2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

撮影料の話。

撮影料の料金設定で困ってる人がいっぱいいるんだなぁ~とつくずく分かりました。

そこで今日は僕が今までやってきた仕事、そして今やってる仕事で、撮影料に関して具体的にお話しします。

まず、

・雑誌の撮影料は1ページ幾らという設定が殆どです。

 1ページに何カット掲載されても1ページ幾らという撮影料です。

 今までに数多くの雑誌で仕事をした経験でいいますと、1ページ1万~3万です。

 ページ2万という雑誌が一番多いですね。

 表紙は5万~20万です。
 ページ単価は女性誌より男性誌(アイドルが掲載されてる)の方がず~~~といいですね

 殆どの雑誌が撮影経費別ですが、中には撮影経費込みの雑誌もあります。

・アイドルなんかの写真集は印税契約の時は、印税は写真集の定価の3~7%が多かった  ですね。

 印税契約ではない場合は、撮影料は100万~150万です。

 もちろん、すべて経費別です。

・カレンダーの場合は60~120万です。

 これは売れる人売れない人で撮影料も変わってきます。

 これも経費は別です。

・CDジャケットの場合はシングルで15~25万、アルバムで20~80万です。

 これも有名か新人かで変わってきます。

 経費が込みか別ということに関しては、それぞれの会社で違います。

・広告は1つの仕事で10万~200万でした。

 広告の場合は、そのスポンサーの大きさで、撮影料はおもいっきり変わってきます。

 撮影経費が別だったり込みだったりと、撮影を依頼する広告代理店でもそれぞれ違いま 
 す。

・たま~~に数日掛かる撮影で「日当計算して下さい」というお願いもあります。

 そんな時は、僕は撮影の内容でも違いますけど15万~30万×撮影日数を請求しています。
 もちろん経費は別です。

・僕がフリーになりたての頃は、日当といわれた場合は1日1万5千円~2万でやっていました。

撮影料は、カメラマンのレベル(有名、無名)によっても変わってきます。

そのレベルを誰がどう決めるのか?ってことは、僕には分かりません(笑)

あくまで東京のカメラマンの撮影の話ですから、地方の方には参考にならないと思いますけど、これから東京でカメラマンになろうと思ってる人にとって、何かの目安になれればいいのでは?と思って書きました。

よく、メチャメチャ安い撮影料で仕事をしながら、心の中では「もっと欲しい!!」と思いながら仕事をしてる人の話も聞きます。

そんな時は「もっと欲しいです」って、正直に言った方が精神衛生上いいんですよ(笑)

もし、あなたの撮る写真(商品)が他のカメラマンよりいい写真(商品)だったら、少しくらい撮影料が上がっても必ずお客さんはあなたに依頼します(あなたのお店に来てくれます)

お客さんが望む「いい商品」さえあれば、それが桁外れな値段じゃない限り「あなたの望む金額」で購入してくれます。

もし、あなたが作ってる商品と同じような商品が、もっと安い値段で他のお店にあったとしたら、お客さんは間違いなく安いお店で購入します。

あなたが、買う側になったら分かるでしょ!!

つまり、多少値段が高くてもあなたのお店でしか買えない商品(あなたしか撮れない写真)さえ置いて(撮れれば)あれば、お客さんは来てくれる(撮影の依頼はくる)ということです。

カメラマンも「撮影する才能という商品」を扱ってるのと同じなのです。

お客さんが喜んでくれる商品さえ作れば、お客さんは必ず来てくれますよ。

「デジタルになって撮影経費を請求できなくなった」とか「撮影料を値切られるようになった」ということを心配するよりも・・・

本当に考えなければいけない大切なことは・・・

お客さんが喜んでくれて、どうしてもあなたのお店でしか買えない商品(あなたしか撮れない写真)を作れば(撮れば)いいということです。

答えは、とってもシンプルなのです。


あなただって本当に欲しいものは、お店が遠くにあっても、値段が高くても買いに行くでしょ?

もしもどこにでもある商品(カメラマン)だったら、お客さんは一円でも安いお店(カメラマンに)で買う(頼む)と思います

もし、経費や撮影料を値切られて困っているのでしたら、もしかしたら値切るその会社が悪いのではなくて、原因はカメラマンとしてのあなた自身にあるのかも・・・・?

*そして、もっと大切なことがあります、でもこのブログの中で数行では書けません。

出し惜しみしてるのではないですよ(笑)

色んな例え話しをするので、話すだけで1時間は掛かります、だから、ワークショップのような時間のある時に話しています。
ゴメンナサイ。

D617.jpg

*よ~~く見ると、黄色いスヌーピーがこっち見てるように思えませんか?

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 質問 | 2006年06月27日 | コメント:9 | TOP↑

撮影料の設定

Q:撮影料を幾らにすればいいか教えて下さ。

A:僕の思ってることを書きます。

これはあくまで僕の考えなので、これが絶対に正しいと言うことではありませんからね.

初めて撮影の依頼をされた時に「撮影料幾らですか?教えてくれますか?」って言われると、ドキドキしてしまうものです(笑)

なぜか?

それは、「いったい幾らにすればいいのか?」ということが分からないからです(笑)

撮影料というのは、他の商品と違って「1カット撮影したら幾らです」と、全国で決められてる値段なんてないのです。

だから、幾らでもいいんです(笑)

あなたが欲しい金額を撮影料にすればいいんです。

例えば、初めての撮影だとしましょう。

あなたが今まで一日アルバイトをして8000円貰ってたとしたら・・・

初めて撮影した時の労働時間に撮影という特殊技術を足して、アルバイトの時に貰っていた8000円で満足するでしょうか?
撮影時間はアルバイトの時の一日8時間の半分だったとしたら8000円で満足するでしょうか?

もし満足しないのでしたら、その倍の1万6千円だったらどうでしょう?

こうやって少しずつ考えていって、あなたが「この金額だったらうれしいなぁ~」「撮影した甲斐があるなぁ~」と思う金額を請求すればいいんですよ。

あなたが撮影した写真を見て相手が喜んでくれても、撮影料があまりにも少なくて、もしくは赤字になってしまったら、撮影したあなたの心は決して満たされないと思います。

あなたの心が満たされないということは、いくら相手が喜んでくれたとしても、あなた自身にとっても精神衛生上よくないことです。

かといって、いきなり「撮影料は50万です」って言ったら、今度は相手がびっくりすると思います(笑)

だから、一番いい方法はまず相手に「撮影料幾らくらいだったら予算内で収まりますか?」って訪ねてみるといいですよ。

そして、相手が「分かりません」というのでしたら、今度はあなたが「この撮影だったらコレくらいの金額だったら撮影しててもうれしいなあ~」という撮影料を正直に言えばいいんです。

そこで「え~~そんなに高いんですか?」って言われたら「幾らくらいだと思いましたか?」って聞いて、最終的にお互いが納得して満足する値段を決めれば良いと思いますよ。

*撮影料は、自分がその撮影をする事で「自分と相手が納得できる金額」であればいいのではないでしょうか?

くれぐれも「こんなに安い金額にするんじゃなかった!!」って思いながら撮影するのだけは辞めた方がいいですよ。

そんな気持ちでは絶対にいい写真は撮れませんから。

写真はその時のあなたの心を写しますからね(笑)

*「勉強ですから無料でいいです!!」って言う時は「最初だけは」と言ってから撮影しないと、相手は2回目からも無料でやってくれるものと勘違いしますからね(笑)

*それでは、怖がらずにあなたが満足する金額を言ってみましょう!!

D611.jpg

*魚の鱗みたいでしょ(笑)


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年06月25日 | コメント:10 | TOP↑

プロカメラマンになる為の条件その1

僕なりに「カメラマンになる為に必要な4つの条件」というのを書いたので、

今日からは、その1つ1つを説明したいと思います。

1-写真を撮ることが、他の何よりも好きだということ。

これは、「カメラマンになればお金が儲かるから、女の子に持てるから(笑)カッコいいから」というような考えで目指しても、カメラマンになる為の途中の道で挫折するからです。
なぜなら、最初っからお金が儲かったり、女の子に持てたり、カッコいい服を着たり車に乗れたりはしないからです(笑)

例え、運良くカメラマンになれたとしても仕事ですから嫌なことも多々あります。
これはどんな仕事を選んだとしても同じ事です。

そんな時に、写真を撮る事が好きじゃないと、(カメラマンとしての仕事)が、嫌で嫌でしょうがなくなってきます。
でも、例え嫌な人と一緒に仕事をしなねればいけなくなったり、嫌な仕事をしなければいけなくなった場合でも、撮影すること自体が好きでしたら、シャッター押してる時は楽しいのです(笑)
僕自身がそうですから、よ~~く分かります!!

どんな職業に付いても、人間関係や仕事の内容で嫌なことは必ずあります。

でも、「他の何よりも写真を撮ることが好き」という人は、写真を撮ってる時は、やっぱり楽しいんですよ!!
他の何よりも好きなことだから(笑)

シャッター押してる時は、「自分だけの世界!!自分だけの時間!!」を過ごせますからね。
この瞬間はメチャメチャ楽しんです。

そして、撮影した写真の上がりを誰よりも速く見れる瞬間は「至福の喜び」を味わえるのです!!
この時の感覚は、写真を撮ることが本当に好きな人じゃないと理解出来ないと思います。

つまり、写真がそんなに好きでもないのにも関わらず「お金を儲ける為、女の子にもてる為、いい格好をしたい為」にカメラマンという職業を選んだ人には、この楽しい感覚を味わうことが出来ないので、毎日が楽しくなくなるのです。
そんなカメラマンを何人も知っています。
みんな、仕事としてカメラマンをやってるので、溜またストレスを趣味で発散しています。
いつ会っても、仕事に対して不平不満をいいながらカメラマンをやっています。

*どんな仕事でも、人間関係や仕事の内容で嫌なことは必ずあります。
でも、「写真を撮ることが、他の何よりも好きだ」という人は、その嫌なことが気にならなくなるのです。
だから毎日の仕事(撮影)が楽しいのです。
「好きなことをしながら収入を得る」という、とっても幸せな日々を送れるのです。


D67.jpg


お知らせです。

デジタル写真生活Vol2(ニューズ出版)980円という雑誌です。


1-「好きが高じて写真収集」という特集は、色んなテーマで写真を撮ってる人を紹介してるんだけど、本当にみなさん色んなテーマで写真を撮っています。
「テーマがない」って困ってる人には絶対お奨めです!!

2-「次に買うべきレンンズはコレです」という特集も為になると思いますよ。
色んなレンズの特徴をとても分かりやすく説明してくれているので、非常に役に立つと思います。

3-最後のページにはデジタル用語辞典というのがあって、デジカメを初めた人で「この用語っどういう意味?」って言ってる僕のような人にとっては非常に役に立つと思います。
僕は役に立ってます(笑)
最近は今までのカメラ雑誌と違って、こういった「写真をもっと気楽に楽しみましょう!!」という感じの雑誌が増えましたね。

メカに弱くて、写真が好きな、僕のような人にとっては(笑)非常に喜ばしいことです「はい」


 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2006年06月21日 | コメント:11 | TOP↑

カメラマンになる為に必要な4つの条件

カメラマンになる為には何が必要ですか?という質問メールが結構来るので
僕なりに「カメラマンになる為に必要な4つの条件」というのを考えてみました。

1-写真を撮ることが、他の何よりも好きだということ。

2-どうしてもカメラマンになりたいという強い意志があること。

「カメラマンになれればいいなぁ~」という気持ちでは絶対に無理です。
「なれればいいなぁ~」ではなく「どうしてもなりたい!!」という強い意志です。
なりたいという「気持ち」ではなくて、「絶対になる!!」という「強い意志」です。

3-今の自分が自由に出来る「お金と時間」を、「カメラマンへの道」の為に、他のどんなことより積極的に費やせるということ。

4-カメラマンという自分をプロデュースできるということ。
簡単に言い換えれば、恥ずかしがらないで作品を持って営業できる(多くの人に見てもらう)ということ。

細かく言えばもっと多くなりますけど、簡単に言えばこの4つのような気がします。

カメラや機材のテクニカルなことは、カメラ雑誌を読んだり、カメラに詳しい人に聞いたりして練習すれば100%対応できるようになります。
僕がそうでしたから。

F967.jpg

*北海道のラベンダー畑です。
とっても良い香りがしていました。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年06月20日 | コメント:5 | TOP↑

カメラマンの営業方法パート3

例えば僕が地方に住んでる、風景写真をばかり撮って、日頃から雑誌やポスターの風景写真を見て「自分の方が上手いのになぁ~」と思っているアマチュアカメラマンだとします。
そんな僕だったらどんな営業をするのか?

1-地元の観光ポスターを制作している会社を探して自分の写真を持って営業に行きます。

2-風景写真がよく使われている雑誌に、「自分の地元の写真が必要な時はぜひ私に声をかけて下さい」と、営業します。
東京の編集部に行く時間が取れないなら、手紙を書いて郵送します。
東京のカメラマンと比べられると困るので、「地元の自分しか知らない素敵な場所を知っているということ、あと、住んでるからこそ、四季折々の風景写真を撮ることができるという」地方にいるカメラマンとしての自分の利点を徹底的に知らせます。
東京のカメラマンに頼むと旅費や経費が掛かるでしょ?って、
自分は地元だから電話一本で大丈夫ですよって(笑)

3-そこに住んでいるからこそ撮れる四季折々の素敵な風景の写真集を企画して、出版社に営業します。

4-地元の企業や銀行に、この地方の素敵な風景写真をカレンダーに使ってもらえませんか?って営業します。
これは一例ですけどね、まだまだあります。

という感じで、地方に住んでる自分しか撮れない写真を持って、その写真を使ってくれそうな会社や出版社を探して徹底的に営業します。

もしも僕が地方で、風景写真を撮ることに自信があったら今勤めてる会社を辞めて東京にでてプロになろう!!なんて考えないで
あくまで今のスタンスで、自分の撮った写真をお金に換えることを考えます。

つまり、自分の写真に自信があったらあとは、その商品でどういった方法で営業すればいいのか?を考えるだけです。

これだけです。

大切な事は「いったい、自分の商品を買ってくれるお客さんをどうやって探せばいいの?」ということです。
これだけは、どの学校でも教えてくれません。
もしかしたら、教える人達にその経験がないからかもしれません。

僕は、ありとあらゆる経験をしました。

自分の商品(才能)を購入してくれるお客さんさえ見つければ、あなたの商品(カメラマンとしての才能)は売れるのです。
とてもシンプルなのです。

*お客さんを見つけることができても、いい商品を作らなければダメですよ(笑)

F367.jpg

*どこにもピントがあっていない花の写真です。
紫と黄色だけを撮りたかったのです(笑)

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2006年06月16日 | コメント:11 | TOP↑

カメラマンの営業方法パート2

もう一度、営業のお話です。

カメラマンになりたいと思う人は、

1-好きな雑誌に自分の撮った写真を載せたい。
2-自分の作品の写真集を出したい。
3-アイドルやタレントさんの写真集を出したい。
4-駅や雑誌で見かける広告の写真を撮りたい。
5-好きなアーテイストのCDジャケットを撮りたい。
6-自分が住んでる街でブライダルの写真を撮りたい。
7-自分が住んでる街のお祭りのポスターの写真を撮りたい。

などなど、まだいっぱいありますけど・・・

自分の撮った写真で収入を得たいと思ってるからこそ、「カメラマンになりたい」のではないでしょうか?

例えば、あなたには今すぐに1~7のクライアント(撮影を依頼してくれる人)から撮影の依頼がきても大丈夫なテクニックや自信があるとしましょう。

でも、あなたが撮影の仕事をしたいと思ってる雑誌や会社のクライアントは、いったいどうやってあなたに連絡をすればいいと思いますか?

あなたに仕事を依頼したいと思ってる人は、どうやって「あなたというカメラマンはこんな写真を撮るんだ」ということを知ることが出来ると、思いますか?
どうやってあなたに連絡する為の電話番号やメールのアドレスを知ることが出来ると思いますか?

写真撮ってて家で待ってれば、
誰かが「ここにこんな素敵な写真を撮るカメラマンがいますよ~~!!」って叫んでくれると思いますか?

*どこかの会社に入って、そこでカメラマンという職業を選ぶのでしたら、話は別ですけどね。
もし、フリーのカメラマンを目指してるのでしたら
「ここに、こんな素敵な写真を撮る私がいますよ~~!」ということを、知ってもらわなければ撮影の依頼は100年経っても来ないと思いませんか?

その「私はここにいますよ」ということを知らせる行為が、僕の言ってる「営業」の意味です。
「変な商品を押し売りしなさい!!」って言ってるのではありません(笑)
売るのはあなた自身のカメラマンとしての才能なのです。


でも「今の私は、今のままで満足しています。」と思ってる人は、営業なんてしなくてもいいんですよ。

僕が「営業した方がいいですよ」と言ってるのは、上に書いた1~7のような撮影の仕事を望んでる人だけです。

*決して、絶対に営業をしなければカメラマンになれないと言ってるのではありません。
営業なんかしなくても、撮影の依頼がくる方法はいっぱいあると思います。

営業する(作品を見てもらう)ということは「あなたという将来有望なカメラマンを、多くの人に知ってもらうとってもいい方法ですよ」と、お伝えしたいのです。

もし、僕がこれをやっていなかったら今のタクマクニヒロは存在しなかったのは確かです。

F767.jpg

*もっとブラして撮りました(笑)

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2006年06月14日 | コメント:10 | TOP↑

カメラマンの営業方法

僕が書いた営業するという意味を、もしかしたら勘違いしてる人がいるかもしれないので、僕が言う営業の意味を詳しく書きます。

「営業」という言葉から「嫌なものを、嘘をついて売りつけに行く」と、感じてる人もいるかもしれません。

でも、カメラマンは「自分が」「自分の写真を撮るという才能が」「自分が撮ってる写真が」商品なのです。
そして、その商品がどんなに素晴らしいものであっても、カメラマンが自分の部屋でじ~~と、自分が撮った写真を眺めて喜んでいるだけでは(笑)
世界中の誰にも「あなたという商品(カメラマン)」が、ある(存在する)といういことが伝わりません。

どこかの誰かにあなたという商品(あなたの写真)を知ってもらわない限り、永遠にカメラマンとしての仕事の依頼はきません。

もし、自分という商品(カメラマンとしての才能)がおかしな商品じゃないのでしたら(笑)「ここに、素敵な商品がありますよ」って、編集社やデザイン事務所や広告代理店というお客様に知ってもらわなければいけません。

それが、僕のいう営業です。

あなたのカメラマンとしての才能(写真)を、仕事を依頼してくれる人達に知ってもらうという行為です。

嘘、偽りの商品を騙して売って行く営業ではないのです(笑)
あなたの才能を知らせるという行為なのです。

これを恥ずかしがったり、私は「営業は嫌い!!」って言ってる限り、あなたがどんなに素晴らしい写真を撮る才能があっても、あなたに撮影の依頼が来るチャンスは殆どないと言うわけです。

なぜなら、あなたに撮影の依頼をしたいと思ってる人達が、あなたという才能のあるカメラマンがいるということに気がつくことが出来ないからです。

どんなに素晴らしい写真を撮る才能があっても、あなたの写真を撮るという才能(商品)にお金を支払ってくれる人を見つけない限り、ただの写真がうまい人で終わってしまうのです。

趣味でいいと言う人はこの状況で幸せなのです。

でも、プロを目指してる人にとってはこんなに辛い事はありません。
その為に、自分と言う商品を人に買ってもらうという「営業」が大切なのです。

*メチャメチャ有名なコンテストでグランプリでも取ったら、話は違いますけどね。
みんな、あなたという商品を知ってくれますから。

僕は、このカメラマンして才能の次に大切な、営業というテクニックのお陰で、今でもカメラマンという仕事ができているのです。
僕がカメラマンになってから知り合った多くのカメラマンが、知り合ってから数年後にカメラマンを廃業しました。

みんな仕事の依頼が来るのをただ待っていたのです。
そして、少しずつ来なくなってしまいました。

僕は、彼らを見てて「これじゃまずい!!」と思いました。

そして(カメラマンータクマクニヒロ)という商品を売る販売促進を考え、商品(タクマクニヒロが撮る写真)を購入してもらう為の営業マンにもなったのです(笑)

だから、僕が言ってるカメラマンにとって営業という意味は。

自分の才能を「自分が惚れて、認めて」その自分をお客様(撮影を依頼してくれる人達)に知ってもらう行為、ということです。

営業というのは、嫌らしい事でも、人に迷惑をかけることでもないのです。
その逆で、いい商品を買ってもらうんだから、購入してくれた人は喜んでくれるんですよ(笑)

F667.jpg

*ブラしてみました。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2006年06月13日 | コメント:6 | TOP↑

プロカメラマンと機材の関係。

Q:「いいカメラ(機材)を持っていないとクライアントや編集者にバカにされて仕事がこないのよ、いいカメラや機材を買わなきゃだめだよ!!って言われたことがあるんですけど、やっぱりそうなんでしょうか?」

A:僕の答えです。

僕の今までの長いカメラマン人生の中で考えてみても、まったくそんなことはありませんでした。

僕自身今まで「いい写真が撮れないのは、今持ってるカメラ(機材)のせいなんだ。

あのカメラマンが持ってるあのカメラさえあれば、あのレンズさえ手に入れる事ができたら自分もいい写真が撮れるのに」と考えたことは一度もありませんでした。

カメラマンになった数年間はお金がなかったので、仕事の種類でどうしてもその機材が必要になった場合のみ、レンタルしていました。

それ以外の撮影はすべて、その時持っていたカメラ2台と3つのレンズだけで仕事をしていました。

そして、そのカメラとレンズは今でもつかっています。

少しずつ、仕事の内容が変わってきて、どうしてもその機材を常時持っていたほうがいいなぁ~と感じた時に購入していました。

もし、カメラマンが持ってる機材で仕事が決まるのでしたら、今の僕には、まったく仕事の依頼は来ない筈です(笑)

それは、僕に撮影を依頼する人が、僕が使ってる機材を見てカメラマンを決めてるのではなく、僕が撮った写真で判断してくれてるからじゃないでしょうか?

つまり、大切な事は、今持ってるカメラの値段でも最新の機材でもないと思います。

自分は「被写体をどう撮れるのか?」という感性であり、才能なのではないでしょうか?

この2つはどこのお店にも売ってません(笑)

でも、無料で手にいれることが出来るのです。


ただし、絶対にこのレンズがなければ撮れないとか、この機材がなければ撮れないという撮影は例外ですよ(笑)

だから、今現在、廻りの人よりいいカメラを持っていなくても、落ち込まなくてもいいのでは?

今、持ってるカメラでそのカメラの特性をおもいっきり生かした写真を撮ることに専念してみればどうですか?

今のカメラを使いこなす事で、きっと、そこから、大切なものを手に入れることが出来ると思いますよ。

僕は2台のカメラと3つのレンズで、その大切なものを手に入れる事が出来ました。

そのお陰で、今も大好きなカメラマンという仕事をやらせてもらっています。

そして、「自分が撮りたい写真にはどうしてもこの機材が必要だ」ということに気がついたら、その時はお金を貯めて購入すればいいと思うし、もし無理だったら撮影する時に必要な機材をレンタルして撮影すればいいと思います。

僕はそうやって仕事をしてきました。

J205.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年06月07日 | コメント:11 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。