2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになって成功する人

 Q:「どういった人がカメラマンに向いてるんですか?」

A:あくまで僕の考えですけど、大きく分けて4タイプくらいあるんじゃないかと思ってます。

1-カメラが好きな人。

2-アイドルやコンパニオンが好きな人。

3-電車とか山といった、自分の大好きな趣味があって、それが撮りたい為に写真を撮って
る人。

4-子供のころから絵を描いたりするのが好きな人。

このタイプでカメラマンに一番向いているのは、4のいタイプの人だと思います。

4のタイプの人は、カメラのファインダーの中で自分の絵を描くことが出来るから、どんな被写体でも自分のテイストで構図や色合わせが感覚的に出来てしまうので、いい写真を撮る事ができます。

そして、個性もあります。

撮ること自体が好きなので、カメラの種類や機材にはあんまりこだわらない。

自分が気に入ってるカメラで、どんな被写体も撮れるというか、撮ってしまう。

とにかく「ファンダーの中で、自分の絵を書くことが楽しくてしょうがない」という人。

個性があるので、あのカメラマンに頼みたいと、撮影の依頼がいっぱいくる。

だから、カメラマンとして成功しやすい。

次は2のタイプの人、これはアイドルや女の子が大好きな人なので、子供の頃からいい写真をいっぱい見て目が肥えています。

なのでアイドル写真の「いい写真とは何か?」「どんなポーズがいいのか?」ということを感覚的に掴むのが早いのです。

だから、グラビアや写真集の仕事の依頼が来るような写真を撮る事が出来るようになるのが早いのです。

写真を撮る事より「女の子に会える事」を楽しんでいます(笑)

そして3のタイプです。

この人達は自分の趣味の世界の写真には詳しいので、オンリーワンを持っています。

だからその方面の仕事の依頼はいっぱい来ます。

「自分の好きな世界」の写真を撮る事を楽しんでる。

そして、その為に必要な機材はどんなに高くても買う。

そして1のタイプの人です。

このタイプの人は新しくカメラがでると、すぐ買って使ってみたくなったり、アンティークのカメラを集めたりと、とにかくカメラをさ触ってることが好きな人で、カメラやレンズやカメラ廻りの機材をいっぱい持っています。

でも、写真の絵作りをするということが苦手なので、編集者などが、このカメラマンに依頼したいというような個性的な写真を撮る事がなかなか出来ません。

「プロになると自分が好きな写真が撮れなくなるんだよ」と、お酒を飲みながら愚痴ってる人が多いです(笑)

カメラマンとしての収入は少ないけれど、新しいカメラが発売されると、借金してでも買いたくなる。

*これは、あくまで僕が勝手に感じてることなので、当たってるかどうかはわかりませんよ.

*さて、あなたはどのタイプでしょう?

*でも、あなたがどのタイプであっても、カメラマンになるという「あなたの人生のカーナビのスイッチ」を入れない限り、永遠に目的地にはつけません(つまりカメラマンにはなれません)あなたのカメラマンになるという「人生のカーナビのスイッチ」を入れる事が出来るのは、あなた自身です。

あなたが、そのスイッチをオンにした時からすべてが始まります。


でも、そのスイッチの事は、分かってはいるんだけど、なかなか入れられないんですよね(笑)僕も2年悩みましたから、
でも「プチカメラマンのスイッチなら、今すぐにでもオン出来るんじゃないですか?」今の生活を変えなくてもいいんですから・・・
n64.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 質問 | 2005年11月27日 | コメント:15 | TOP↑

何を撮ればいいのかわからない人

「自分がまだどんな写真が好きなのか分からないから(自分のオンリーワンが分からない)から無節操に撮っているんです」
と悩んでる方へ

それで、いいんですよ!!

食事を考えて下さい、最初っから私はパスタが好きです、とかステーキが好きです、って言えないでしょ?

色んな食べ物を食べてみるからこそ、今食べたものと、以前に食べたものと自分自身で比べて見ることが出来るんですよ。
そうやって色んなものを食べていってるうちに、気がついたら「あれっ、今月はパスタばっかり食べてるなぁ~」ということがあるんですよ。

自分でも気がつかないで(笑)

「写真も同じなんですよ。」

だから、「撮りたいと思ったものを無節操に撮ってていいんです!!」

その中で、意識していないのに他の被写体よりも多く撮ってるものが出てきますから(笑)

そこに、ヒントがあるんですよ(笑)

写真に「~~しなきゃ」はないんです「~~したい」と思った時にシャッターを押せばいいだけです。

そこに、「オンリーワンのヒントがあるんですよ」(笑)

「悩んじゃぁ~いけません。」

楽しんで下さい。

おいしい食事をする時に「食べなきゃ!!」って思いながら食べますか?

「僕の好きな食べ物は、いったいなんだろう?」って考えながら食べますか(笑)

それじゃぁ、おいしい物もおいしくなくなると思いません?

b2.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2005年11月16日 | コメント:16 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。