| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真作家

★いつもタクマさんのブログを拝見して、とっても勉強になっています!
「写真作家」というジャンルがあること、始めて知りました。
絵のような写真、私も大好きです。
そんな写真撮れたら、と思います。

というコメントがありましたので、僕なりに書かきたいと思います。

まず「写真作家」というジャンルを簡単に説明すると・・・

僕が今やっているカメラマンの仕事は、クライアントさんから「こんな写真を撮って欲しい」と撮影を依頼されて写真を撮り、撮影料をもらいます。

でも、写真作家(僕が勝手に付けているジャンルかも?)は・・・・

クライアントさんから撮影を依頼されるのではなくて、自分が撮りたい写真を撮ってそれを写真集にしたり、個展や展示会などで購入してもらって収入を得る人のことです。

つまり、画家と同じですね。

欧米では何十万〜数百万円もする写真を購入するという習慣がありますけど、日本では絵に比べたらはまだまだです。

だから、日本で写真作家だけで生活ができる収入を得ようとするのは、僕のようなクライアントさんありきのカメラマンを目指すことの何十倍も大変なことだと思いますね。

作家で収入を得る為には、あなたの作品を世の中の写真が好きな人たち(写真を購入したいと思っている人)に認知してもらわなければいけません。

その為には、日本や海外の大きなコンテストに出品して賞を取ることオススメします。

賞を取ることで、あなたという作家を評論家やギャラリーやデザイナーなど、自分が気に入った写真を世の中に発信してくれるような人達が認知してくれます。

こういう人達との繋がりが広がることで、あなたの作家としての道が開けます。

あとね、作家は写真を撮る以外にも大切なのことがあります、それは・・・

あなたが「なぜ?その写真を撮ったのか!」というコンセプトを考えることなのです。

どのコンテストでも作品を出品する時に書かなければいけません。

また、審査員からもコンセプトに関してすっごく聞かれますし、コンテストによっては審査員やその作品を見ている多くのギャラリーの前で「自分はこの写真で何を表現したいのか?」みたいなことを話さなければいけません。

審査の時に、審査員や評論家の方々に「あなたの作品のコンセプトは?」と聞かれて・・・

「理由なんてありません、好きだから撮っているだけです」なんて言ったら、その瞬間に試合終了です(笑)

「なぜ?」「どうして撮るのか?」「あなたの何がそれを撮らせたのか?」という、あなた自身の今までの生き様、人生観がにじみ出てくるようなコンセプトでなければダメなのです。

自分が「なぜ、その写真を撮ったのか?」という想いを・・

話し言葉のような簡単な単語ではなく、思想書などに書かれているような難解な単語や小説の1文のような美しい表現で、ときどき英語の単語などを交えて解説できればよりいいですね。

つまり、作家は・・

自分が撮った写真を言葉や文章でどう表現できるのか?ということも大切なのです。

写真作家の世界に詳しいあるディレクターは・・・

「自分の作品を説明する力も作品の一部です」と言い切っていますから。

Q:タクマさんはどうなのですか?

A:僕はすぐ試合終了です(笑)

写真作家で生活をするのは、あなたの写真が認知されるまでは収入面では結構大変ですので・・・

もし目指すのでしたら・・・

生活をする為の収入を得る仕事を決めて、休みの日に作品を撮るという生活にするか・・・

1年の半分アルバイトをして、残りの半分を作品制作に当てるという生活も視野にいれていたほうがいいかも?しれません。

「私は家が裕福なので仕事をしなくても収入面には関しては大丈夫です」という人は、自由に作家活動ができるので問題ありません。

あとは「あなたは、働かなくてもいいからは好きな写真を撮っていればいいですよ」と言ってくれる、よき伴侶を見つけるという方法もあります(笑)

・・・と、作家への道へのマイナスなイメージが浮かぶことを書いてしまいましたけど

もし、今のあなたが、将来写真作家になって多くの作品を買ってもらって、たくさんの収入を得ているというイメージが浮かぶようでしたら・・・

絶対にトライして下さい!!

僕のマンツーマンワークショップでよくやるのですが・・・

登山家の話で例えるとですね。

登山未経験なのに「私は冬のエベレスト登頂をしたいです」という凄い目標を立ててくる方がいます。

僕はそういった人には「今のあなたが行ったら即死しますよ、あなたの目指す最終目標はわかったから、とりあえず現時点で一番簡単に登れそうな山を目標にしようよ」と・・・

その人がなりたいカメラマンとしての目標地点をぐ〜〜んと下げてもらい、その山に登る為に具体的に何をすればいいのか?を、アドバイスします。

具体的なアドバイスをした後に・・・

「どうですか?その山に登頂できそうですか?」と聞きます。

すると「はい、、もう登頂している姿が目に浮かんできますよ(笑)」という答えが返ってきます。

というわけで・・・・

将来なりたいカメラマンの目標地点を下げて、まずはそこを目標にして行動すると・・・

「今の私でもなれる」というエネルギーがおもいっきり湧いてくるので、本当に実現するのです。

だから、写真作家になりたいと思っているあなたも・・・

「これだったら、今の私でもできそう!」という、写真作家になるという夢が叶っているイメージが湧いてくるようなことを色々と考えてみて下さい。

こういうことを考えるのって結構楽しいですよ!

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

A10b.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 写真作家になる | 2014年04月20日 | コメント:1 | TOP↑

写真作家として食べて行く

土曜日にアートフェア東京2014という催し物に行って来ました。

もの凄い数のアーティストの方々の作品を展示販売している催し物です。

僕は人がたくさん集まる場所は好きではないので、仕事ではない限り行かないようにしているのですが(笑)

今回は、数年前に僕の事務所から旅立った元アシスタントのS君が写真作家としてここに展示しているので、応援を兼ねて行ってきました。

会場には、絵画、イラスト、彫刻、写真、なんだかよくわからないアート作品(ゴメンナサイ)など、もの凄い数の作品が展示されてました。

1点、数百万円とう値段が付いている絵もありました。

もの凄い多くの人をかき分けかき分け、S君の作品を展示している場所にたどり着きました。

そこで目の前に入って来たS君の作品を見てびっくり!

もの凄い迫力があったのです。

「いや〜〜凄いねこれ、お前いつ、こんな写真撮ってたの?」

「この額の制作費高かったろう?」みたいな素人がする質問をしながら、新しい作品に見とれていました。

僕は、今まで「作品がなかなか売れないんですよ」とS君が嘆いていたので・・・

「これ、絶対に売れるよ!」と、言って、またまたびっくり!!

「宅間さん、もう売れてるんですよ!!ほら、これも、これも!」って、言われて作品の下を見たら・・

売約済みの赤いシールが、それぞれの作品の下に張られていたのです。

そして、赤いシールが貼られていた作品の値段を見て、またびっくり!!

昨年販売していた作品の数万円ではなく、1点が一桁上の数十万円だったのです。

その数十万円の作品がもう何枚も売れているのです。

「よかったなぁ〜〜!!」「やっとこれで作家になれたなぁ〜」って、本人に言いながら僕自身胸が熱くなりました。

おじさんなので、泣きはしませんでしたけどね、もう少しで泣くところでした(笑)

本当に、自分のことのようにうれしかったです。

「作家になります」と宣言しても、作品が売れない限り収入は0なので・・・

アルバイトをしながら作品制作をしてコンテストに応募する、という作家としての種を植える作業を、この何年間、コツコツ続けてきた結果・・

やっと開花したのです。

まわりの人になんて言われても・・・

諦めないで・・・

自分の夢に向かって・・・

今の自分がやるべきことを継続し続けた人に・・・

運命の女神は微笑んでくれました。

本当におめでとう!!

S君の色んな作品は SAYAKA TAKASAKI で見れますので、興味がある方はぜひご覧になって下さい。

S君に感性には、まだまだたくさんの引き出しがあるので、これからの活躍が楽しみです。

bbb.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真作家になる | 2014年03月09日 | コメント:2 | TOP↑

写真作家になりたい

先日、某カメラ雑誌の編集者と話をした時に

最近の写真を好きな若い人達は、商業写真(お客さんから撮影を依頼されて撮るカメラマン)より、自分が撮りたい写真だけを撮って発表する作家になりたいという人の方が多いということを聞きました。

宅間さんはどう思いますか?と聞かれ・・・

僕が思ったことです。

僕は写真が好きな人が、作家を目指しても・・

出版社やレコード会社や広告代理店、お店、ホテル、お祝い事のある人などなどから撮影依頼がきて、お客さんの望む写真を撮る商業カメラマンを目指しても・・・

どちらでもいいと思います。

本人が好きな道を歩めばいいと思ってるからです。

人が『あなたの「カメラマンへの道」の歩み方は間違ってますよ』なんていう事ではありませんからね。

自分が進みたい道を歩むのが一番幸せだと思います。

今までの僕が経験したことで、一つだけ言えることは・・・

どちらの道を歩むとしても、

自分の撮った写真が人を感動させたり、

お客さん(撮影を依頼してくれた人)に喜んでもらえる写真でしたら必ず成功すると思います。

「カメラマンへの道」を歩み始めた人は、1度は自分よがりという自分の「我」とで会います。

この「我」と上手く付き合う事ができれば問題ありません。

僕は、この「我」の言うままにしたお陰でひどい目に遭いました(笑)

僕が今、カメラマンとして生活できているのは僕に撮影を依頼してくれるお客さん人がいるからです。

もし誰も撮影を依頼してくれなかったら・・・

ただの、写真好きのおじさんですから(笑)

だから、僕はお客様への感謝の気持ちはとても大切だと思っています。

どんな無理な要望も、僕が可能な限り叶えてあげようと思っています。
それが、プロだと思っています。

・・・と、カッコいいこと言ってますけど、実践は出来ていません(笑)

ただ、僕が撮った写真を撮影を依頼してくれたお客さんに喜んでもらった時は、

「カメラマンになってよかったなぁ~~」って、心が満たされるのは本当です。

080919.jpg

*これは、DVD2「スタジオライティング実践編パート2」に紹介している、定常光使ったライティングです。
黒バックだとこんな感じの写真が撮れます。

こういった光はストロボでも作れるのですが、定常光は光の強さや広さを調整できて、その調整具合を目で確認することができるので僕は好きなのです。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真作家になる | 2008年09月19日 | コメント:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。