2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 写真 評価

このブログを始めてから「自分の写真のクオリティがプロとしての水準に達しているか見てもらえますか?」
といった内容の質問と一緒に写真を送ってこられる人が多々います。

その人達に僕は・・・

「そういったことは、編集者やデザイナーが決める事だと思っています、カメラマンの僕が答えることではありません。」と、言っています。

なぜなら、どこかの誰かに「あなたに撮影の仕事の依頼をしたい」と言われたら・・

その人にとっては、あなたの撮る写真は依頼した人があなたにお金を支払える水準(つまりプロの水準)に達しているといわけですから。

お金を支払って撮影を頼んだり、あたがが撮った写真を使いたいと思ってもらえるということは、すでにあなたの撮る写真は、依頼する人に撮ってはプロとしての水準があるということです。


僕だったら、自分の写真の評価はカメラマンではなく自分に撮影を依頼してくれる可能性のある人にしてもらいます。

カメラマンになろうと決めた頃は、風景写真の作品だけもって出版社に行ったものです。

そこで出会った編集者は、僕にその雑誌の仕事をするには何が足りないか?どんな写真を撮ればいいのか?ということをアドバイスをしてくれました。

そのお陰で「あ~~そういった写真を撮ればここでカメラマンとして仕事をさせてもらえるんだ」と思いましたね。

大切なことは・・・

幾ら僕があなたの写真を「素晴しい!!」って褒めても、僕はあなたに撮影の依頼は永遠にしないということです。

僕にいくら褒められても僕からは仕事の依頼はないということです。

プロとは、あなたの撮った写真に誰かがお金を支払ってくれるということです。

それは、別に編集者やデザイナーじゃなくても誰でもいいのです。

あなたの撮った写真にお金を支払ってくれる人がいたら、あなたはりっぱなプロカメラマンなのです。

その人にとっては、あなたの写真はプロとしての水準に達しているというわけです。

僕に「写真の評価をしてもらいたい」と思ってるあなた・・・

僕に写真を評価してもらうより、あなたの写真にお金を支払ってくれそうな人に評価をしてもらったほうが絶対にいいですよ。

A618694.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 質問 | 2007年06月20日 | コメント:6 | TOP↑

カメラマン感性・写真家感性

感性に栄養を与えるという意味は・・・

あくまで僕の考えですけど・・・

写真を撮ること以外で、自分の好きな世界を追求することに時間とお金を掛けるということです。

自分が好きな世界に夢中になってると、知らない間に人にはない個性が培われるということです。

それは、音楽、映画、小説、マンガ、詩、美術、スポーツ、旅、食べ物、動物、昆虫、植物、自然、模型、車、鉄道、飛行機、建物、女性、男性、子供、家族などなど・・・・

とにかくもう・・好きだったらなんでもいいんです。

写真を撮るということ以外で自分が好きなもの夢中になれるものに「お金と時間を使う」ということです。

自分が好きな世界を追求してると、その好きな世界から写真のテーマが自然と生まれてきます。

そして、好きな世界なのでその写真を撮るのはメチャメチャ楽しいのです。

そして、気がついたら自分だけの世界が写ってる写真が撮れるようになるのです。

そういった、あなたの作品を見た編集者やデザイナーは、あなたというカメラマンにとても興味を示してくれるというわけです。

編集者やデザイナーは、なんでもそこそこキレイに撮れてる写真を見せられるより、あなただけの世界観が感じられる作品を見た時の方が強烈な印象を受けます。

カメラや機材ではなく、感性に栄養を与えることにお金と時間を費やすのは一見無駄のように思えますけど、僕は大切なことだと思っています。

もし、僕が好きな絵や音楽や旅に時間を使っていなかったら、今の宅間國博という個性を持ったカメラマン(写真家)は生まれていなかったと思います。

間違いなくカメラマンになって最初の3~4年で終わっていたでしょう。

感性に栄養を与え続けているからこそ、ワインが熟すように色んなアイデアが湧いてきます、だから今もカメラマンとしてそれなりに活躍出来ていると思っています。

お陰で、「リバース」「ブルーノート」「フラワーズ」などなどの写真集も出版できましたし、次々と写真集のテーマも生まれています。

今、も4冊の写真集が今すぐに出版できるアイデアが溢れて来ています.

A63712.jpg

*大好きな北海道です。

1-好きな場所があるから行きたくなる。
2-好きな場所に行ったから写真を撮りたくなる。

僕が何かの写真を撮る最初のきっかけは、すべてこの「好き」でした。

人になんて言われても、自分の「好き」に時間とお金を使ってると感性がピッカピカに輝いてきますよ。

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2007年06月11日 | コメント:9 | TOP↑

カメラマンと機材の関係

今年になって、仕事で他のカメラマン(僕よりず~~~と若い)と会うことが何回もあった。

みんな、とにかくカメラ&機材に詳しい。

「これ便利ですよ」とか「それだったら、こんな機材がありますよ!!」って親切に教えてくれる。

みんなデジカメとその関連機材を熟知して使いこなしてる。

僕なんか、足元にも及ばない。

ところが、会った人達は口を揃えて「いい仕事がないんですよ」と嘆いている。

みんなカメラマンになってからのキャリアは5年以上経ってる人達だから、仕事に恵まれてていい筈なのに・・・

僕がカメラマンになって5~6年頃には、事務所も構えていたしアシスタントもいたし、レギュラーの仕事も何本も抱えていて日々を忙しく過ごしていた。

お陰で、それは今も継続している。

同じカメラマンなのに・・・いったいどうしてその違いが生まれるんだろう?

色々と話してるうちに、僕と違う部分が見えてきた。

それはカメラが好きか?写真が好きか?

ということ・・・

カメラが好きな人は、カメラや機材やカメラ雑誌にお金と時間を使っている。

写真が好きな人(僕や僕のアシスタント達)は自分の感性に栄養を与えることに圧倒的にお金と時間を使っている。

感性に栄養を与えてると、カメラの知識には詳しくなくても写真を撮る時に新しいインスピレーションがドンドン湧いて来る。

だから、自分の個性が現れてる写真が自然と撮れる・・気がついたら編集者やデザイナーが認めてくれる・・・仕事が増える。

僕の事務所から旅立ったアシスタントは、今現在デジカメ1台、ズームレンズ1台しか持っていない。

でも、機材は持っていなくても自分しか持っていない感性を持っている。

だから、一度仕事をしたスタッフが他の仕事を紹介してくれている、お陰でドンドン仕事の依頼が増えている。

もしかしたら、答えはこのあたりにあるのかもしれない・・・と思いました。

*一番いいのは、カメラや機材に使うお金と時間と、感性に栄養を与える為に使うお金と時間のバランスがうまく取れてることのような気がします。

今までの経験では、どんなにいいカメラを持っていて機材の使い方に精通していても、それで撮影の仕事を依頼されるという可能性は非常に少ないですね。

でも、それも一つの個性でカメラ雑誌に機材に関しての解説をするという仕事の依頼はあります。

カメラとレンズを一台しか持っていなくて撮影機材に精通していなくても、その人の世界感を持ってる人は撮影の仕事の依頼は確実に来ます。

そんな人は、機材が少なくても日々の仕事をこなしながら、「もっとこういった写真を撮りたい!!どうすればいいんだろう?」と感じた時に、それを可能にしてくれる機材を調べて購入すればいいだけです。

僕がそうでした、必要最小限の機材しか持っていなくても、ちゃんとカメラマンになれましたから。


A63715.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 


 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラ・レンズ・機材の話 | 2007年06月07日 | コメント:13 | TOP↑

モデルに気に入られる、パート2

パート2

・「どうしていい表情してくれないんだろう?」って考えながらシャッターを押すんじゃなくって、「自分がどうすればその人のよさを撮れるのか?」という意識で撮る。

大切なことは、被写体の動きや表情ではなく、被写体に接するカメラマンの意識の問題です「はい」

「こんなカワイイ人を撮るチャンスは滅多にない!!よ~~し、今日は絶対にいい写真撮ってやる!!」って、相手に挑んでいくと相手も緊張します(笑)

それより「撮らせてもらって嬉しい~~!!」という感謝の気持ちで接すると、カメラマンの気持ちがモデルになってくれてる人にも伝わって、「あ~このカメラマン喜んでくれてる!!」って感じてリラックスしていい表情をしてくれる事は多々あります。
以上です。

A63714.jpg


*マンツーマンワークショップに参加してくれた人からうれしいメールが届きました。

先日は、とても参考になるアドバイスをしていただきまして本当にありがとうございました。

ポートフォリオの効果的な作り方や、営業の具体的なノウハウなど、誰も教えてくれないことばかりの連続で、まさに目から鱗が落ちました。

教えていただいたアドバイスは、今後のカメラマンとしての道の中で何よりも貴重な財産になると思います。

宅間さんに背中を押していただいたので、あとは実践あるのみです。
といった内容でした。

僕のマンツーマンワークショップは、もう写真は撮れるんだけど「ポートフォリオの効果的な作り方や、営業の具体的なノウハウが分からない」という、プロカメラマンにあと一歩まで近づいてる人にとっては、とても役に立ってるということが分かりました。

確かに「ポートフォリオの効果的な作り方や、営業の具体的なノウハウ」ということって、プロが一番教えたくないことですからね(笑)

でも僕は、このワークショップでは今までの経験で得たものは何から何までアドバイスしています。
なぜなら、喜んでもらえるのがうれしいからです。


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2007年06月05日 | コメント:4 | TOP↑

モデルに気に入られる

僕が人物を撮影する時に気をつけてること

*同じカットを長い時間撮らない。

*テンポの良く短い撮影時間。

ということを心がけています。

・僕は撮影前に、その日どんな写真を撮りたいのか?ということを自分の頭の中でシュミレーションしてるので撮影しながら「これからどんな写真を撮ろうか?」ってあまり迷ったりしません、だから早いのです。

でも、撮ってる時にインスピレーションがどんどん浮かん出来たら、もちろんそのカットも撮りますよ。

・撮られる人は、それがタレントさんでも普通の人でも、間違いなく撮影時間が早ければ早い程喜んでくれます。

・僕の場合は「もう撮れてるな!!」と感じたら「あと2~3カットで終わります。」と被写体になってくれてる人に知らせます。

そうすると、「あっ、もう終わりなの?」って、ホッとしたいい表情をしてくれることが多々あります。

その表情も頂きます(笑)

撮られる人は、長い時間撮られると「いや~~な気分になります」

だから、できるだけ短い時間に撮影をしてあげることを心がけると喜んでくれますよ。

撮影中に「次、どんな写真を撮ろうか?」って、カメラマンが考えこんだりしたら、撮られてる側は不安になってしまいます。

その為には事前にどんな写真を撮りたいのか?というシュミレーションを徹底的にやるといいですよ。

お金も掛かりませんし(笑)撮影当日の自信にも繋がります。

A63713.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2007年06月03日 | コメント:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。