| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

本番撮影でドキドキしない方法

人それぞれ違うと思いますけど

僕が本番でドキドキしないようにした練習の話を書きます。

その1

初めて、女の子の水着の撮影の依頼が来た時

プロになったにも関わらず、水着を着た女の子など撮った事がないので、どんなポーズを指示したらいいのか?まったく分かりませんでした(笑)

だから、撮影当日にドキドキしないように僕がやったことは

まず、大きな姿見の鏡を買って

アイドルの写真集やグラビア雑誌から「このポーズいい」と思った写真を見つけて

それと同じポーズを、僕が水着を着て鏡の前でやってみたのです(笑)

その時に「もっ右肩を上げて」とか

「腰をくねって」とか

鏡に写ってる水着を着た僕を女の子だと思って、声掛けとポーズ指示の練習をしたのです。

鏡に写ってる自分に向かって「お前バカか!」って何度も笑ったけどね(笑)

このバカげた第一段階の練習が終了したら

今度は知り合いの女の子やその友達に「水着撮らせて〜〜」とお願いして、練習させてもらったのです。

この練習の時に、1度だけ想像していなかった出来事がありました。

それは、水着のモデルになってくれてる女の子に

「タクマさん、水着脱ぐからヌード撮ってくれる」って言われたのです。

びっくりした僕は・・・

「えっ!!ヌード?」

「本当に?」

「マジで?」

・・・と、その子に何度も、聞き直しました(笑)

恥ずかしながら、僕にとって初めてのヌード写真だったのです。

なんとか・・平常心で撮ることができました(笑)

実は、「いいヌード写真が撮れた」と思って、コンテストに出品したら・・・

なんと、賞をもらったのです。

その子にはコンテストに出したことは言っていなかったので、怒られるかと思ったら

メチャメチャ喜んでくれたので、安心しました。

こ練習のお蔭で、本番での水着の撮影もドキドキしませんでした。

その2

初めて鈴鹿にカーレースを撮りに行った時の話

f2.8の300㎜レンズは重たいので、当たり前のように3脚を立てて他のカメラマンと一緒に撮っていたのです。

すると「バカ野郎!!3脚なんか立ててるんじゃないよ、じゃまなんだよ!!」と、もの凄く叱られたのです。

これは数十年前の話です。

今はそんな怖いカメラマンさんはいませんので、誤解されないように。

僕以外のプロカメラマンさんは、300㎜とか400㎜という重たいレンズを普通に手持ちで撮っていたのです。

僕は「スミマセン」と謝って、f2.8の300㎜レンズを付けたカメラを手持ちに変えて撮り始めたのですが・・・

これが、重たいのなんの・・・

カメラを持った手がブルブル震えて、もう大変でした(笑)

もちろんf2.8の300㎜なんて高くて買えないので、この撮影の為にレンタルでした。

その日の反省で、次の撮影に備えて2.5kの鉄アレイを購入して

レンズを支える左手に鉄アレイを持ち

300ミリレンズを持つ構えとまったく同じように構える、という練習を毎日、構える時間を増やしながら練習しました。

一ヶ月ほど続けて、いざ本番、

レンタルした300ミリをカメラに付けて手持ち構えてみたのですが・・・・

今度は「うわ〜軽い!」と感じたのです。

当然です、2.5kの鉄アレイと比べると軽いですからね。

お蔭で手持ちでも震えずに撮影ができました。

その3

撮影時間がとても少ないと言われた時

「撮影時が1分30秒くらいしかありません」と言われたことがあります。

この時は、1分30秒が過ぎて「まだ撮れていません」とは言えない撮影なので

また、撮りながら時計を見るのも、時間がもったいないです。

そこで、「体に1分30秒を覚えこませよう」と思ったのです。

時計を1分30秒になったら鳴るようにセットして。

本番と同じようにカメラを構えて、シャッターを押しながら

全身、腰から上、アップ、ポーズチェンジなどポーズの指示をしながら撮るというシミュレーションしました。

最初は、自分の中でまだ必要なカットが撮れていないという中で、ベルが鳴ります。

でも、何度か練習しているうちに

「1分30秒って、撮り始めてこれくらいの感覚なんだ」

ということが体でわかるようになりました。

そして、本番当日。

練習のお蔭で「1分30秒で撮れなかったらどうしよう」ってドキドキすることなく

なんと、10秒程早く撮り終えることができました。

僕が本番でドキドキしないように練習したことは、まだまだ、あります。

何が言いたいのか?というとですね

「自分はドキドキする、どうしよう・・・」

って心配する人は

その心配の原因を見つけて、

これで大丈夫と思えるようになるまで練習をすればいいだけなのです。

撮影ってある意味スポーツと同じようなものなので

何度も何度も練習しているうちに、

体と感性が慣れてきて、

ドキドキしないで撮れるようになれるのです。

「うわぁ〜どうしたらいいですか〜」って心配してる人は

「どうしたら、ドキドキしなくてよくなるのか?」という方法を探して

ドキドキしなくなるまで何度も練習すればいいだけです。

僕は、初めての撮影で心配なときは、スタジオを借りたり、必要な機材を借りたりして赤字になっても練習してきました。

理由は・・・・

僕らフリーカメラマンは

最初の1回目に失敗したら、2度と仕事が来ないのです。

1発勝負なのです。

ドキドキしてます、本番が心配です。

なんて、いながら本番の撮影なんか怖くてできないのです。

赤字になっても、最初の撮影でクライアントさんから「ありがとう!!」と言ってもらえる写真を撮らなければダメなのです。

笑顔で「スミマセン、今度頑張ります」と謝ってもダメなのです。

ドキドキする時は、練習することをオススメします。

練習はウソをつきませんから。

それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

B13bb.jpg

僕に何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄からして下さい。
このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

あなたは、プロが撮った写真を見て

 「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5→紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4→紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「出版社への売り込み方を知りたい」
「出版社へのブックの持ち込み方を知りたい」
という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

DVD6には僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で稼ぎたい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| カメラマンの心得 | 2015年10月22日 | コメント:2 | TOP↑

本番の撮影でドキドキしない為に

僕の「写真で楽しく稼ごう」というワークショップに参加した人達が、次々と自分に合った写真で稼ぐ方法で実践し始めて実際に少しずつですけど、稼いでいます。

最初は、少しずつでもいいんです、焦らずに継続することなのです。

「継続は力なり!」です。

そんな中「タクマさんのワークショップに参加したお蔭で、それまでの稼ぎたいな、と思ってるだけで何も行動しなかった私が、よしやるぞ!という気持ちになり、実際に行動しました。
そして、うれしいことに、来週撮影があるのです。
でも、上手く撮れるか心配でしょうがありません、何かいいアドバイスをお願いします」というメールが着ました。

このブログを読まれている、方の中にも「撮影の数日前からドキドキする」という人はいると思います。

安心して下さい。

実は、こういった上手く撮れるだろうか?というプレッシャーは、プロカメラマンの僕でも同じようにあるのです(笑)

僕がプロになりたての頃は、依頼される撮影すべて初めて経験するものばかりなので、

毎回、「上手く撮れるだろうか?」って、撮影当日までドキドキしていました。

ある時「なぜこんなに心配するんだろう?」と自分に問いかけてみたのです。

心配する原因は「初めてだから」 「女の子にポーズ指示を出すのが苦手だから」 「ラティングに自信がないから」などなど色々ありましたけど。

すべては簡単に言ってしまうと

「自信がない、だから心配する」ということでした。

だったら「自信ができるまで練習すればいいじゃん」という答えが出たわけです。

これってスポーツと同じです。

よくスポーツ選手が「試合で勝つ為には試合より苦しい練習をすればいい」とか

「練習はウソをつかない」って言ってるのを耳にします。

プロカメラマンも写真稼ぎたいプチカメラマンも同じです。

自分の苦手を知り→「よし、これで大丈夫!」って思えるまで練習すればいいのです。

その為には、お金も必要かもしれないし、時間も掛かります。

でも、それをやらない限り、

毎回「上手く撮れるかな〜」って、撮影日までドキドキすることになるのです。

そして、撮影当日の朝は、ドキドキ感がマックスまで上がります(笑)

ゲームだと、このドキドキ感はたまらないと思いますけど

カメラマンにとっては、必要ないドキドキ感です。

心配する気持ちを、自信に変える為には練習する事が一番です

練習はウソをつきません。

そして、撮影当日はあなたの感性を信じてシッターを押せば大丈夫です!!

次は、僕がドキドキを解消する為にどんな練習をしたのか?を書きます。


それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

G1f.jpg

あなたは、プロが撮った写真を見て

 「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5→紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4→紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「出版社への売り込み方を知りたい」
「出版社へのブックの持ち込み方を知りたい」
という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

DVD6には僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で稼ぎたい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年10月19日 | コメント:3 | TOP↑

業界の付き合い方

カメラマンになると、撮影以外にクライアントさん達とどんな付き合い方をしているのですか?

お酒は好きな方がいいのですか?

みたいなことを、よく質問されます。

「カメラマンになったら、こんな付き合いをすればいいですよ」みたいなことはないんです(笑)

付き合いって、どの職種でも同じだと思います。

僕なんか、お酒が弱いので1次会だけ参加して2次会以降は帰ります(笑)

カメラマンになった頃は、2次会、3次会と付き合わなければいけないと思っていたので、最後まで付き合っていたのですが・・・

2次会、3次会にいく人達は、みなさんお酒が強いですね〜〜。

朝日が昇る時間帯まで、平気で飲んでいます。

夜中の2時3時に「よし、これから焼き肉を食うぞ〜」って、食べに行きます。

僕にとってお酒は、睡眠薬みたいなものですから、バーでも、どこでも、もう、ひたすら寝ていました(笑)

当時僕は・・・

他の人にとっては楽しい楽しい飲み会などがある日は

今日は「朝まで市中ひきずり回しの刑にされるんだ」なんて言っていました(笑)

あと、朝まで付き合ったその日は、体がまったく言う事を聞いてくれません。

「これじゃぁ、仕事に差し支える」と、身にしみてからは1次会で帰るようにしました。

でも「あいつは付き合いが悪い」ということで

仕事の依頼が来なくなるということはまったくありません。

もし、そうだったら、僕はプロになって2〜3年目で100%失業しています(笑)

飲む以外にも、カラオケ、ゴルフ、釣り、テニス、ツーリングなどなど

クライアントさんや、仕事を一緒にする人達と趣味が合えば、みなさん一緒に遊んでいます。

僕などは、カラオケ行かない、ゴルフやらない、釣りやらない、ツーリングやらない、テニスはやるけど、仕事関係の人達とはやりません。

理由は、なんか・・変に気を使うので疲れるのです(笑)

多分、僕は・・

この業界の中では、付き合いが悪いカメラマンというコンテストがあったら、

間違いなく、毎年グランプリを取り続けていますね(笑)

そんな付き合いの悪い僕でも、こうやってカメラマンの仕事をしています。

つまり、カメラマンは、カメラマンとしていい仕事をすることが大切なのです。

「付き合いで仕事をもらう」なんてことを考えるより・・・・

どうやったら、クライアントさんに喜んでもらえる写真が撮れるのか?を考えた方がいいような気がします。

ただ、本当〜に夜のお付き合いが好きな人、

また、ゴルフなどの趣味が合うのでしたら、遠慮なく付き合いを楽しめばいいのです。

お中元やお歳暮なども、したければすればいいし

したくなければ、しなければいいのです。

見返りを求める付き合いではなく、その時間をおもいっきり楽しむ付き合いが一番です。

最後に、これは僕だけかもしれませんけど・・・

1度会っただけなのに、2度目から「○○ちゃん」

僕の例だと「タクマちゃんはさぁ〜」なんて、馴れ馴れしく呼ぶ人は

いい人はいませんでした(笑)

あくまで僕が会った、人をちゃんづけで呼ぶ人のことですので、誤解されんさいようにお願いします。

それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

G9f.jpg


あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年10月13日 | コメント:3 | TOP↑

撮りたい写真と稼げる写真は別

僕のワークショップに参加されているAさんは、普通に会社勤めをしている方です。

写真を撮ることが大好きなのですが、

でも、会社を辞めてプロカメラマンになりたいとまでは思っていません。

週末の休みを利用して写真を撮ることで稼ぐ方法はないだろか?と色々調べているうちに

幼稚園や小学校の運動会や催し物などの撮影をするカメラマンを募集している会社を見つけました。

Aさんは、自分も子供がいて子供の運動会の写真を撮ることが楽しかったので、これはいい!!

これだったら、会社が休みの日に写真を撮ってお金を稼げる、よしやろう!と決めて

その会社の説明会に行ったそうです。

でも、そこで言われたのは

「うちは芸術作品のような写真は必要ないんですよ、子供が写ってればいいんです」というニュアンスに取れるようなことを言われたらしいのです。

これは、その会社の方がそう言ったということではなく、あくまでAさんがそんな感じに受け止めたという意味です。

そして、撮影料が最初は8000円その後、なれたら1万円になり、撮った写真がたくさん売れれば撮影料が1万5千円になり、そして、カメラマンとしてのポイントがあがるに従って撮影料も徐々に上がるらしい

みたいな説明があったそうです。

Aさんはまず、

「芸術写真は必要はないですよ、子供が写ってればいいんです」と言われたことに「それじゃ、僕が撮る意味がないでしょう!」と思い

また「最初が8000円という撮影料は安い!こんなんじゃできない」と思ったらしいです。

そして、ここは自分には向いていないという結論で、この会社にカメラマンとして登録するのは辞めまたそうです。

「自分は、写真が上手い、子供の運動会の写真なら自信があるから

パパ、ママが感動する写真が撮れる」と思うAさんの気持ちはよくわかります。

でもね・・・

<その1>

まず、撮影料のことです。

東京でアルバイトをすると今は時給1000円です。

8時間アルバイトして8000円です。

それがですよ、幼稚園や小学校の催し物の写真を撮ることで少なくても8000円です。

この時点で時給1000円のアルバイトを8時間したのと同じ金額を得ることができます。

そして、撮影になれて来たら10000円〜15000円、それ以上に増える可能性があります。

写真が上手い人は、数回経験すると

「そうか、こんな写真を撮れば売れるんだ」というコツがつかめるので、

間違いなく15000円そして、その上のランクの額をもらえるようになる可能性があります。

興味のない職種のアルバイトを8時間して8000円受け取るのと

好きな写真を撮って、1万〜1万5千円もらえるのでは、気持ち的には、まったく違います。

アルバイトで8千円を1万円、1万5千円に増やそうと思ったら、それだけ多くの時間働く必要があります。

<その2>

Aさんは、登録カメラマンの会社から支払われる撮影料が少ないと思ったのですが。

もし、Aさん自身が幼稚園や小学校に

「私は写真を撮るのが上手いので、今度催し物の撮らせて下さい」

「その写真を販売させてもらえませんか?」

と、お願いに行ったとしてですね

「あなた写真上手いですね、今度お願いしますよ」って言われる確立がどれくらいあるのか?

ということです。

まず、99%の確立で断られると思います。

つまり、どんなに学校の催し物で子供のいい表情を撮る自信があっても、

撮影をする機会を得ることができないのです。

会社が休みの週末に、好きな写真で稼ぐことはできないということです。

登録カメラマンの会社に登録するということは、自分がそのような営業活動をしなくてもいいということなのです。

こういうことも、考えたうえで

「撮影料が1万円〜1万5千円って、安い!!」って思うのか

「営業しなくてもいいから楽だし、1時間1000円のアルバイトをやるより、好きな写真で普通のアルバイトよりいいお金がもらえるからいい」と感じるのかなのです。

<その3>

「自分のテイストを全面に出した芸術的な写真が撮りたい!」

これは、Aさんだけではなく

僕のようなフリーカメラマンも同じなのです(笑)

でもね・・・

プロカメラマンというのは、お客さん(クライアント)から「こんな写真を撮って欲しい」って依頼されて

要望通りの写真を撮るからこそ、クライアントさんから「ありがとう」と意味の撮影料をもらえるのです。

クライアントさんから「こんな写真を撮って欲しい」と依頼された時に

「いや、いや、僕はそんな写真撮りたくないですよ、僕に頼むのでしたら僕の好きに撮らせて下さいよ」

と言って、撮った写真がクライアントさんが望む写真ではなかった場合は、もう2度と仕事は来ません。

というか、プロはそんな好き勝手な写真を撮ってはいけないのです(笑)

お客さんあって、こそ、

クライアントさんが欲しい写真を撮ってこそ、プロカメラマンなのです。

自分が撮りたい写真は、自分の為に撮ればいいのです。

写真で稼ぐということは・・・

自分が撮りたい写真を撮って

「はい、これ使って下さい、撮影料は○○円です」ということではないのです。

つまり、誤解しないで欲しいのですけど


ものすごく極端に言うとですね・・・・

「自分が撮りたい写真」と「稼ぐ為の写真」は違うということです。

色々書きましたけど・・・

もし、あなたがAさんと同じように、今の仕事をやりながら、週末に好きな写真で稼ぎたいと思った時にですね

「私の写真の芸術性を分かって欲しい」という気持ち

「写真でお金がもらえる、ありがたいな」という気持ち

この2つのどちらを優先するかは、あなたの自由です。

じゃぁ僕はどうしてるのか?ストレス溜まらないのか?

僕は、まず、クライアントさんの為にクライアントさんから依頼された写真を撮り、残りの時間で自分が撮りたい写真、「こんな写真も撮れますよ」と、クライアントさんにアピールしたい写真を撮ってます。

撮りたかった写真の方を使ってもらなくてもガックリはしません(笑)

なぜなら、クライアントさんはメインの写真を見てとても喜んでくれてるからです。

そして、10回に1回くらい「えっ、この写真いいですね!これ使わせて下さい」って言われることがあるのです。

この時はメチャメチャうれしいですよ。

それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

130528-20.jpg
ご結婚おめでとうございます!!

これは定常光ライトで撮った人物写真です。
僕は、こういった光の写真を撮る時は、ストロボでも作れるのですが、今どのような光が当たってるのかを見ながら撮影できるので定常光ライトを使います。

DVD2(スタジオライティング実践編パート2)を購入された人は、冊子19Pに光のモヤモヤの作り方を詳しく説明していますので参考にして下さい。


あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年09月30日 | コメント:3 | TOP↑

「あの撮影したい」と思ったら!

人の性格はそれぞれ違います。

「いつか、あの撮影したいな〜」という仕事の依頼が来た時に

今の自分のスキルに自信がない場合などは

「どうしようか?やるべきか?断るべきか?」って悩みます。

そんな時・・・

「迷ってるんだったら、怖がらずに、とりあえず最初の1歩を踏み出そう!」という人と

「迷ってるんだから今は辞めとこう、そして一歩を踏む出すのは迷いがなくなってからにしよう」というタイプの人

がいますよね。

僕はこの2つのタイプの人、どちらも正しいと思います。

理由は、人それぞれ性格が違うからです(笑)

色んな人の色んな意見を聞いて、最後は自分自身が決めたらいいのです。

ただ、数年後に「あ〜〜あの時やってたら〜」とか「あの時の選択間違ってたかも〜」と思っても、

また、一歩踏み出して「やらなければよかった〜」と思っても

相談にのってくれた人を責めないことです。

また、自分を責めても「あの時」は戻ってこないので、責めるだけストレスになるだけです。

そして、どちらの結果になったとしても、あなたにとってはいい経験をしたわけです。

ただ、1度こういった経験をすると、

今度は「もうチャンスは逃がしたくない」とか「もう2度と失敗したくない」という強い気持ちが生まれます(多分ね)

その気持ちがあるうちに

今のあなたが「いつかあの撮影したいな」と思ってる撮影の依頼がきたら迷わず

「はい大丈夫です!」と言えるように速やかに準備をすることです。

1−「今の自分に何が足りないのか?」ということを自分自身が知ることです。

2−その足りないことを1つ1つクリアーするには何をすればいいのか?を決めることです。

例えば・・・

機材の使い方が分からない→マスターする方法を考え実行する

機材を購入するお金がない→お金を貯める方法を考え貯める

お金がなくてもその機材を使える方法を考える→レンタル会社の会員になるなど

ライティングが分からない→専門雑誌、ネット、ワークショップや僕のDVDなどで勉強する

撮影方法が分からない→誰か教えてくれる人を捜す・専門雑誌やネットで調べる

などなど、今のあなたが「これが足りない」と感じている事を、今のあながたできることから

1つ1つ、クリアーしていけばいいのです。

これ、ゲームと同じようなものです(笑)

みんな、ゲームだとワクワク、ドキドキするものに、どんどん挑んでいくんだけど

人生ゲームになると

「今の自分にはそこは無理かも?」と、弱気になります。

僕自身がそうです(笑)

でも、人生ゲームって、ゲームオーバーを決めるのは自分自身ですから。

1回や2回や3回や4回失敗したとしても(笑)

あなたが、諦めない限り、ゲームオーバーにはなりません。

あっ、そうそう、僕のことを呼ぶ時は「宅間先生」ではなく

ゴクゴク普通に「タクマさん」でいいですからね。

どこから、どう見ても僕は先生と呼ばれるような人物ではありませんので、くれぐれもよろしくお願いします。

それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、

「今の自分がやるべきこと」にベストを尽くしましょう!!

umimoji.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年09月16日 | コメント:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。