| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

女の子のポートレートの撮り方

今発売されているフォトテクニックデジタル 2015年 05月号の、特集「春の屋外&半屋外ポートレイト撮影Q&A」は、女の子のポートレイトを撮ってる人には役に立ちます。

なんと付録に・・
これから屋外で撮る時に気になる、緑かぶりを軽減してくれるマゼンタ&白の折りたたみ小型レフ(直径40㎝)が付いているのです。

新緑の季節、肌の色の緑かぶりが気になる人には、このマゼンダレフは役に立つと思いますよ。

また、このレフをどう使ったら効果的に撮れるのか?という解説ページまであります。

本当〜に、読者のことを考えている雑誌だなぁ〜と感心しました。

特集の内容は・・・

・春の屋外ポートレイトの魅力
・機材選びの考え方
・広い屋外どこから撮り始めたらいいのか
・季節感を写真に盛り込む方法
・撮影日の天気がどん曇りの時、どうすればいいのか
・公園で撮る時のポイント
・引きの絵を撮る時の画面構成のポイン。
・撮影場所が限られた場所でのバリエーション
・街中で撮る時にはどんなポーズが似合うのか

などなど、これからの季節に屋外で撮影する時に役に立つ内容が満載です。

あと、もう1つ・・

「初めての人の為の撮影会潜入ルポ」というページがあって、

これは「撮影会って、どんなことするのか知りたい!」という人は必見です。

僕も撮影会に1度参加してみたいと思いましたよ。

興味がある方はぜひ、ご覧になって下さい。
 ↓  ↓
Amazonで見るフォトテクニックデジタル 2015年 05月号

楽天で見るフォトテクニックデジタル 2015年 05月号

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

130422-13_20150423183927ede.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| オススメの本 | 2015年04月23日 | コメント:1 | TOP↑

女の子ポートレイト 

今日のオススメの雑誌は・・

今発売中のフォトテクニックデジタル 2015年 04月号です。

特集のタイトルがなんと・・・

「人見知りのための女の子ポートレイト撮影術)」です。

僕がプロになる前に、この特集を知りたかったです(笑)

学生時代の僕は、女の子に対してメチャメチャ人見知りだったのです。

信じられないと思いますけど、本当なのです。

だから、女の子を「いざ、撮影!!」という時にですね

何も言えない

何も指示できない、

ただ、ただ、無言で、シャッターを押していたのです(笑)

女の子を撮った後に言われるのは、いつも「楽しくなかった」でした(涙)

そんな、人の為にメチャメチャいいですよ、この特集は・・・

女の子を撮るプロが、喋るのが苦手でも、人見知りでもできる女の子の表情をコントロールするワザを教えてくれています。
特に、女子高生の自然な表情を撮らせたら抜群に上手い、青山裕企さんの話は為になります。

あと、明日香というモデルさんが、カメラマンに撮られる時に、

「女の子はカメラマンのどこを見てるのか?」ということを話してるんだけど、

女の子を撮ってる人は、絶対に知ってた方がいいですよ。

何度も言いますけど(笑)信じられないと思いますが

若かった頃の僕のように・・・

女の子を撮りたいけど、何をどう指示したらいいのか分からないという

人見知りの人には、絶対にオススメの1冊です→フォトテクニックデジタル 2015年 04月号

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150319-30.jpg
学生時代の僕は、女の子に対してメチャメチャ人見知りだったのです。

そんな僕が今では、アイドル、モデル、女優さんに指示をしながら笑顔で撮ってるなんて・・・
人生って不思議です(笑)

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「この写真どんなライティングで撮ったんだろう」って、思ったりしませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★宅間國博の仕事を知りたい人は、HPをご覧なって下さい★
  ↓  ↓
こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| オススメの本 | 2015年03月31日 | コメント:0 | TOP↑

女の子を上手く撮りたい人へのオススメの本 

女の子を撮ってる人には・・・

今発売されているフォトテクニックデジタル 2015年 03月号

特集 「実践、光の見つけ方、教えます!」はオススメです!!

レフを使わなくても・・・

街の中でレフの代わりに使える色んなものを使って

家庭内にある照明器具を使って

レフでは表現できない、効果的な写真を撮る方法が紹介されています。

例えば・・・

白壁、ビルの反射、工事現場によくあるブルーシート、ガードレール、壁、シーツ、建物の柱、部屋にあるスタンド、タブレットの明かり、冷蔵庫の明かり、キャンドル、クリスマス用の電飾、赤外線ストーブ、テレビのブルーライト、などなど

僕も目からウロコでした!

この特集の最後にある「読者発!アナーキーストロボ術」では、

読者が独自で編み出したストロボ術が紹介されています。

これも女の子を撮ってる人には・・・

「そのワザ、いただき!!」というワザばかりだと思います。

僕自身が 「これは役に立つ」と思ったので、紹介させていただきました。
  ↓  ↓
フォトテクニックデジタル 2015年 03月号

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

flower381.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| オススメの本 | 2015年02月25日 | コメント:0 | TOP↑

写真集を出版したい!!

自分が撮った写真を出版したい人へ、参考になる本

1冊目はデジタル一眼 交換レンズをはじめて使う本という本です。

タイトル通り、

「どんなレンズを使ったら、どのような効果があるのか?」

「このような写真を撮りたい時には、どのレンズを使えばいいんだろう?」

ということが、色んな撮影シーンで分かりやすく説明されている内容の濃い本です。

実は・・・

この本の中で、僕のマンツーマンワークショップに参加されたサカシタさんという方が

「子供を撮影する時に役に立つレンズの紹介コーナー」を14ページに渡って、写真と文章で解説しています。

サカシタさんは、子供の写真をメインに撮っていました。

僕に会うなり、

子供のファッション雑誌などを撮っているプロカメラマンの写真を見せながら、

「プロカメラマンは銀レフを使っています、自分はレフの上手い使い方がわからないので、レフの上手い使い方を教えて欲しいんです」と熱望されました。

その時に、僕が見せてもらったサカシタさんの写真は、

子供の表情の捉え方、自然光の捉え方、構図、どれも見事でした。

そんなサカシタさんへの僕からのアドバイスは

「レフの使い方なんか学ぶ必要はありません、今のままで問題ありません!」でしたので

サカシタさんは、「えっ、うっそ〜〜!」と、目が点になっていました(笑)

銀レフなんか当てられたら、レフが気になって子供は自由に動けなくなります。

また、子供は銀レフに反射した光が眩しくて撮られることが楽しくなくなります。

そうすると、子供の自然な表情や動きを捉えるのが上手いサカシタさんの写真のよさを消すことになります。

僕がアドバイスしたのは・・・

レフのことより、子供の写真を撮るのが上手いSさんのことを、多くの人に知ってもらう方法です。

そこで「子供の写真を撮るのが上手いカメラマン」という認識をしてもらえる為に、ブログを内容を充実させることを提案し、

ブログの内容をできるだけ仕事に繋がるようにアドバイスさせてもらったのです。

最初はブログへのコメントなどなかったのですが・・・

諦めずに継続されていました。

なぜなら、子供の写真を撮るのが大好きだったからです。

そして、ブログを継続することで、内容も色んなテーマで充実して、

次第に「このカメラマンは子供の写真が上手い!」「子供の写真ならサカシタさんというカメラマンがいる」という認識が徐々に広がっていきました。

そして、徐々に子供の写真の撮影依頼が来るようになり、

子供の撮影をしたことをブログやフェイスブック、ツイッターなどに紹介することで

子供写真のカメラマンというサカシタさんのことが広まり、

出版社からの子供写真の原稿依頼が来るようになったのです。

サカシタさんが東京の人ならまだ、分かりますけど

地方にいるサカシタさんに、出版社から依頼が来るのは凄いです。

実は、サカシタさんの写真と原稿が掲載されている本は、今日紹介した本で2冊目なのです。

自分の写真や原稿が掲載されている本が出版されると、それをまたブログやフェイスブックやツイッターに紹介することができます。

すると、サカシタさんの「子供の写真を撮るカメラマン」という信用度がいっきに上がります。

サカシタさんのブログはこちらです→こども写真千夜一夜物語ので、子供の写真に興味があるかたはぜひご覧になって下さい。

地方で仕事をするカメラマンに取ってこの信用は、大きな賞を受賞する以上に大きいモノです。

この本と一緒に、サカシタさんから「自分の好きな写真を撮ってみんなに喜んでいただいた上に、おカネまでいただけるなんてほんとに有り難いことです。」という、うれしいメールが届きました。

これからの活躍が、楽しみです。

長々と書きましたけど「継続は力なり」ということを伝えたかったのです。

今日、オススメしたい本は、もう1冊あります。

島いぬ え!? 私って犬だったの?という写真集です。

サブタイトルの「えっ!?私って犬だったの?」というように、犬の写真集です。

この写真集を出版した阿部さんは、

僕がこのブログ「カメラマンへの道」で紹介した、犬の子供の写真集 ことばはいらない 〜Maru in Michigan〜を見て

「あっ、犬と子供の写真なら自分も撮っている!!」

「犬と子供の写真集だったら、自分でも出せる!!」と閃いて

出版社に連絡→写真を見てもらう→出版決定!!

というわけで、11月11日に写真集 島いぬ え!? 私って犬だったの? が全国の書店に並んだのです。

僕がことばはいらない 〜Maru in Michigan〜を紹介した時に・・・

みなさんも、家に、犬、ネコ、モルモット、ハムスター、ウサギ、などいる人は、

子供と犬との関わり方、小道具の使い方、部屋の中や自然の中での写真のシチュエーションは、とても参考になると思うので、参考にして撮ってみたらいかがですか?

と紹介して、それを実践されたのが阿部さんなのです。

「島いぬ えっ!?私って犬だったの?」のタイトル通り、島で暮らすワンちゃんのメチャメチャおもしろい写真集です。

何度も言いますけど

家に犬、ネコ、モルモット、ハムスター、ウサギ、などいる人で・・・

「私も写真集出版したいなぁ〜」と思っている人に参考になる1冊です。

特に、以前紹介した ことばはいらない 〜Maru in Michigan〜 は

子供のハーフで可愛くて、場所もアメリカなので、写っている部屋や、庭がもう映画のようです。

でも、「島いぬ」は、ハーフではない普通の日本の子供と、普通のワンちゃんの生活を切り取った写真集ですから

「これだったら、自分も撮れる!」と思う写真満載ですので、家にペットのいる人は 

島いぬ え!? 私って犬だったの?

ぜひ、ご覧になって下さい。

絶対に笑えます(笑)

阿部さん、出版おめでとうございます!

あなたの行動力に、乾杯!!

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

P9160094.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| オススメの本 | 2014年11月24日 | コメント:4 | TOP↑

ストックフォトで収入を得よう!!

「ストックフォトに写真を預けて収入を得たい!!」と思っている人に、役に立つ本を紹介します。
1冊目は・・

売れる写真の撮り方ルールブック (玄光社MOOK)です。

・ストックフォトって何なのか?

・ストックフォトに預ける時に知っておきたいルール

・あなたが預けた写真が各業界でどう使われているのか?

・ストックフォトで売れる写真の撮り方では(ライフスタイル、ビジネスシーン、美容、健康、教育、介護、ウェディング、自然、建築、風景、フード、小物)などなどの写真を撮る時の・・

「こんな写真は使われない」「こんな写真を撮った方がいい」ということを写真と文章で分かりやすく解説されています。

撮る時に「売れるポイント」と「撮影ポイント」を知っているのは、大切なことです。

2冊目は・・・

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~

ピクスタという、ストックフォトサービスの会社が制作した本です。

サブタイトルも「ピクスタが教える写真をお金にかえる方法」と書いてあるだけあって、ストックフォトサービスを実際に運営している会社は、どのような写真が欲しいのか?ということが詳しく書かれています。

・売上げランキングから売れる写真を知る。

・求められている写真をダイレクトに知る方法。

・この作品が購入された理由。

・人気テーマから売れる写真を知る。

・季節ごとに売れる写真を知る。

などなど・・・

それと、実際にストックフォトで収入を得ている主婦や会社員の人へのインタビュー記事があるのですが、

これは、実際に預けている人の話なので「そうか〜なるほどね〜〜」ということが分かるのでいいですよ。

2冊ともまたストックフォトサービスの会社が制作した本だけあって・・・

「ストックフォトって何?」とか「ストックフォトに写真を預ける時に、どういった手続きをするんだろう?」ということが細かく書かれています。

「自分が撮った写真をストックフォトに預けて収入を得たい!!」
と思っている人には、オススメの2本です。
   ↓
売れる写真の撮り方ルールブック (玄光社MOOK)

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~

ストックフォトだけで、月収が数十万〜数百万という人もいます。「プロは目指していないけど、写真を撮るのが好きだから写真で収入を得たい!!」と思っている人は、ストックフォトにトライしてみてはいかがですか。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

men.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。
*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。
★あなたは「スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない」と諦めていませんか?★

そんなあなたの為に、僕がスタジオ撮影が未経験の人でも、実際のスタジオにいる感覚で簡単に学べるDVDを制作しました。

スタジオライティングをマスターするのは難しいことではありません。
「ライティングのコツ」さえ知ればいいのです。

★スタジオライティングを簡単に学べるDVDに関しては→こちらをご覧下さい

★「カメラマンになりたい」「写真で収入を得たい」という人の為に、マンツーマンワークショップを開催しています→こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| オススメの本 | 2014年07月22日 | コメント:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。