| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 年齢は関係ありますか?

Q:宅間さんはじめまして。
実は私は最近カメラにはまりまして、人生初の好きなことを見つけることができました。
ただ・・・・・・・
年齢が40代後半なのです。
今まで20年以上もシステムエンジニアの仕事をしてきて カメラに出会って初めて仕事をやめたいと思いました。
でも、この年です。
年齢は大きいでしょうか。
カメラ(写真)で収入を得たいというのが本音ですが、 何よりとにかく写真をとっているときは、無我夢中で体験したことのない 充実感を味わえます。
そんな好きなものを自分の仕事にしたいという素朴ですが熱い想いがあります。
本職までとはいかないまでも、副業でもどうにか仕事になれば・・・と 思います。
周りに例がないなら、自分が作る!!!という想いも持っています。^^;
単刀直入に年齢について宅間さんのご意見をお聞かせ頂けないでしょうか。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

A:僕なりの返答です。

写真の世界は体力が必要なスポーツ選手ではありませんので、年齢は関係ありません。

必要なのは、お客さんが「あなたにに撮影してもらいたい」という写真が撮れるか?

「あなた撮った写真集や写真を購入したい」という作品を作れるかどうか?です。

「写真を撮ることが好き」という気持ちと・・・

「写真を撮って収入を得る」ということは全く違うのです。

あなたの撮った写真を「買いたい!!」「使いたい」「○○さんに撮って欲しい!」と思ってもらる写真を撮れなければダメなのです。

あなたが好きな写真を撮ることではなく、お客さんが好きな写真を撮ることなのです。

「少女観音」という作品を発表している村田兼一さんという写真家さんは、30代後半から写真を撮り始めて写真家デビューしたのは39歳(ほぼ40歳)です。

でも、誰も撮ったことがないオンリーワンの写真を撮っているので、日本だけではなく世界で認めらる写真家として活躍しています。

だから・・・

あなたが、お客さん(出版社、広告代理店、一般の人など)に「○○さんに撮って欲しい」という写真さえ撮ることができれば、写真で収入を得ることはできます。

また、あなたが「この作家の写真集や写真を購入したい」という写真を撮れるのでしたら、日本だけではなく世界で注目される写真家にもなれるのです。

もし、仕事を辞めてプロになりたいのでしたら・・・

辞める前に、プロカメラマンといっても色んな分野がありますので、自分はどの分野のカメラマンとしてプロになりたいのか?ということをしっかり見極めて下さい。

そして「この分野の撮影をするプロになりたい」と思ったら、次は、その分野の写真を見て今のプロの人達と同じレベルかそれ以上のレベル写真が撮れるかトライして下さい。

そこで「自分は大丈夫!!」という自身があれば迷わずGO!!です。

カメラマンの分野に関しては、このブログのカテゴリー欄の「カメラマンになる方法」を最初から読んで下さい、色々書いていますから参考になると思います。

本職までとはいかないまでも、副業でもどうにか仕事になれば・・・と 思います。

という気持ちでしたら、会社を辞めずにストックフォトにトライしたらいいと思います。

色々書きましたけど・・・

僕の考え方は・・・

「カメラマンになる」&「写真で収入を得る」ということに、年齢は関係ないということです。

周りに例がないなら、自分が作る!!!

いい言葉ですね。

あなたの得意な撮影分野を見つけて、夢を叶えて下さい。

今の想いが、あなたの未来を創っているのです。

それでは、今日1日、「今」の自分がやるべき事にベストを尽くして下さい。

140509-1.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| カメラマンに適した年齢 | 2014年06月12日 | コメント:4 | TOP↑

カメラマンになるのに年齢は関係ない。

小さな私のコメントを拾って下さってありがとうございます。
プロの写真家になるのだって大変なのに、写真作家はさらに大変なんですね。

私は40代なのですが、蓄えもないので専門学校へも入れずに、初級者の私が、プロのカメラマンになれるか正直不安ですが、人生一度きりなので頑張ってみようと思います。

タクマさんのブログや本には、背中を押され励まされています。

僕のブログがお役に立ててうれしいです、コメントへの返答です。

カメラマン・写真家という職業は、体力が必要なスポーツ選手ではありませんので年齢は関係ありません。

本当に写真が大好きで「カメラマンになりたい」「作家になりたい」という強烈な想いがあればトライする価値はあります。

ただ、この世界は・・・

どんなに頑張っても、人を魅了する写真が撮れる感性と、そういった写真が撮れるテクニックがなければ時間とお金の無駄になります。

今は僕が若かった頃と違ってネットや専門雑誌などで撮影テクニックをマスターすることは、あなたが思っている以上に簡単にできます。

一番大切なのは感性です。

じゃぁ、自分に人を魅了する写真が撮れる感性があるのかどうかを、どうやったら知ることができるのか?

それは・・・

あなたが、何かの写真を見た時に・・・

「この写真好きだ!」→「私も、こんな写真が撮りたい!!」→「何をすれば撮れるようになるんだろう」→「必要なことを勉強して撮れるようになりたい!」と強烈に思えるか?どうかです。

もし、そこまで感動する写真に出会えたとしたら、あなたは、その写真を撮ったカメラマン&作家と同じ感性を持っているということなのです。

だから、そのような写真を撮る為に必要なテクニックさえ学べば、あなたにも撮れる可能性は凄く高いのです。

撮影テクニックを学んで、最初はマネた写真を撮ろうとしているうちに、気がついたらあなた自身のオリジナリティーあふれる写真が撮れるようになります。

理由は人と100%同じ写真は撮れないからです(笑)

必ず、どこか違っています。

その部分が、あなた自身の個性になるわけです。

*私は40代なのですが→年齢は関係ありません。

*蓄えもないので専門学校へも入れずに→学校に行かなくても問題ありません。
専門雑誌やネットで十分学べます。

*初級者の私が、プロのカメラマンになれるか正直不安ですが→どうしてもカメラマンになりたい!という強い意志があれば大丈夫です。

ただ、今の不安な気持ちが「どうしてもカメラマンになりたい!」という気持ちより少しでも勝っているのでしたらダメです。

何をしてても、不安な気持ちがすべてを打ち消すことになりますから。

不安な気持ちというのは数学でいうと『0』と同じなのです。

100万×0=0とか1億×0=0という、かけ算で分かるように、どんなに大きな数字でも『0』をかけると0になるでしょ。

これと同じなのです。

あと、養うべきご家族がいる人にもオススメしません。

経済的に余裕がある人は別ですけど、自分が収入を得なければ家族を養えないという人は・・・・

「家族のことも考えないで自分の夢なんか追ってていいんだろうか」という気持ちが『0』と同じ効果をもたらすからです。

人生一度きりなので頑張ってみようと思います。

はい、人生、人になんて言われても、最後に決めるのは自分自身です。

☆写真作家として活動したい人は、ぜひ、今年3月15日にオープンした、ここ→IMAコンセプトストアに行ってみて下さい。

あなたの感性に、いい刺激を受けると思います。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

B5bb.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンに適した年齢 | 2014年04月22日 | コメント:2 | TOP↑

35歳 カメラマンになるには?

Q:カメラマンを目指して勉強中ですが、 もともと理系の理屈の人間のせいか 写真の良し悪しがいまいちわかりません。

 もちろん、この写真いいなってのはありますが、 RZ67と35ミリのリバーサルでスタジオ撮影した写真を 4つ切りに伸ばしても全く違いがわかりません 。

明らかなピンボケは分かりますが、前ピン、後ピンなどは 指摘されないと分からない状態です 。

芸術的センスが無いのはやはり致命傷でしょうか?

勉強すればする程、自分の美的感性の無さに気づかされる35のおっさんです・・・

こんなのでも勉強を重ねればプロとしてやっていけるのでしょうか?

A:僕なりの返答です。

*『もともと理系の理屈の人間のせいか 写真の良し悪しがいまいちわかりません』

と書いていますけど、「これは理系だから写真を撮るようなことには向いていない」と勝手に思っているだけのような気がします。

写真を撮るのに、自分は「理系だからセンスがない」みたいな考え方はしない方がいいと思います。

大切なのは、理系、文系、とかではなく、「自分は写真を撮ることが好きだ!!」ということです。

まず、今日から「自分は理系だから〜〜」という考え方を改めてはいかがですか。

また、写真の良し悪しが分からないなんて、落ち込むこともありません。

写真の良し悪しなんてないのです。

あるのは「この写真好きだなぁ」とか「この写真は嫌いだ」という、自分の好みの問題です。

100人が同じ写真を見て、全員が同じ感想を持つなんてありえませんから。

「いいな」と思う人もいるし「「どこがいいの?」と感じる人もいるわけです。

*『 RZ67と35ミリのリバーサルでスタジオ撮影した写真を 4つ切りに伸ばしても全く違いがわかりません 』

と心配していますけど・・

RZ67と35ミリのリバーサルでスタジオ撮影した写真を 4つ切りに伸ばした違いなどわかる必要などありません。

まず、今はRZ67と35ミリのリバーサルフイルムでスタジオ撮影するような仕事は、99%以上の確立でないからです。

今現在、ネがフイルムで撮影するカメラマンはいますけど、リバーサルフイルムで撮影するプロは99%以上の確立でいないでしょね。

なぜなら、今のプロカメラマンはデジタルカメラで撮っているからです。

リバーサルフイルムなんかで、撮れば、まずクライアントさんからクレームが来ます。

理由その1−フイルム代、現像代という経費が掛かる。

理由その2−スタジオで撮影する時に、撮影している絵柄をモニターを通して見ることができない。

理由その3−撮影の後、明るさや色やコントラストを変えたり、合成という作業ができない。

などなどの理由を考えて、クライアントさんはリバーサルフイルムで撮るカメラマンは、余程の理由がない限り使わないでしょうね。

だから、 RZ67と35ミリのリバーサルでスタジオ撮影した写真を 4つ切りに伸ばした違いなどわかる必要などないのです。

*『明らかなピンボケは分かりますが、前ピン、後ピンなどは 指摘されないと分からない状態です 』

今現在、世の中で売られているデジタルカメラで、オートフォーカス機能(ピントを自動で合わせてくれる)がついていないカメラなどない筈です。

つまり、デジタルカメラで撮っている限り、ピンぼけの写真を撮る方が逆に難しいのです。

AFの使い方に慣れていない人は、AF機能に慣れるまでボケることはありますけど(笑)すぐに慣れます。

という理由で、デジタルカメラで撮ればピントの悩みは解消されます。

*芸術的センスが無いのはやはり致命傷でしょうか? 』

これは、いったいナニをもって、「あなたには芸術的センスがある」というのか?ということです。

答えは・・・

あなたの写真を見た第三者なり、あなたに撮影を依頼するクライアントさんが決めることのような気がします。

*『勉強すればする程、自分の美的感性の無さに気づかされる35のおっさんです・・・ こんなのでも勉強を重ねればプロとしてやっていけるのでしょうか?』

「自分の美的感性の無さに気づかされる」と書いていますけど・・・

プロを目指した最初から「うん、オレはこのプロより美的センスがある」と自信満々の人なんか、いないのではないでしょうか?

普通は「あ〜〜この写真いいな〜上手いな〜〜」「こんな写真撮りたいな〜」という、あこがれなり願望が生まれるだけです。

その段階で「自分には美的感性がない」と思ってはいけないのです。

誰かの写真を見て「いいな〜」と感じたということは、あなたの中にある感性のヒダがその写真に響いているということなので、あなたもその写真を撮ったカメラマンと同じ感性を持っているということなのです。

「35のおっさんです」と書いていますけど、55歳くらいだったら、おっさんって言ってもいいですけど(笑)

35歳って、人生これからじゃないですか、

明日からも、決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分で、あなた自身の「カメラマンへの道」を歩んで下さい。

38.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンに適した年齢 | 2012年07月11日 | コメント:2 | TOP↑

カメラマン 年齢

Q:質問「カメラマンになるのに年齢は関係あるのですか?」

僕の考え方です。

あなたが出版社の編集者や広告代理店のデザイナーのような、カメラマンに撮影を依頼する立場の人だとしましょう。

毎週いろんなカメラマンがあなたに作品を見て欲しいと尋ねて来ます。

そこでね、若くてモデルみたいなカッコいい人が、すっごいおしゃれなポートフォリオブックの中にすっごくつまらない写真を沢山持って来ました。

同じ日に、サラリーマンみたいなおじさんがね、その人の作品を見ながら「この写真どうやって撮ったの?これどこ?」と聞きたくなるような、すばらしい写真が一杯詰まったポートフォリオブック持って来ました。

あなたは、どちらの人に「この人に撮影を依頼してみたい」と思うでしょうか?

この例え話しは極端ですけど・・・

大切なことは、編集者、デザイナー、クライアントが「この人に撮影を依頼したい」と思わせる作品を創れているか?どうか?ということだと思います。

今、誰かのアシスタントに就いている人は、そこに信頼という作品を上乗せで創っているようなものなのでもっと強いと思います。

09090910.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンに適した年齢 | 2009年10月22日 | コメント:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。