fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

撮影現場では遠慮したらダメ!!

この写真は、最初の予定では外光が入るハウススタジオでの撮影だったので自然光で撮る予定でした。

でも、撮影開始が午後の3時を過ぎていたことと、この日は曇り空だったので、思っていた以上にこの場所が暗くて自然光では撮れませんでした。

モデルを使ったファッションの撮影だったら、スタジオ集合時間は7時くらいにして、そこからモデルのヘアメイクを初めて、どんなに遅くても朝の9時には撮影スタートします。

その時間帯からだと自然光ですべてのカットが撮れます。

でも、俳優さんやタレントさんの場合は広告とかじゃない限り、朝の7時にスタジオには来て下さいとは言えません。

今回も、まだ小さなお子様がいる方でしたのでスタジオ集合が12時でした。

ハウススタジオを使った撮影で12時というのは、もうその日の撮影の80%は終わっている時間帯です。

だから、集合時間が12時と聞いて「光、大丈夫かな」ということが気になりました。

この日は、服を変えて3カットの写真が必要でした。

僕がスタジオの入って考えたのは、まず、

どうしても自然光で撮らなければいけないカットを最優先する、次に自然光でもストロボでもいいカットを撮り、最後にストロボで撮るカットとういう感じで撮影手順を決めました。

編集部とヘアメイクさんの予定では、まず最初にストロボで撮る表紙のカットのメイクをしてから、後はどの順でも大丈夫ということでした。

僕は、今日の空模様と撮影時間帯を考えたら、

「最初に自然光で撮らなければいけないカットを撮った方がいいです」という説明をして、

僕が考えた順番を説明しました。

スタッフも僕の説明に納得してくれて、最初に僕が考えた順番で撮影できるようになり、ホッとしたわけです。

最初の自然光でのカットを撮り、衣装とヘアメイクチェンジ

その間に空はどんどん暗くなり、自然光で撮れると思っていたこの場所の光が足りなくなったのです。

いつもの「被写体が素敵に写っていれさえすえればいい」という媒体でしたら、

ISO感度を上げて絞りも解放値近くにして撮るのですが、

この媒体は被写体が着ている服の色や生地感もしっかりと写さなければいけない雑誌なので、

そんなアバウトな撮影はできません(笑)

だから、ISO感度も100にしてストロボを飛ばして、服の色とその素材感がしっかりと出るよう絞りもf8に設定しました。

左右に広い部屋だったので、最初は、正面からカサバン2灯でテスト撮影してみたのですが、それでは影が被写体の左右に2つ出てしまうのです。

普通のカサバン1灯では、左右と上の光量が落ちてしまいます。

紙面になる時にトリミングされていますが、実際の写真は、左右上部ともこの写真の15%程広く撮っています。

そこで、60インチ ホワイトアンブレラで、カサバン1灯で撮ってみたのですが、左右と上にもキレイに光が回り、影も気になりませんでした。

ハウススタジオでこの大きなカサを使ったのは初めてだったのですが、このカサのお蔭で広い範囲に光がまわせて助かりました。

「大は小を兼ねる」といいますけど、本当です。

僕はいつも車に入れていますけど、軽いので持ち運びが楽です。

僕はこの商品の宣伝担当ではないのですが(笑)

本当に便利なのでみなさんに知って欲しかったのです。

撮影現場では色んなことがあります。

打ち合わせの時とは違ったことが起きます。

そんな時は、打ち合わせの時に撮影順を決めていても

カメラマンのあなたが「撮影順を変えたほうがいい!」と思った時は、クライアントさんやスタッフに

撮影順を変える説明をきちんとすれば、みんな理解してくれます。

自分はカメラマンとしてのキャリアがないので

「こんなこと言ったらダメかな」なんて思って、遠慮したらダメです。

現場ではカメラマンのあなたが、自信をもって指揮をとればいいのです。

ただ、強引にやったらダメですよ(笑)

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

あなたの今日1日の行動が・・・あなたの未来を創っているのです。

150407-3.jpg
ISO100・絞りf8・シッター速度1/90・使用レンズ24〜70㎜ズーム(50㎜相当)
ライティング・正面からカサバン(ジャンボ)1灯

ストロボを「正面から飛ばすか?サイドから飛ばすか?」は、カメラマンの好みです。

被写体の背景のガラス窓は、外が暗かったので写真では黒かったので、撮影後にデジタル処理で明るくしています。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「この写真どんなライティングで撮ったんだろう」って、思ったりしませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年04月13日 | コメント:0 | TOP↑

カメラマン 撮影時の平常心の保ち方

一ヶ月程前にある媒体の仕事での話。

この日は、1つのスタジオを2社の媒体で使うということで、2社の媒体のカメラマンがスタジオのどこを使うか相談して、振り分けて下さい、という連絡がありました。

「スタジオには駐車場が1つしかないので、カメラマンは近くのパーキングを使って下さい」とメールが届いたので、パーキングがはありますか?と聞いたら「近くに8つもありますから大丈夫ですよ」と言われ安心。

そして、撮影当日

まず、スタジオのすぐ横にある20台程車を止められる大型パーキングに直行

どういうわけか満車

次のパーキングに直行、そこも満車

「冗談じゃないよ」と言いながら、次のパーキングに直行、そこも満車

「えっ、マジで!!」と言いながら、次のパーキングに直行、そこも満車

「うっそ〜〜」言いながら、次のパーキングに直行、そこも満車

「本当に冗談じゃないよ!」と言いながら、次のパーキクングに直行、そこも満車

「マジ、ですか!」と言いながら、次のパーキングに直行、そこも満車

そして、最後のパーキングに直行、

そこは2台しか止められない小さなパーキングだったけど50m先に「空車」のランプが見えた

「ラッキー」と言いながら向かってると、向こうから来た車がそこに入車、そして満車ランプが点灯(がっくり)

「スタジオに騙された〜」と言いながら(本当はスタジオは何も悪くないんだけどね)

パーキクング探しは諦めて、僕と機材だけスタジオに入り、車はアシスタントに事務所までもって帰ってもらい、タクシーでスタジオに戻ってもらうことにした。

いや〜〜東京って、「近くのパーキングに止めれば大丈夫だろう」という気持ちで撮影現場に向かうと怖いところです。

今までは、こういったスタジオに車を止められないような時は、最初からタクシーを使っていたんだけど、

「近くに8つもありますから大丈夫ですよ」と言われ、勝手にそれを信じて車で行ったのが間違いでした(反省)

話は逸れてしまったけど、

スタジオの入ると、僕がパーキング探してもたもたしてたので、すでにもう1社のカメラマンさんと、編集者が待っていました。

「遅れて申し訳ありません」と誤り、スタジオの割り振りの話し合いがスタート

僕は、単純に「このスペースを半分ずつ使ったらどうでしょうか」と提案

ところが・・・・

もう1社の女性編集者(おもいっきりベテランの空気を醸し出してる人)が 「それは困ります」と一言

僕「どうしてですか?」

「うちは表紙巻頭15ページも撮りますから、色んな場所で撮りたいのです」と、言いながら

「ここも、あそこも、それからこの白ホリゾントも必要です」と、どんどん決めていき

僕に残されたスペースは、そのスタジオのトイレの横、4畳半程のスペースだったのです(笑)

僕は心に中で、昔のオレだったらここで「バカ野郎!!何、かってなこと言ってるんだよ」半分しかゆずれないよ!」って、大声で怒鳴ってたろうな〜と想像しながら、「さて、ここでどうするか!」って撮影のことを考えていました。

カメラマンさんは凄く、いいい方でしたので

「はい、わかりました、うちはこのトイレの横で撮らせてもらいますよ」と、

ちっとだけトイレという単語を強調してOKしたのです(笑)

スタジオに入るまでのパーキングの件で心がザワザワしたので、

「ここでまた、スペースの振り分けでザワザワしたらいい写真が撮れない」と思ったのです。

あと、トイレの横の狭いスペースでも十分いい写真が撮れるという自信があったのです。

僕が狭いスペースで作った撮影のセットを見て、もう1社の媒体のベテラン編集女史はびっくりしたと思います。

それは「なんて素晴らしいんだろう」という意味ではなくて(笑)

「なんてお粗末なセット?信じられない」という感じのセットだったからです。

作り終えた僕自身も「うわぁ〜ちゃっちいな〜」と思いましたから。

もう1つの媒体のカメラマンは、広いスペースの中に何セットもストロボをセットしたり、背景を作ったりしていましたから。

多分、そのスタジオにいた、ベテラン編集女史、ヘアメイク、スタイリスト、カメラマン、各スタッフのアシスタントさんたちを含めた全員が「あんなお粗末なセットで撮れるのかしらん?」

「あのおじさんカメラマン大丈夫かしらん?」と、心の中で思ってるんだろうな〜と想像して、また二コっとしました(笑)

なぜ、二コっとしたのか?というと・・・

みんなが、このお粗末なセットで撮った僕の写真を見たら、どれほどびっくりするだろう?と想像したら楽しくなったのです。

どうして、狭い空間でも、お粗末なセットでもいい写真が撮れるのか?というと、

この狭い場所でも作れるライティングに圧倒的な自信があったのと、

撮影後にフォトショで写真をグレードアップすると決めていたので、見た目がお粗末なセットでもまったく問題ないのです。

僕の頭の中には、素晴らしい出来上がりの写真が浮かんでいました。

そして、いよいよこの日撮らせてもらうタレントさんが僕のセットの前に登場

1カットだけ撮って、フォトショで加工した完成品の絵は見せられないけど、

このライティングで撮ると、このセットでもこんなにカッコ良く撮れますから

と安心してもらうという意味も含めてモニターを見てもらいました。

すると・・・・

「うわ〜かっこいいですね!え〜こんな感じに写るんですね」と笑顔で言ってくれえたので、僕もひと安心。

周りのスタッフはカメラのモニターを見れないので「本当に???」という顔(笑)

そして撮影スタート。

パーキングの件、スタジオ振り分けの件、撮影がスタートするまで、イライラするようなことがいっぱいあったのですが・・・

撮影する前に心がザワザワしてると、インスピレーションも湧いてこないのです。

撮影現場では色んなハプニングが起こります。

そんな時に、すべての出来事に一喜一憂していたら撮影に集中できなくなります。

ここで、ワンポイントアドバイス

撮影現場で何が起きでも、心の中は、「いい写真を撮る」という1点に集中させること

怒ったり、イライラしらたり、心配するのは損です。

何があっても、平常心を心がけて下さい。

平常心は、あなたがいい写真を撮る為に必要な大切なモノです。

例え1億円支払っても買えないモノなのです。

ただ・・・

撮影が終わってからは 「ばかやろう!!」 と怒鳴ったりするのはご自由に(笑)


それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

0902183.jpg

★このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですのでコメント欄に質問して下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「この写真どんなライティングで撮ったんだろう」って、思ったりしませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
スタジオライティング実践編1→紹介動画

クリップオンストロボを使って部屋の中で撮る→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★宅間國博の仕事を知りたい人は、HPをご覧なって下さい★
  ↓  ↓
こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方&撮影ノウハウを学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年03月17日 | コメント:7 | TOP↑

カメラマンの付き合い

Q:質問よろしいでしょうか?

1-仕事をいただいた方との仕事以外のお付き合い(飲みなど)はどうなさっていますか?

2-お歳暮は必要だとおもいますか?

以上です、よろしくおねがいします。


A:僕なりの返答です

1-これはよくあります。

1つの仕事が終わった時に「みなさんお疲れさま~」といった打ち上げ飲み会はよくあります。

また、打ち上げではなく仕事で仲良くなったスタッフ

(スタイリストさん、ヘアメイクさん、フリーの編集者、モデル、タレントさん、タレントさんの事務所のマネージャさん、デザイナー)などと、個別に飲みに行ったり、食事に行ったり、誕生会をやったり、同じ趣味で遊んだり(ゴルフ・釣り・ツーリング・その他色々)することはよくあります。

これは仕事というより、仕事を通じて知り合った友達と一緒に飲みに行ったり遊ぶという感じですね。

お互い、同じ世界にいるので話が盛上がって楽しいですよ。

2-これは人それぞれです、僕は古い人間なので(笑)やっていますけど、若い人達は、そんなことしていない人の方が多いです。

この数年、出版社やクライアントさんの方から

「お中元やお歳暮は贈らないで下さい」という連絡が来ていますので、これからはそういったことは気にしなくていいと思います。

仕事以外の付き合いや贈り物などは・・・

「絶対にするべき」ということではありません。

あなたが、一緒に遊びたければ遊ぶ、飲みに行きたければ行くという考え方で大丈夫です。

僕らが大切にしなければいけないことは・・・・

カメラマン(写真家)として

「クライアントさんから依頼された写真を撮る!」ということです。

僕は他のカメラマンと比べると、本当〜〜に付き合いが悪いカメラマンです。

東京では、付き合いが悪いカメラマンのベスト3には入ると思います(笑)

なぜなら、飲むとメチャメチャ眠くなるので、みんなと一緒に2次会3次会についていけないのです。

2次会のお店で、話もせずに、ただ、ひたすら寝てますから(笑)

お酒が強い人がうらやましい限りです。

もし、あなたがお酒が弱くても、カメラマンの仕事とは関係ありませんから安心して下さい。

それでは、今日も1日、自分がやるべきことにベストを尽くして・・・

写真を撮ることで、あなたのまわりの人達を笑顔にして、自分も笑顔になりましょう!!

120821-7.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年01月26日 | コメント:0 | TOP↑

対談の撮影

社長や文化人(大学の教授、小説家、芸術家、政治家)などを撮らせてもらう場合、カメラマンの服装も大切です。

また、社会人として当たり前のことですけど・・・

言葉遣いと挨拶は、とても大切です。

若かった頃の僕は「君、何だその服装は!!」って、社長秘書に怒られたことがありますからね(笑)

ここでクイズです!!

「君、何だその服装は!!」って、社長秘書に怒られた、若かった頃の僕は・・・

その後、いったい、どういう行動をとったと思いますか?

というクイズに答えてくれたみなさん、ありがとうございます。

みなさんの答の殆どは、この問題を上手くいく方向へどう回避するか?というプラスの方法でした。

でも、若かった頃の僕とった行動は・・・

みなさんが「え〜〜うっそ〜〜信じられない!!バカじゃない!」と、思う信じられない行動だったのです。

実は・・・

社長秘書に「君、何だその服装は!!」って、怒られた時に「大変申し訳ありません」と謝るベキだったのに

「私の名前はタクマです、君ではありません!いい写真を撮るのに服は関係ないと思いますけど!
写真を撮るのはカメラマンの腕です。僕の服装が気に入らないようですので、帰らせて頂きます!」

と言って、帰り支度を始めたのです。

僕に「君、何だその服装は!!」と言った秘書さんは、僕の言動に「目が点」になっていました。

一緒にいた僕にこの撮影を依頼した、編集部のスタッフは僕と秘書さんとのやりとりを見て、メチャメチャ慌てていました。

今考えても、若かった頃の僕は本当にバカでした(深く反省しています)

編集部の人達が秘書さんに丁重に謝ってくれて、僕のその服装のまま再度、撮影準備を初め、撮影は終了。

後日、その業界紙の編集部に呼ばれ編集長にメチャメチャ叱られ、

その会社の秘書から連絡があり、もう2度とあのカメラマンを使わないでくれと連絡があったそうで(当たり前です)

この仕事は他のカメラマンにさせてもらうと言われ

せっかく貰ったレギュラーの仕事がなくなった僕は「あ〜〜バカなことをしてしまった〜」と、メチャメチャ落ち込みました。

落ち込むくらいだったら、素直に謝ればいいのです(本当にバカです)

この仕事は、某会社の社長さんが2ヶ月に1回、色んな人達と対談をする写真を撮るという仕事でした。

撮影料も普通の雑誌と比べると凄くよかったのです。

ところが、数ヶ月後・・・

また同じ撮影依頼が来たのです。

「えっ?どうしてですか?僕は、あの会社出入り禁止じゃなかったんですか?」と・・・

すると、僕が秘書ともめた後、2人のカメラマンがその仕事で社長のインタビューカットを撮ったらしいのですが

社長が、その2名が撮った自分の写真が気に入らないらしいのです。

そして「あのアロハを着てきたカメラマン、気に入ったから彼に頼め」と言われた秘書から編集部に連絡があったらしいのです。

そうなんです、僕は真っ赤なアロハを着て行ったのです(笑)笑ってる場合じゃないんですけどね(反省)

若かった頃の僕は

「プロカメラマンはいい写真を撮るのが仕事!!いつでも自分が好きな格好でいい!!」

という、本当に信じられないような意識で仕事をしていたのです。

そして、編集長に「お前、今度同じことやったらうちを出入り禁止にするからな!」と、脅かされ

担当編集者からも「タクマさん、お願いだから、きちんとした格好で来て下さいよ、あと、くれぐれも秘書の方と喧嘩をしないようにね!!」と、念入りに注意され

再び社長の対談の撮影に行ったのです。

会社に到着すると、同じ秘書の方が出迎えてくれたので、もう丁重〜〜〜に謝りました。

もちろん服装も、担当編集者から「タクマさん、その格好よく似合ってるわよ(笑)」と褒められる格好です。

ストロボのセッティングも終え、社長と対談相手が広い応接間に入って来ました。

部屋に入って来た社長は僕の顔を見るなり

「おう、アロハを着てた君か〜ははは(笑)私は君の撮った写真が一番気に入ってるよ!これからも頼むよ」と言われたのです。

僕はもうびっくりするやら、感動するやら

てっきり「何だあの時の真っ赤なアロハは!」と怒られるのかと思ってましたからね。

それが「アロハを着てた君か〜ははは(笑)」だったので・・・・

その日の撮影は無事終わり、

秘書さんからは「私はどうして社長があなたのことを気に入ってるのかよくわかりません」と、かる〜〜く嫌みを言われながら帰りました(笑)

その後、その仕事は8年間という長いレギュラーの仕事になり

また、クライアントを通さずに、その社長さんの会社から「社長が○○をやるので撮って欲しい」という撮影依頼が、社長さんが引退するまであったのです。

その頃には、秘書の方とも仲直りができましたけど

この社長が気にいってくれたお蔭で、この業界紙の編集長も僕に嫌みを言わなくなりました(笑)

ただ、編集長が僕に嫌みを言う原因は僕が作ってたんですけどね(反省)

本当に運がいいというか、この社長さんには助けられました。

長々と質問への答えを書きましたけど・・・・

撮影現場でのカメラマンの服装は大切です。

また、社会人として当たり前のことですけど・・・

言葉遣いと挨拶は、とても大切です。

若い頃バカなことをやった僕が言える立場ではありませんけどね(笑)

フリーカメラマンは、いい写真さえ撮れば何でも自由ではないのです。

社会人として当たり前のことが出来なければダメなのです。

仲直りした秘書さんが「社長がどうして僕の写真を気に入ったのか?」を教えてくれました。

それは、写真も自分の一番いい顔を撮ってくれると気に入ってくれたのはあるのですが、

もう1つ他のカメラマンも普通にやってることだと思ったら、僕だけしかやっていなかった撮り方だったのです。

僕の撮影方法は、対談している社長にとっては、とても心地よかったらしのです。

秘書さんい言われたその時に「あ〜〜そうか!!やっぱりあの撮り方は間違っていなかったんだ!」と、確信しました。

この出来事のお蔭で、今でも対談の撮影をした後「今日は心地よく対談ができました」と、喜んでもらえています。

次回は、カメラマンの仕事パート3です。

それでは、今日も1日、自分がやるべきことにベストを尽くして・・・

写真を撮ることで自分のまわりの人達を笑顔にしましょう!

130422-5.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年01月08日 | コメント:4 | TOP↑

撮影前のプレッシャーの克服法

Q:タクマさんにとってカメラマンという仕事が楽しいというのはわりました。
でも、撮影をする時にプレッシャーを感じたりはしないのですか。
プレッシャーがあったりしても、やっぱりカメラマンの仕事をするのは楽しいものなのでしょうか?

A:もちろん、撮影する時は、大なり小なりのプレッシャーはあります。

仕事ではないまったくのプライベートの撮影する時は、

「これ撮りたい!」と思ったものを、撮りたいように撮ればいいので、プレッシャー0ですけどね。

これが、カメラマンという仕事になれば別です。

クライアントさんから「こんな写真を撮って欲しい」という依頼があり

クライアントさんが満足してくれる写真を撮らなければいけないわけなので、

撮影条件が悪い時や、初めてトライする撮影方法で撮るときなどは

おもいっきりプレッシャーを感じます。

でも、そのプレッシャーを克服する為に、

「ああでもない、こうでもない」「もっと、いいアイデアないだろうか?」と

撮影までに、色んなことを考えるということが、苦痛ではなくて楽しいのです。

「クライアントさんに絶対に喜んでもらおう」ということを考えるだけで、

「上手く撮れなかったらどうしよう」というプレッシャーが

「よし、絶対に撮る!」という、プラスの気持ちに変わります。

「できない」とう要素を、考えたら考える程でてきます(笑)

ごくごく普通に「いや〜〜どうしよう」というプレッシャーを感じます。

そこからです・・・

「要求されてるような写真は撮れないない」という要素を100ほど考えても何にも生まれませんので

「その状況で自分に何ができるんだろう?」ということだけを考えます。

歩いてても、電車に乗ってる時も、車を運転している時も、風呂に入っている時も、トイレに入っている時も・・・

そうしていると、

「あっ、これいけるかも!!」というアイデアが、ポンと浮かんでくるのです。

不思議なんだけど、本当に・・・「ポン」って感じで浮かぶんです。

「できなかったらどうしよう」というプレッシャーを、

数学の方程式を解くみたいに、ポンと浮かんで来たアイデアで、少しずつ解いていくとい過程が、これが楽しいのです。

色んなプレッシャーを克服して、仕事をした後に、

フリーカメラマンは、クライアントさんの「ありがとう」の言葉を、

クライアントさんんから直接受け取ることができます。

この時は、「いい仕事をした〜〜」って、僕のカメラマン的心が満たされるのは確かです。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

141217-1.jpg
*飛び散る紅葉パート2。

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年12月20日 | コメント:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT