2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

続カメラマンへの道

続き・・・
やっと作品も完成し、仕事をしたい雑誌の編集部に電話を掛けて相手が出たのに・・・
相手が電話に出たとたん、ガチャッと切ってしまう自分の小心さに落ち込んだ。

どうして、こんなにドキドキするんだろう?

それは、カメラマンになりたくて25歳で会社を辞めて東京の専門学校に入り・・
2年目の授業料が支払えなくて中退し・・・

雑誌社の写真カメラマンかスタジオマンの応募しようと思ったけど、年齢制限でダメ・・
でも運良くカメラマンのアシスタントになれた。
ところが、未経験の僕にとってはあまりにも厳しい世界で数ヶ月しか続かなかった。

そして、独学で
カメラマンになることを決め・・・
アルバイトをしながら3年間で貯めた100万円で作品を作った。

そして、いよいよ「カメラマンへの道」の本格的な第一歩が始まる!!と思うと

この作品で編集部の人に認められなかったらどうしよう・・・
電話で変な事言って作品を見てもらえなかったらどうしよう・・・

そんなことになったら・・この数年間の努力が一発で無駄になってしまう!!

と思うと・・・もう・・もの凄いプレッシャーになってしまったのです。

そして、しばらく電話をかけるのは辞めて、何かいい方法はないだろう???・・・って、考えました。

カメラマンのアシスタントに付いていたわけではないので、編集部に知ってる人はいない。

そんな会社にいきなり電話するなんて・・・恐~~~~い!!

なんか、いい方法ないだろうか???と考えました。

そして、あっ!!
この作戦で行こう!!そうだ、これはいいかも!!とあるアイデアが浮かんだのです。

それは・・・続く。


と書いたら怒られそうなので、書きます(笑)

それはですね・・・作品を見てもらう為に電話をかける雑誌のランク付けをつけたのです。

NO1-絶対にどんなことがあってもこの雑誌の仕事をしたい!!
NO2-この雑誌で仕事ができたらうれしい。
NO3-作品を見てもらって気に入られなくてもあまりショックはない。
   もし、気に入ってくれて仕事ができたら、ラッキー。

という感じに,僕が仕事をしたい順にランク付けをしたのです。

どうしてか?

それはですね・・・

最初に第一希望の雑誌の編集部の人に作品を見てもらって、もし気に入られなかったらもうメチャメチャ落ち込むと思ったのです。

そこで、第一希望の雑誌にアタックするのは最後にして、まず僕の仕事がしたい度3番目のランクの雑誌からアタックすることにしたのです。

第3希望の雑誌の編集部の人と会って作品を見てもらって、作品を編集者に見てもらうという経験をして、作品のいいところ、修正点などのをリサーチをしようと。

次は第2希望の雑誌の編集部の人と会って作品を見てもらいながら色んな話を聞き、より完成度の高いポートフォリオに修正してから、最後に第一希望の雑誌にアタックしようと思ったのです。

これだと、いきなり自分が絶対やりたい雑誌に営業するよりプレッシャーの掛かり具合が違うだろうと思ったのです(笑)

そうやって第3希望から弟2から弟1と経験を積む事で、最後の一番やりたい雑誌の編集部の人に作品を見てもらう時にはもう会ってどう対応したらいいのかということに慣れて、精神的に随分楽になれると思ったのです。

また、第一希望の雑誌に営業に行く前に、運良く弟3か弟2の雑誌から仕事の依頼が来たりしてたら、もう、精神的にメチャメチャ余裕が出来ると思ったのです(笑)

よ~~し、このアイデアはいい!!
と自画自賛して潮とがしたい雑誌のランク付けをしました。

そして、再びアパートのピンク電話で編集部に電話をしたのです。

「リ~~ンリ~~ン」と編集部の電話のベルが鳴る。

「はい、~~編集部です」と編集部の人の声・・

「ガチャ!!」

なな、なんと・・・信じられないと思うけど、また・・・電話を切ってしまったのです(笑)

ランク付けまでしたのに・・これで準備万端だと思ったのに・・

いったい、どうして?????

さぁ、またまた電話を切ってしまった僕は「カメラマンへの道」に、どうやって一歩を踏み出したのでしょう(笑)

続く・・・

ind4.jpg

*カトマンズ

*新しくリンクしたブログのお知らせです、

「虫の恋歌」というブログです。

この方は、ご自分のお家の庭で見つけた小さな小さな自然を撮っています。
とても小さくて可愛くて素敵な自然が写っています。

*写真を撮る為には、「お金をかけてどこかに行かなくては良い写真が撮れない」なんてことはありません。
この方のように、自分の身の廻りに被写体になるヒントはいくらでもあります。

*大切なことは
「~~~しなければいけない」とか、「高い機材を持っていなければいけない」
ではなくて・・

「~~が撮りたい!!」という気持ちです。

「~~が撮りたい」で撮ってるとそれが自然にテーマになっていきます。

僕は、テーマなんて「自分は~~を撮るんだ!!」って決めなくてもいいと思っています。

好き→撮りたい→撮る→気がついたらいっぱい撮っていた→もしかしたらこれが私のテーマ?みたいな感じでいいと思ってます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| カメラマンへの道 | 2007年08月31日 | コメント:4 | TOP↑

久々にカメラマンへの道

久々にカメラマンへの道です。
もうどこまで書いたか忘れました(笑)

前回までの話、
アルバイトをしながら貯めた100万円で、とうとう作品撮りを決行した。
天気にも恵まれ自分でも納得する写真が撮れた、そしていよいよ出版社に営業開始!!
というところまででした(多分)

撮った写真を黒くてカッコいい(笑)ポートフォリオブックにまとめて、いよいよ営業スタート!!
ここまでは、いいんだけど・・・
ここから「いざ編集部に電話を掛ける」という部分で、小心者の僕は足踏みをしました。

それは、自分がやりたいと思ってる雑誌から仕事の依頼が来なかったらどうしよう・・・
作品を見てもらって「何この写真!!ってケチョンケチョンに言われたらどうしよう!!」「もし、嫌われたらもうその雑誌の仕事は永遠にできないじゃないの?」って、不安でいっぱいになったのです。

いや、こんなことではダメだ!!
いったい何の為にこの3年間過ごして来たんだ!!
なんの為に会社を辞めて東京にで出て来たんだ!!
と、弱気になる自分を叱咤激励して・・・

そして、いよいよ・・いよいよ・・・
「この雑誌の仕事は絶対したい!!と思ってた編集部に電話を掛けたのです。

アパートに一台あった共同電話から編集部の電話番号を廻す。
(この頃は電話をかける時は、ダイヤルを廻していたのです、安アパートの共同電話なので、プッシュフォンではなかったのです。)
もちろん携帯電話なんか世の中にありませんでした。

そして・・

「リ~~~ンリ~~~ン」と目指す編集部の電話がなる、昔の電話の音はリ~~~ンリ~~~ンだったのです(笑)


「はい、○○編集部です」と編集部の人の声。

「ガッチャ!!」

な、な、なんと・・・この時・・・僕は・・・

電話に出てくれた編集の人と話す事が恐くなって・・・電話を切ってしまったのです.

大バカやろうです(笑)

だって・・・もう・・ドキドキして心臓が飛び出しそうになっていたのです。

僕は切った受話器を置いたまま・・・ボ~~~としていました。

さぁ、どうする!!

せっかく100万も掛けて作品を作ったのに・・・何やってるんだろう???

だって・・・編集部の人の声が聞こえた瞬間・・・
その人に電話で何をどう話していいのか・・・頭が真っ白になってしまったのです。

ココ一番で小心者の僕は、どうやって「カメラマンへの道」へ新しい一歩を踏み出したのでしょう???

続く・・・

続きはすぐ書きます(笑)

ind5.jpg


*道ばたで昼寝してるおじさん(カトマンズ)

*9月からいよいよブルーノート2(題名未定)の写真の選考を始めます。
そこで、このブログにいつものブルーの写真を掲載するのは休みにさせて頂きます。

その方が、写真集が出版された時の楽しみが増えるでしょ(笑)

そこで、今回からはしばらくインドとネパールで撮った写真を掲載することにしました。

ブルーの写真を楽しみにしててくれたみなさん、ゴメンナサイ!!

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2007年08月29日 | コメント:6 | TOP↑

カメラマンになる方法・写真家になる方法

「カメラマンへの道」を歩もうとしている人達の中で、

「今思うとあの時、専門学校に行ってればよかったと悔やんでいます」とか

「あの時に、声を掛けてくれたカメラマンのアシスタントになってればよかったんです」
とか

「あの時だったらまだ年齢の問題がなかったからスタジオマンになれたのに・・・」とか

「あの時、両親に専門学校に行くのを反対されたから・・・」
などなど・・・・

自分の過去を悔やんでる人が結構います。

でもね・・・

過去のことを幾ら悔やんでも・・今は変わらないんですよ。

タイムマシンでもない限り過去には戻れないわけですから・・・

つまり、幾ら悔やんでも過去は100%変えることはできないということです。

大切なことは、過去の出来事を悔むことにエネルギーを使うのではなくて・・

「これからどうなりたいのか?」ということのエネルギーを使う事です。

あなたの「人生のカーナビ」で、過去の今までの軌跡をず~~と見てるのではなくて・・・

これから行きたい場所「目的地」を設定すればいいだけです。

つまり「どんなカメラマンになりたいのか?」

ということを設定すればいいのです。

例えば

・どんな雑誌の写真を撮ってるのか?

・どんなアーテイストのCDジャケットを撮ってるのか?

・どんな人の写真集を撮ってるのか?

・どんな企業の広告写真を撮ってるのか?

・地方でスタジオを構えてその街で一番評判になってるのか?

・・・などなど、色々決める事ができます。

あなたの「人生のカーナビ」に目的地を設定した瞬間から「運命の女神」があなたにとってベストな「カメラマンへの道」のルートを見つけ出して、日々教えてくれます。

目的地を変更しない限り、途中であなたがルートを間違っても、またそこからのルートを見つけ出して教えてくれます。

*過去を悔やむのではなく、あなたの「カメラマンへの道」の目的地を決めればいいのです。

目的地を決めれば、「今のあなた」が、何をしなければいけないのか?ということがいっぱい見えてきます。

その見えてきた事柄の中から、今のあなたが出来る事をやればいいということです。

つまり「カメラマンへの道」の目的地に到達する為のルートを、1歩ずつ歩んで行けばいいだけです。

*「今出来る事をやる!!」ということです。

僕みたいに精神力が弱くてすぐに休憩したくなる人は(笑)

3歩進んで2歩下がるという感じで歩んで行けばいいんですよ。

*過去は変えられないけれど、あなたの未来は今のあなたの想いで作ることができます。

あなたが、あなたの「カメラマンへの道」の目的地に到着するには・・・

過去を悔やむことにエネルギーを使うのではなくて「今あなたが出来ること」にエネルギーを使う事です。

*大切なことは、過去の出来事ではなく「今」のあなたの想いです。

「未来のあなたは、今のあなたの想いが作っています!!」

*もう一つ大切なことは、自分の写真を「人からどう見られてるんだろうか?」じゃなくて「自分がどう感じてるのか?」です。


A705.jpg

夏~~~~~~です!!

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2007年08月15日 | コメント:6 | TOP↑

写真家 感性を高める

きのうはワークショップが夕方からに変更できたので、夕方までに事務所に戻って来れるように午前中から感性に栄養を与えに行ってきました。

「金刀比羅宮書院の美」という展覧会で、応挙、若沖、岸岱が描いた屏風絵を見に行ってきました。

同じ会場で広重の版画まで見ることができ、大満足です。

これって、カメラで撮ったんじゃないの!!

と思うくらい、描かれてる動物や鳥や昆虫が今にも動き出しそうなのです。

色使い、大胆な構図、動植物の表情、もう絵の全てに感動しました。

絵を見ながら「この構図いいなぁ!!」「うぁ~この色使い写真で使いたいなぁ~」って、僕の感性に栄養がドンドン入ってきました。

そして、午後からは白川義員さんの「世界百名瀑」という写真展を見にいきました。

これはもう圧倒されてしまいました。

僕は、いくらお金をもらっても真似は出来きません「参りました!!」

という感じです。

展示されてる写真の1点1点が、僕の感性にずし~~~~~~~んと響き渡りました。

きのうは、日々の仕事に追われてる僕の感性におもいっきり栄養が行き渡った~~~って感じの半日でした。

この栄養が僕の体中に行き渡って、いつの日か感性の新しい芽が生まれて来るのが楽しみです。

みなさんも、映画、写真展、絵画展、コンサート、舞台、小説、マンガ、スポーツ、旅、などなど・・・好きなものだったらなんでもいいんです。

自分の感性に栄養を与えてあげて下さい。

その時に味わったワクワク、ドキドキから、いつか必ず新しい感性の芽が誕生しますから。

それがあなたのオンリーワンのエネルギーになりますよ。

inu.jpg


このワンちゃん、なかなか可愛いでしょ(笑)
でも初めて会う、ワンちゃんの目線もらうのって結構大変なんですよ。
ここでも、撮影中は人を撮る時と同じように「目が可愛いね!!毛並みがいいね!!その笑顔最高!!」って、褒めまくってます(笑)

この日も、彼女は喜んでくれました(笑)

相手が動物でも言葉は理解出来なくても心の波動は伝わりますからね。

人間の場合も声には出さなくても「こいつ嫌なやつだなぁ~」と思いながら撮ってると、その波動は間違いなく相手に伝わりますから気をつけて(笑)

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2007年08月05日 | コメント:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。