2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真を楽しむ方法

「カメラマンへの道」というブログを初めて、ワークショップをやったりして色んな人にお会いしました。

その殆どの方が「カメラマンになりたい」という人達でした。

まだ、20代の人には「今からだったら、まだなんでも出来るのでこんなことをしたらいいよ」というアドバイスをした。

でも、30~40代の人達ですでに仕事を持ってる人や家族がいる人達には「「今からだったら、まだなんでもできるので~~したらいいよ!!」なんていうアドバイスはできない。

それは、本当に今から僕のように東京でプロを目指すと、数年間は大切なご家族の生活や今の仕事が犠牲になる可能性があるから・・・

その人の仕事やご家族の生活が犠牲になるアドバイスなんて、僕には出来る事でも人にはなかなかできない。

そこで、僕ができることはその人が今の生活を変えなくて、好きな写真を生活の中で楽しむ方法をアドバイスすることでした・・・

つまり、「プロになる!!」ということを今すぐ決めるのではなくて、せっかく好きになった写真を今の生活の中でどう楽しむか?ということを考えてみてはどうですか?

ということを・・・

その中でどうしても、どうしてもプロになりたい!!と、どうしょうもない衝動にかられたら、その時はGOですよ・・・と。

多くの人にお会いしてつくずく思ったのが、「自分が写真が好きなんだから、カメラが好きだから、だからカメラマンになるべきなんだ!!」と思ってる。

こう思うこと自体決して間違っていないんだけど・・・

でも、写真が好きだからプロにならなきゃ!!

という強い想いがあると、今現在プロになっていない自分を自分自身が責め始める。

そして、人間として「自分は人としてダメかも・・・・」と、落ち込んでしまう。

本気でカメラマンを目指すのだったら、まだ、若くて仕事や養う家族がいない人はまだいいけど、よほど経済的に恵まれている人は別です(笑)そうじゃない人は、プロになるまでの数年間、仕事やご家族の生活を犠牲にすることは、覚悟をしなければいけない。

それは、プロになる為に必要なことをする為には、時間とお金が必要だから。

そこで、葛藤が始まる。

「プロになりたい、写真が好きなんだからどうしてもプロになるべきなんだ!!でも、今からプロを目指すのだったら仕事や家族を犠牲にしなければいけない・・・いったい、どうしたらいいんだろう???」って・・

あと、もう一つのパターンが、まだ若くて仕事や家族を犠牲にしなくてもいいんだけど、今のままではプロになる自信がない、でも、写真は大好き!!だからプロにならなければ!!でも、今現在プロを目指していない自分はなんてダメな人間なんだろう!!」って、自分を責める人。

それぞれに人が「写真を撮ることが大好き、好きなことは写真!!だからプロにならなきゃ!!」と思ってる人。

でも、この1年色んな人に会って思ったのは、好きとプロになるということはまったく違うんじやないの?と感じるようになったのです。

そりゃ、好きなことを仕事になればそんなに楽しい事はない。

でも、無理に仕事にしなくても今の自分にぴったりの楽しい関わりはできるはず

例えばサッカーが好きな人はみんなプロサッカー選手になろう!!って思うんだろうか?

ケーキが好きな人がみんなパテシェになろうと思うんだろうか?

そしてこの両者とも、サッカーやケーキが好きなのに、でもプロを目指さない自分を責めたりはしないはず(笑)

僕は、最近、写真もこれと同じことなのでは?と思うようになったのです。

写真が好きな人が、みんなプロにならなければいけない!!

なんて、ことはまったくない。

サッカーを楽しんだり、ケーキを食べるのを楽しむように、写真も楽しめばいいと思います。

自分の今のスタンスで・・・

今の生活や仕事を犠牲にしなくても・・

自分の今のスタンスで・・・それぞれが写真を楽しめばいい。

撮った写真をコンテストに出したり、ブログで発表して多くの人と交流したり、個展をしたり、写真集を自費出版したり・・・

いっぱい貯まった写真をライブラリーに送って、収入を得たり、ポストカードをブログで販売したり...

などなど・・・もっともっと楽しむ方法はいっぱいあると思います。

今の生活スタイルを変えなくても、プロを目指さない自分を責めなくても・・・

それでも、昔の僕みたいに、もうどうしても、誰がなんて言ってもプロになりたい!!

つまりトイレが我慢できない状態(笑)

になった人は、今の生活をプロになる為に変更すればいいんじゃないでしょうか?

長々と書いたけど、何がいいたかったか?っていうとですね・・・

・「写真が好きだからという理由でプロにならなければ!!」と脅迫観念のように思わなくてもいい・・ということ。

・「好きなことがあるのにプロを目指していない自分はダメな人間だ!!」って、自分を責めなくていい・・・
ということを言いたいわけです。

人それぞれ、生活環境も性格も違います。

その中で、今現在の自分が出来る範囲で「大好きな写真をどう楽しもうか?どう関わっていこうか?」

という、楽~~な気持ちで写真と関わって欲しいと思ったわけです(笑)

自分を責める人が増えたのは「僕が好きなことを仕事にしたらハッピーですよ!!」って書きまくったからかもしれません(反省)

トライしたければしてみたらいいだけです。

ただ、それだけです!!

トライしたことで、人生は無駄にはなりません、そこで得た経験はその後の人生に必ず役に立ちますから・・・

*僕の知ってるカメラマンの中には、仕事が楽しくないとグチばかり言ってるカメラマンも多々います。

そんな中、僕のワークショップの会員の中には、プロは目指していないけれど、仕事が休みの時に、自分が好きな写真を撮っておもいっきり楽しんでる人もいっぱいいます。

・一方はカメラマンになるという夢が叶ったにも関わらず、日々グチばかり言ってる。

・一方はカメラマンにはならなかったけど、好きな写真と上手く関わるということを選んだお陰で、日々写真を楽しんでいる。

この1年この2パターンの人達をみて感じたことは、写真が好きだからと言って、カメラマンになる事が幸せになる方法ではなくて、自分が好きな写真とどう関わっていくのか?その関わり方を見つけた人の方が幸せになれているということでした。

*僕は、たまたま「仕事で写真を撮るという写真との関わり方が、僕自身にあっていたというだけなんだ」というように思いました。

*大切なことは、カメラマンになることではなくて・・

せっかく写真を撮るという楽しい事を見つけたんだから、

「人生の中で、自分の方法でいいから好きな写真と楽しく関わっていく、ということが一番幸せなのでは?」
と感じた1年でした。


Ai680.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| カメラマンの心得 | 2006年12月27日 | コメント:13 | TOP↑

カメラマン スランプ

Q:「タクマさんはカメラを構えてシャッターを押せなくなった時はありましたか?

私は今その状態です。写真が嫌いになった分けではないのんです。

でも、写真を撮る気持ちになれないのです。どうしたらいいでしょうか?」

という質問メールが届きました。

A:実は僕は今までに「シャッターを押せなくなった」という気持ちになったことがないのです。

なぜなら、写真を撮りたいと思った時しかシァッターを押さないからです。

だから、数ヶ月カメラを持たない時など多々あります。

これはあくまで、プライベイトの撮影ですよ。

僕が仕事でシャッターが押せないって言ってたら,即、カメラマンを廃業しなければいけませんからね(笑)

つまり、「毎日のように写真を撮らなければ」なんて思ってるからプレッシャーになるじゃないでしょうか?

撮りたくなければ、何ヶ月でも撮らなければいいんじゃないですか?

トイレと同じです、「行きたくなければ行かなければいい」ただ、それだけです。

撮らなきゃ!!って思うから楽しくなくなるんじゃないですか?

僕なんか、いつも写真を撮るの2で、もう2ヶ月は撮っていないですよ(笑)

それは撮りたいと思うものがないからです。

ただ、それだけです。

もっとリラックスして、「撮りたいものを撮りたい時に撮ればいい」という感じで、写真と付き合えばいかがですか?

写真って楽しいものです!!

苦しんで、どうするんですか(笑)

これが僕の答えでした。

flo298.jpg

*深海のヒトデ?


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年12月20日 | コメント:14 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。