2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真が好きな人 職業

Q:「写真が好きなんですけど、自分がカメラマンになれるかどうか?ということが分かる方法はあるのですか?」

シンプルだけど、写真が好きな人だったら誰でも一度は考える事だと思います。

A:あくまで僕の考えです。

僕は写真が好きだからという理由だけで、全員が「カメラマンになる」というか「なる必要はない」と思っています。

なぜなら、写真に関わる仕事はカメラマン以外にいっぱいあるからです。

1-カメラ雑誌の編集者になる。

2-写真展などをやって会場なり会社に勤める。

3-カメラの量販店や街のDPE屋に勤める。

4-現像所に勤める。

5ーカメラやカメラ機材を制作している会社に勤める。

6-カメラ雑誌に投稿したり雑誌で解説をする仕事をする。

7-評論家になる。

8-今現在の仕事をしながら、写真集を発表したり、個展を開いたりという作家活動をする。

9-専門学校の講師になる。

10-今現在の仕事をしながらブログを制作して、そこでポストカード、写真集、オリジナルプリントを販売してプチカメラマンになる。

11-まったくの趣味として、コンテストに出したりして写真と関わっていく。

12-地方のブライダル専門カメラマンになる。

13-地方の人しか撮れない写真(写真館など)を撮るカメラマンになる

14-東京でカメラマンになる。

14に関しては、以前このブログに書きましてけど、カメラマン(写真家)の中でも数多くの種類があります。 

これ以外にも、写真が好きな人が関わったら楽しいと思われる仕事はもっともっとあると思います。
  
ですから、僕は写真が好きな人がみんなカメラマンになる必要はないと思っています。

それぞれの人が、自分の生活や性格、にあった仕事を選択すればいいんじゃないでしょうか?

*大切なことは「好きな写真と自分がどう関わって生活していくのか?」ということで、写真が好きなのにカメラマンになれない、なる自信がないという自分を責める必要もないし、落ち込む事でもありません(笑)

それぞれの人が、「今のスタンス(生活)のなかで、好きな写真をどう楽しむか?どう関わっていくのか?」ということだ思います。


何度も言いますけど、「今の自分がやってて楽しい方法で、好きな写真と関わっていく生活」が一番ベストなことだと思っています。

僕はカメラマンとして、好きな写真に関わる生活が好きだから、楽しいからこそ、1~14の中で、カメラマンという仕事を選んでるだけです。

写真が好きな人が、カメラマン(写真家)になるということが、人生においての勝ち組になるわけでもなんでもありません。

「毎日の生活の中で、自分のスタンスで写真を楽しんでいる」ということが、一番幸せなことではないでしょうか?


でも、写真が好きだから「どうしてもカメラマン(写真家)になりたい!!」と、強く!!

心の底から想った人は、一度は「カメラマンへの道」にトライしたほうがいいと思います。

その方が精神衛生上いいですから(笑)

71829.jpg

*東京はまだ梅雨が明けないので、ブログの中だけでも夏にしてみました。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 質問 | 2006年07月24日 | コメント:7 | TOP↑

プロカメラマンになるには。

僕のマンツウマンワークショップに来てくれた人が見せてくれる写真のレベルの高さには本当にびっくりしています。

風景、スナップ、スポーツ、ネコちゃんワンちゃん、ライブ、などなどの写真、とにかく上手い!!

メチャメチャレベルが高い。

もし、僕がこの写真(作品)を持っていたら今すぐにでも作品としてまとめて営業をするのになぁ~と正直思ってしまう。

間違いなく撮影依頼は来ると思う。

それなのに、僕のワークショップに来られるみなさんは、現在はプロのカメラマンではない。

どうしてか?

それは、「こんなに素晴らしい写真を撮る人がここにいますよ」ということを、撮影を依頼してくれる会社や人に知らせていない。

それはどうしてか?

その方法を知らない。

それはどうしてか?

学校では撮り方は教わっても、自分の撮った写真をお金に換える方法を教えてくれなかったからだと思う。

先日、出版社から生まれて初めて撮影料をもらったというマンツーマン会員の人から「タクマさんのお陰です」と、お礼のビールが送られてきた。

本当にびっくりした、でもうれしかったです。

誤解して欲しくないのは、僕は写真の撮り方やテクニックを教えたわけではありません。

最初から写真の才能があった人に、ただ、その才能をお金に換える方法をアドバイスしただけなのです。

いつもみなさんの写真を見せてもらって感じることがあります。

それは、こんなに才能のある人が、家族や友人達だけに「あなたって、写真上手ね!!」って言われてるだけの現状ということ。
でも、みなさん、「そんな現状をなんとかしたい!!」と思って僕のワークショップに参加してくれている。

そういった人達にワークショップという形で、一人一人の夢を叶える為にお役に立ててる今は本当にうれしい限りです。

でも、僕が何をアドバイスしても、本人が本当に「自分の写真をと撮るという才能で、カメラマンになりたいのか?
どうなりたいのか?」ということを決めなければ、何も始まりません・・・
ということも事実です。

つまり、大切なことは「どうなりたいのか?」ということを決めることです。

カーナビでも目的地を決めて決定しなければ、目的地までの行き方の指示をしてくれないでしょ?

*僕が出来るのは、それぞれの人が持ってる才能や時間やお金を総合的にみて「今のあなたなら、このルートを歩いて行けばあなたが行きたい目的地に到着出来ますよ」ということを気づかせてあげること、だと思っています。

でも、実際に歩いてくのは本人ですよ(笑)

*「好きをお金に出来るかどうか?」は、目的地に「本気で歩いていく気持ちがあるのか?」ということのような気がします・・・・

マンツーマンワークの詳しいことはこちらをご覧下さいマンツーマンワークショップ

D610.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2006年07月17日 | コメント:5 | TOP↑

続、カメラマンへの道

続、続、カメラマンへの道。
モデルクラブから「次も頼みますよ」と言われていい気になった僕は「よ~し、じゃぁ、最初の予定通りに自分が試したいライティングをテストしよう!!」とはりきった(笑)

これがいけなかった(笑)
撮影が4回5回と続くうちに僕は、「今度はこんなライティングを試そう、次はこんなライテイングをしたい」と、ストロボを使いまくった。

最初は4台くらしか使っていなかったストロボを、気がついたらなんと、14台も使っていた(笑)
もうこうなったら、ストロボ代だけでもとんでもない額になるわけで・・・

いくら僕の撮影料が無料でも、スタジオ使用料だけでもとんでもない額になていたということです。

「あなた、何考えてるの!!これだったら、今までのカメラマンに撮影料を支払って撮影を頼んでいた方がず~~~と安上がりだわ!!」
って、メチャメチャ怒られて首になった。

このお陰で、僕は無料でスタジオライティングをテストすることができた。
この装備を手に入れたお陰で、これで「カメラマンへの道」のルートを怖がらずに進んで行ける!!と確信した。
今、考えるとこの頃の僕は「自分さえよければいい!!」という、とんでもない人でした(反省)

さて、今度は作品を作らなければ・・・どんな作品を作ったらいいんだろう?
お金を早く貯めなきゃ!!
でもこれ以上アルバイトを増やす事は出来ないし、どうやってお金を増やそうか?

またまた考えた・・・
いいアイデアが浮かんだ、上手くいくかどうか分からないけど、これだったらやってみる価値はあった。

信じられないくらい上手くいった・・
いったい何をやったんだろう?

続く・・・

a33p.jpg

*カメラで描いた花の抽象絵画の気分です。
花はチューリップでシャッター速度は15分の1くらい(もう忘れました)で、シャッターを押す時に、おもいっきりブラしました。
ブラし方も、縦、横、斜め、ぐるぐる回す、といった感じで撮りましたけど、それぞれいい味を出していました。

仕事で人物を撮影する時も、動きを表現したい為に作為的にスーロシャッターでブラして撮る時があります。
なかなか、いいですよ!!

ブレ、ボケは恐くありません(笑)
それも、テクニックの一つですから。

先日販売したDVDは、
当時の僕みたいにスタジオマンにもなれず、カメラマンのアシスタントにもなれないという人に役に立ててもらいたいと思って作りました。
これさえあれば、僕のような苦労をしないでスタジオライティングのノウハウが学べると思ったのです。

本当にこのDVDを購入した人は幸せだと思います。

当時の僕がこのDVDを見たら、間違いなくうれしくって泣いています(笑)

未来の自分が色んな仕事で実際に使ってるライティングのノウハウを知ることができるんですから、泣くわけです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2006年07月14日 | コメント:9 | TOP↑

続、カメラマンへの道

続、カメラマンへの道。
初めてのスタジオ撮影の日が来た!!

本当だったらドキドキする筈なんだけど、僕の中では、「今回の撮影はあくまでスタジオワークの実践テストをやるだけ、それもスタジオ代無料でモデルさんを撮影できる」という気分だったので、ドキドキ感より、
「ラッキ~!!俺ってなんて運がいいんだろう!!」「
これで思う存分お金を払わないでスタジオライティングのテスト撮影ができる!!」という気分で、うれしくってしょうがなかった(笑)

当日撮影するモデルさんも、本当にまだプロの人はいなくて、モデルクラブに登録したばかりの人が、初めてスタジオ撮影するという人ばかりだった。

なので、僕みたいにまだプロでもないカメラマンに対して、15人くらいのモデルさんが「よろしくお願いします」と言ってくれた。
なんだかプロカメラマンになった気分でメチャメチャうれしかった(笑)

この日は、まず、このモデルクラブの人に僕の撮った写真を気に入ってもらわなければいけないので、無理をしないで、僕が覚えた基本のライティングだけで撮ってみようと決めた。

いよいよ、撮影が初まった。

みなさん、まだプロではないので動けない、いいポーズが取れない。
そして、僕もスタジオで女性を撮るのは初めてなの、指示ができない。
弱った!!

ところが、モデルクラブのマネジャーが一緒に来ていたんだけれど、彼女はもとモデルだったので、どうやったら美しいシルエットになるかという動きを、撮影中一人一人に手取り足取り教えてくれた。
「ほら、足をこうやったらキレイに写るわよ!!」という感じで・・・
僕は、新人も出るさん達が、マネージャーの指示どうりの美しいポーズをした時にシャッターを押すだけでよかった。

スタジオで初めて女性を撮る僕も「あ~~なるほど、そうやって立つとキレイに見えるんだ!!手もそうやるとシルエットがキレイになるんだ!!」と、このマネージャのお陰で実にいい勉強をさせてもらった。

本当に「俺って運がいいなぁ~~!!」と、思った(笑)

一人の撮影が終わるとそのモデルさんから「ありがとうございます!!」と言われるので、うれしくなった(笑)

撮影がモノクロだけだったこともあり、多少露出が間違っててもプリントで修正出来た。
そのお陰で出来上がった写真は合格点をもらえた。

そして、「次もやってよ!!」と言われた。
うれしかった!!

その後、数回は喜んでもらえた。

ところが調子にのった僕は、あることをやり始めた。

そして、おもいっきり怒られた(反省)

続く・・・

a70.jpg

*ピントをおもいっきりボカして、花と葉っぱの色を画面の中で混ぜました。
カメラで描いた花の抽象絵画の気分でした・・・けど
みんなに「何これ?」って言われました(笑)

うれしいお知らせ!!
以前このブログで個展の紹介をした清水久美子さんが2005年度コニカミノルタ「フォト・プレミオ」年度賞で特別賞を受賞しました(パチパチ)
そして、あの見る人の心を癒した「ふるさと~優しい時間」の個展が、7月22日~8月1日まで、以前と同じコニカミノルタプラザギャラリーで開催されることになりました。
見逃したかた、また見たいと思った方ぜひ足を運んで下さいね。

昨年彼女に会った時は、ある有名なコンテストに出品して、評論家に「何この写真?」って感じで酷評されて、随分落ち込んでいました。
写真を見せてもらった僕は「評論家を喜ばす為に撮ってるんじぁないでしょ?
あなたの写真はみんなの心を癒すから、自信を持って発表したほうがいいよ!!」って励ましました。
彼女は、素直に行動しました。

そして、今、彼女の写真が個展に来てくれた人達の心に伝わったのです。
だから、選ばれたのです。

数人の評論家より、普通の人の心に伝わったのではないでしょうか・・・

清水さんの写真には都会の人が忘れている、日本の素晴らしい心の風景が写っています。
見終わった後、心があったか~~~くなりますよ!!外は暑いですけど(笑)


*新宿区新宿3-26-11
コニカミノルタプラザ(新宿高野ビル4F)TEL(03)3225-5001
7月22日(土曜)~8月1日(火曜)
コニカミノルタプラザ ギャラリーC

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2006年07月12日 | コメント:7 | TOP↑

カメラマンのアシスタント

Q:カメラマンさんのアシスタントとスタジオマンになるのと、違いって何なんでしょうか?

A:僕なりの考えをお答えします。

スタジオマンというのは

おもいっきりシンプルに説明すると、フリーのカメラマンが使用するスタジオに就職して、そのスタジオで撮影するカメラマンの手伝いをする仕事です。

・普通の会社なので、それなりの給料や社会制度が保証されます。

・休みもきちんとあります。

・撮影に必要な多くの機材の事を覚える事ができます。

・多くのカメラマンのライティングを見ることができます。

・同じスタジオ内で仲間ができるので、落ち込んだ時なんか相談にのってくれます(笑)

・でも、どうやって仕事を貰ったらいいのか?ということを学べないかもしれません。

・その代わりに、スタジオで作品を撮る時は無料でスタジオを使用させてくれます。

カメラマンのアシスタントは

・給料はいくら貰えるのか分かりません、スタジオマンよりは安いのは確かです。

・休みも、いつ取れるかどうか分かりません(そのカメラマンの仕事の内容で決まると思い
 ます)

・カメラマンが使ってる機材は覚えることができます。

・仕事が依頼されてから、終わりまでのすべての流れを学ぶことができます。

・カメラマンの仕事仲間、カメラマンに撮影を依頼している編集者やデザイナーの人達に顔を覚えてもらえるので、フリーになった時にすぐ仕事を貰える確率が高いです。

・付いたカメラマンと人間関係でうまくいかないと、毎日が悲惨なことになります(笑)

・逆に可愛がってもらえると、まず、その後の仕事には困らないと思います。

以上が僕が思うそれぞれの違いです。

*本当はもっと沢山あると思いますけど・・・ね。

305.jpg

*この花の写真も、どこにもピントがあっていません(笑)
でもキレイでしょ?


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年07月06日 | コメント:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。