| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンの年収はいくら?撮影料は?

プロカメラマンの年収を、知りたい!という人が多いので、

プロカメラマンが色んな撮影で、どれくらい撮影料をもらっているのか?ということを、僕の今まで経験の中で書かせてもらいます。

<雑誌>
1ページ幾ら、というページ単価で支払っているか雑誌が多いです。

僕の経験では、1ページ8000円〜3万円です。

平均、1ページの撮影料は、1万5千円くらいですね。

ページ単価というのは、1ページの為に何カッ撮影しても、1ページ分しか支払われないとうことです。

表紙は5万〜20万です。

ファッション雑誌はみなさんが想像しているより安いです(笑)

グラビア雑誌、男性雑誌は高いです。

撮影料の交渉はありません、各雑誌で決められています。

<業界紙>
ページ単価ではなく、ページ数に関係なく1つのテーマの撮影で幾らというのが多いです。

1回の撮影で、1万円〜10万円 (その業界紙を出版している企業の規模で違います)

表紙は5万〜15万円

これは東京の業界紙の話です、地方の業界紙(フリーペーパー)の場合は単価は安いと思います。

<CDジャケット>

シングルCDは10万〜20万、アルバムCDは20〜40万円くらいです。

これは、そのアーティストの知名度で決まります。

撮影料は、レコード会社と交渉です。

大きなレコード会社に所属していないインディーズのアーティストのCD撮影の場合は、2万〜5万くらい。

この場合は、カメラマンとアーティストが直接撮影料の交渉をします。

<コンサート・ライブ撮影>
僕の場合は、売れているアーィストの撮影でしたので、1回の撮影で10万〜30万円でした。

撮影料は決まっていないので、カメラマンと担当者が交渉をします。

インディーズのアーティストの場合は、売れているアーィストの撮影と比べると0が一桁少ないと思います。

<カレンダー>

これも、アイドルやタレントさんの知名度で違いますが、

撮影料は、30万〜80万円の範囲で40万円くらいが多かったです。

撮影日数は1日か2日間です

<単行本・文庫本の表紙>

表紙の為に特別に撮影する、今持ってる写真を使ってもらうという2種類ありますけど

撮影料、使用料は5万〜10万円でした。

その本の作家の知名度で発行部数が変わるので、それで撮影料が違うのかもしれません。

<アイドル・俳優さんなどの写真集>

写真集は印税で支払われる場合と、1冊の撮影で幾らという2つの支払い方法があります。

今は、写真集はあまり売れないので、印税ではなく1冊の撮影で幾らという方が多いです。

ちなみに印税の場合は写真集の値段の5%〜10%です。

2000円の写真集を1万部販売されたら、印税が8%として計算すると、160円×1万部=160万円です。

印税ではない1冊の撮影で幾らという場合は、僕の場合60万〜120万円でした。

<広告>

これも、広告主の大きさで違ってきます。

それでも、雑誌と比べると0が一桁多いです。

小さいクライアントさんの撮影で、20万〜80万円

大きなクライアントさんの撮影で100万〜300万円

撮影料は、その時に撮るカットの数、使われる規模でも変わります。

海外ロケになると、撮影料に数日間の拘束料も請求できます。

他のカメラマンさんのことは分かりませんけど、僕は1日3万〜5万円を請求していました。

例えば、5日間海外ロケに行くと5日×5万=25万円です。

拘束料だけでもいいくらいです(笑)

でも、広告は数千万〜数億円という予算で作られているので

カメラマンの拘束料なんて、微々たるものです。

写真だけではなく、動画(ムービ)も撮るカメラマンは、撮影料は0が一桁増えると思って下さい。

<ウェブ用の撮影>

印刷媒体と比べると撮影料は安いですね

1回の撮影料がカット数に関係なく、平均1万〜2万円くらいでした。

<一般の人に撮影を依頼される>

出版社・広告代理店・レコード会社・企業の宣伝部からとの撮影依頼ではなく、

自分の友人知人を通して、プロフィール写真、赤ちゃんの写真、七五三、披露宴、運動会、催し物、お店のメニュー、サロンのヘヤーカタログなどなど、個人の撮影をする場合の撮影料は、数十万円ではなく、数千円〜数万円です。

<学校などの講師、セミナーなどの講師>

学校の講師の場合は、1時間5千円ということが決められているようでしたので2時間の講義で1万円でした。

交通費は出ません。

専門学校で朝9時から夕方5時まで実技と講義を依頼された時は、5000円×8時間=4万円か?と思っていたら、1日1万円でした。

あと、セミナーなどで講演を依頼された場合は、1時間30分〜2時間の講演料が2万〜8万円というのが多かったです。

値段は、主催者によってそれぞれ違います。

1度、往復の飛行機代+30万円という破格条件での講演依頼の時は、「撮影するよりいいな〜」と喜んだことがあります(笑)

ーーーーーーー

カメラマンの年収・収入というのは

これらの仕事を毎月&1年間にどれくらいするのか?で決まるのです。

ある意味、スポーツ選手と同じで

毎試合の成績がよければ、収入が増えるということですね。

カメラマンで言うと、クライアントさんに喜んでもらえる写真を撮れば、収入が増え続けるということです。

ーーーーーーーー

カメラマンの収入は、カメラマンの種類によってそれぞれ違います。

今日はあくまで僕が経験したことを書いていますので、何かの参考にしてもらえたら幸いです。


それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!

k13.jpg

「このブログでどんなことを書いて欲しいですか?」

「何か質問したいことがありますか?」

どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に書いて下さい。

僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボを使ったポートレート・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| カメラマンの収入 | 2015年05月12日 | コメント:0 | TOP↑

フリーカメラマンの年収

Q:独立を予定しています。
一般のカメラマンさんは年収いくらくらいですか?
生活できていけるか不安です。が、がんばります。
できるなら、雑誌や広告の撮影がしたいです。

A:僕なりの返答です。

不安になる気持ちはよくわかります、では毎年の年収がいくら保証されたら安心できますか。

出版社や広告代理店や写真スタジオで働く社員カメラマンは別ですけど、僕のようなフリーカメラマンは公務員と違って毎年の年収は保証されていないのです。

つまり、年収0円の人もいるし数千万円の人もいるし、億単位の年収があるカメラマンもいます。

この人達の年収は何で決まるのか?というと・・・

答えはシンプルです。

「クライアントさんが望む写真が撮れる」&「クライアントさんが望んだ以上の写真を撮ることができる」というカメラマンになればいいだけです。

僕は「独立して生活できていけるか不安だ」という気持ちがある人は、独立することはお勧めしていません。

これは僕の今までの経験で感じていることなので、答えになっていないような答えですけど・・・

不安な気持ちは、不安になる出来事を呼び寄せる可能性が高いということです。

つまり、不安な気持ちで独立してしまうとですね・・

考えていたより収入が少なくて生活に困ったり、そのことが原因で精神的にまいって体を壊したりして「やっぱり独立なんかしなければよかった」という現実を招く可能性が高いということです。

心の中で「不安だけど頑張ります」と思ってもダメなのです。

プロカメラマンとしての感性と撮影テクニックを「自分は持っているから大丈夫!!」という自信がなければ、難しいのです。

でも何の根拠もなく、ただ「自分は自信がある!!」と言ってる人も困りますけどね(笑)

ただ、そういった人はそのことが原因で精神的にもまいって体を壊したりはしません。

「自分はカメラマンには向いていなかったのかな」の一言で、他の道に歩むことができるのです。

もし雑誌や広告の仕事がしたいのでしたら・・・

今のあなたが「この雑誌の撮影がしたい」「この広告の撮影がしたい」と思ってるクライアントさんから「今度、あなたに撮影って欲しい」という依頼があったとしましょう。

その時に、自信を持って「はい、喜んで!!」と答えられるかどうかです。

もし・・・

「いや〜撮れるかどうか不安だなぁ〜」と思うようでしたら、独立はしない方がいいです。

じゃぁ、25歳で「カメラマンになりたい」と思って会社を辞めた時の僕は、その時に同じ質問をされたらどう答えていたのか?と言うとですね。

スタジオワークは知らないのでスタジオ撮影は出来ませんけど、自然光で撮る仕事だったら「撮れます!!」と答えていました。

理由は、プロカメラマンに必要な感性は持ってるという自信はあったのです。

スタジオワークや35ミリ以外のカメラの使い方を知らなかったので、それさえマスタ-すれば絶対にプロカメラマンとして収入を得ることはできるという自信があったのです。

だから、カメラマンのアシスタントを辞めるという挫折を味わってからは・・
30歳でプロになる為に、必要なお金を貯める為の、貧乏生活に耐えることができたのです。

耐えるというか、貧乏生活が楽しかったのです。

なぜなら、お金を貯めて機材を購入して必要なことをマスターさえすれば絶対にプロになれると思っていたからです。

の貧乏生活をしている間、1度も「カメラマンになって生活できなかったらどうしよう」という不安な気持ちになったことはありませんでした。

あったのは、貧乏生活を送りながら毎年「あと2年でプロになれる」「あと1年でプロになれるんだ」というワクワク感でした。

今思うと、あのワクワク感があったので「カメラマンへの道」を歩む途中に現れた大小の壁を乗り越えることができたのだと思います。

もし収入に不安があるのでしたら、最低2年は収入がなくても生活できるとうお金を貯めてから独立するという方法もあります。

この方法だと、少なくても独立して最初の1年は収入がなくても「生活できなかったらどうしよう」という不安な気持ちは解消されますからね。

長々と書きましたけど・・
今日書いたことはあくまで、僕個人の考え方ですので

あなたが「いや、私は不安だけど頑張って独立します」という強い気持ちがあるのでしたら、あなた自身の「カメラマンへの道」を歩めばいいのです。

どこかの誰かになんて言われても、最後に決めるのはあなた自身です。

あなたの人生です。

後から後悔しないようにあなたが欲する道を選択して下さい。

それでは、プロになる為に必要だと思ったことにベストを尽くして、あなた自身の「カメラマンへの道」を歩んで下さい。

G5f.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの収入 | 2013年11月15日 | コメント:3 | TOP↑

本の表紙の撮影料

Q:素朴な質問があります。
文庫本の表紙ってギャラどれくらいいただけるのでしょうか?
タクマさんから前もって希望額をいうのですか?
それとも出版社から事前にこの額でお願いします! って提示されるものなのでしょうか?

A:お答えします。

文庫本や単行本の表紙に写真が使われた時のギャラは、今までの僕の経験では5〜10万円くらいですね。

これは、すでに撮ってるイメージ写真などを使用するという場合で、本の表紙の為に特別に撮影するということでしたら、これ以上の額です。

写真の使用料の額は出版社によって違いますし、また、その本が売れそうかどうか?でも違うような気がします。

今回の写真の使用料は、大人の事情で「幾らです」とは言えませんので(笑)ヒントを教えます。

1日8時間アルバイトをして得る収入の2週間分くらいだと思って下さい。

使用料に関しては、まず出版社から・・

「今回、〜〜という本の表紙にタクマさんの写真を使用したいのですが使用させてもらえるでしょうか?」

「使用料は○○円を考えているのですが、この額で大丈夫でしょうか?」

みたいな感じで連絡が来ます。

そこで僕は、出版社が提示して来た使用料に対して「はい、いいですよ」と一発でOKするわけです。

なぜ、向こうが提示して来た額に1発でOKするのか?と言うとですね・・・

「もし、自分が編集者だったらカメラマンにどのような対応をされたらうれしいだろうか?」と考えるわけです。

その時に「この額ではダメですね」と言われたらですね・・

僕が編集者だったら「うわぁ〜〜めんどくさいカメラマンだなぁ、あまり関わりたくないな〜」と、思ってしまうわけです(笑)

だから、向こうが提示した額に「はい、その額でいいですよ」と1発でOKするわけです。

単行本や文庫本に写真を使用されるといった場合・・

今まで僕の方から「その額では無理です」と言ったことは1度もありません。

クライアントさんにいい印象を持ってもらえると「また何かあったら、このカメラマンさんに依頼しよう」と思ってもらえる可能性も広がるでしょ(笑)

出版社によっては、最初に「写真の使用料は幾らでしょうか?」と聞いてくる場合もあります。

その時は、自分の希望額を言えばいいのです。

出版社が、あなたが提示した額が高いと思ったら「もう少し安くなりませんか?」と言われますから。

また、希望額を幾らって言えば分からない人は「通常幾らくらいなのですか?」と聞けばいいのです。

そうしたら「通常〜〜くらいなのですが・・」と教えてくれますから。

それでは、今日も1日、自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

131015-2.jpg
*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの収入 | 2013年10月19日 | コメント:1 | TOP↑

景気がいい時はカメラマンになった方がいい?

Q.これから景気がよくなると言われていますけど、こういった時期にカメラマンを目指せばうまくいくでしょうか?

A:極端に言うと、世の中の景気が気になる人は公務員になれば一番安心だと思います。

カメラマンという職業は「カッコよさそうだから」とか「儲かりそうだから」という気持ちで選んだのでは、絶対に続きません。

いつも言っていますが「写真を撮ることが好きで好きで大好き!!」という気持ちがないと無理でしょうね。

なぜなら専門学校などを卒業して「私は今日からカメラマンになりました」と宣言したその日から、収入を得ることができる職業ではないからです。

どんな職業でもそうだと思いますがいろんな壁(困難なこと)が現われます。

本当に好きだったら、目の前に現われる大小の壁を乗り越えるための努力が本気でできます。

また、そのエネルギーも湧いてきます。

なぜなら、大好きだからです。

不況だと言われている時代でも仕事がいっぱいあるカメラマンはたくさんいます。

また、好景気の時でも仕事のないカメラマンもいます。

つまり、カメラマンになって仕事がある、ないは、世の中の景気が原因の100%ではありません。

カメラマンとしての才能があるかないかということのように思います。

ここで僕が言う、カメラマンとしての才能とは・・・

『あなたに撮影を依頼してくれた人が望む写真を確実に撮れる』ということです。

130705-7_201308101602288ec.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。


 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの収入 | 2013年08月10日 | コメント:1 | TOP↑

カメラマンは収入が安定していないのですか?

Q:初めまして。

私は高校2年の女の子です。

私は将来カメラマンになりたいのですが、

学校の先生はカメラマンは職が安定していないから趣味でするのがいいんじゃない?と言われました…。

やはり、カメラマンとゆー職業は職が安定していないものですか??


A:僕なりの返答です。

カメラマンに限らず、公務員以外の仕事は収入は安定していません。

大きな会社に就職しても、いつリストラされるかもしれないからです。

「収入が安定していなくても好きなことを仕事をするか?」

「好きではないけど、安定した収入の為に仕事をするか?」

は、あなたが決めることです。

僕の場合は『人生は1度しかない、やらずして悔やむより、やって悔やんだ方がいい」という想いでカメラマンになれるかどうか?トライしたのです。

1−「収入が安定していない仕事は不安だな〜」という、気持ちで「カメラマンへの道」を歩もうとしている人と

2−「カメラマンになって、好きな仕事ができて、沢山の収入を得るようになったらどうしよう!!」とワクワクしながら「カメラマンへの道」を歩む人では・・・

「カメラマンへの道」を歩んでいる途中に現れる大小の障害への対応がまったく違います。

1の人は「やっぱり先生の言ってた通りだ、辞めとけばよかった」と落ち込み、歩みを止めます。

2の人は「好きなことをやるんだから、多少の障害があるのは当たり前」と考え、前に進もうとします。

僕は2で、3歩進んで2歩下がるという歩み方でした(笑)

そして今は、好きなことを仕事にして本当によかったと思っています。

「収入が安定していない仕事は不安だな〜」という想いの方が強いのでしたら、「収入が安定している」と思う仕事を選んで趣味で写真を撮ればいいのです。

せっかく好きになった写真を撮るということをこれからの人生でも継続して楽しんで下さい。

というのが、僕の返答です。

あくまで僕が勝手に思ってることです「こうしなさい!!」と言っているのではありませんので、誤解されないように・・・

130626-1.jpg
*温室で見つけた葉っぱを、いつものオリンパスペンでパシャリ!!


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの収入 | 2013年06月27日 | コメント:8 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。