、僕のDVDの宣伝したい為に書いてるのではありませんよ(笑)

僕の制作したDVDは、初心者でも分かりやすく尚かつ、実践的で役に立つ内容だということです。

130414-1.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2013年04月14日 | コメント:6 | TOP↑

写真が上手くなる方法。

前に書いた内容に関して「よく分からない」「今の自分は何をしたらいいのかわからない」という時はどうしたらいいのか?

それはですね・・・

あなたが感動した写真をよ〜〜く、分析すればいいのです。

自分は「この写真のどこに、何に、感動したのか?」ということを細かく分析してみればいいのです。

1−撮られている被写体(人、動物、風景)なのか?

2−撮られている場所なのか?

3−撮られている場面なのか?

4−構図なのか?

5−ライティングなのか?

などなど、どういった部分に感動したのか?とうことを自問自答すれば、あなた自身がどのような写真を撮りたいのか?ということが少しずつみえてきます。

誰かの写真に感動したということは、そのカメラマンが撮った写真にあなたの感性が反応しているということなのです。

つまり、あなたはそういったことに感動する感性をもっているということなのです。

今書いたことも、いまいちよく分からない、という時は・・

あなたが好きだなぁ〜と思った写真を真似て撮ることをお勧めします。

人のマネをしているうちに、気がついたらあなた自身の感性が詰まった写真が撮れるようになりますから。

とにかく、まだ19歳なので焦らないで、今の自分ができることを毎日一ミリでもいいからあなた自身の「カメラマンへの道」を歩んで行けば大丈夫です。

それでは、明日からも撮影を楽しんで下さい。

15.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2012年07月01日 | コメント:1 | TOP↑

写真家 感性を高める

先日、僕が大学生時代に見た映画のDVDを観ました。

DVDをレンタルしているお店では取り扱っていないので見れなかったのですが、アマゾンから「こんなDVDは発売されましたよ」というお知らせメールが着て「うわぁ、懐かしいなぁ~見たい!」とすぐ購入したのです。

まんまとアマゾンの罠にハマってしまいました(笑)

その映画を見てびっくりしたのです。

実は、僕がプロになって撮っている写真の原点がこの映画にあったのです。

それはこの映画の内容のことではなく、カメラワークです。

美しい風景の中にいる主人公が映し出されてる時の構図や、主人公がアップになった時の構図が、僕がプロになってから好んで撮ってる構図そのものだったのです。

DVD見終わった後に、大学生の頃この映画を見て「いや~~この映画の構図好きだなぁ~」と強烈に思ったのを思い出しました。

今のようにDVDなどなかった時代だったのですが、たった1回しか見なかったこの映画の「この構図いいなぁ~」という想いが、僕の感性の引き出しの中にビシッと詰まっていたというわけです。

この映画の映像にここまで影響を受けていたとは・・・いや~~びっくりしました。

実は、今回この映画のDVDを見ながらも「いや~この構図いいなぁ~」と言いながら見ていたのです。

何十年経っても、好みって変わらないものです、もしかしたら僕だけかもしれないけど(笑)

実は、この映画を見た時は大学の映画研究部に所属してて、まだ写真部には入っていなかったのです。

つまり、将来プロカメラマンになるなんて1ミリたりとも思っていなかったのです。

人というのは、自分気がつかないうちに・・

色んなモノから影響を受けているんだなぁ~ということが実感できたDVDでした。

今学生のみなさんも・・・

今のあなたが「これ好き!」と感じているモノが、将来あなたがプロになった時に無意識のうちに写真の中からにじみ出てくるということです。

「これ好き」とは、写真、映画、音楽、小説、舞台、絵画、ダンス、漫画、イラスト、風景、スポーツ、などなど・

体の色んな部分を通して感じるあらゆるモノに影響を受けているということです。

つまり、今のあなたの趣味思考が未来のあなたを創っているということです。

どんな未来になるのか楽しみですね。

mono3.jpg

それでは、今日も初心忘れずの心で!!

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 


  

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2012年03月26日 | コメント:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT