2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになりたい!!

「カメラマンへの道」を歩むことが不安でいっぱいの人からの質問。

「カメラマンになりたけど、生活の事を考えたら心配になるのです。」
「あと、なれるまでに色々と厳しそうだし・・とっても不安なのです。」

という質問が、高校生の人から届きました。

これは、この高校生だけじゃなくて誰でも1度は同じような心配すると思います。

僕も、学生時代「カメラマンへの道」を歩もうかなぁ~と考えた時に、まったく同じ心配や不安でいっぱいでしたから。

じゃぁ、僕はどうやってその不安を克服できたのか?

それはですね・・

学校を出てすぐにはカメラマンを目指さないで1度会社に勤めたからなのです。

じゃぁどうして、会社に勤めたらその不安を克服出来たのか?

それはですね・・・

カメラマンじゃなくてどんな仕事をやっても・・

そこで経験するストレスは同じなんだ、ということに気がついたのです。

つまり、給料を上げてもらう為には会社に入ってからでも一生懸命自分のスキルを上げなければいけないということです。

・営業だったら、他の社員より成績を上げなければいけない。

・技術者だったら、会社が要求する新しいものを予定の期日までに開発しなければいけない。

・企画だったら、会社の業績があがるいい企画を考えなければいけない。

・事務だったら、会社がスムーズに動くように予定の期日までに的確に事務処理をこなさなければいけない。

毎年自分のスキルを上げてていく努力をしなければ給料もあがりませんし
会社の期待に答えられないとリストラにあったり、まったく望んでいない部署に転属されたりします。

これは最近はどの会社でも特に厳しくなっているような気がします。

そして、仕事をやる上では数多くのストレスは必ずあります。

これは花屋さんでも八百屋さんでも何かで収入を得る為には、収入を得る為の努力をしなければいけません、その過程ではみんな同じようなストレスを感じる出来事に遭遇する事があるということです。

つまり、「カメラマンになったら売れなければ収入がないですよね、生活が出来なかったらどうしよう?」という不安は、国が給料を支払ってくれてる仕事は生活の不安はないと思いますけど、それ以外ではどの仕事をやっても結局は同じように感じることなのです。

僕は2年間会社に勤めたお陰で、この当たり前だけどとっても重大なことに気がついたのです。

*どんな仕事に就いても嫌なことってあるんだ、生活の不安もあるんだ、ストレスもあるんだ!!
ということです。

だったら、生活の為の不安やストレスをあまり好きではない仕事をしながら感じるのと・・

大好きな写真を撮るという仕事をしながら感じるのとどっちがいいだろう?

と考えた結果。

それは大好きな写真を撮る仕事だろう?と、「カメラマンへの道」を選んだのです。

僕が勤めていた会社は今はありません。

もし、「カメラマンの道」を目指さないであのまま会社に勤めていたら、仕事盛りの40歳くらいで職を失っていたという事です。

好きじゃない仕事の為に努力するのと、大好きな写真を撮るということの為に努力するのでは、同じ努力をしたとしても・・そこで生まれるエネルギーはまったく違います。

まず、感動が違います!!

僕の場合は、いつか死ぬ時に

「会社辞めなかったらよかったなぁ~」と後悔するか
「カメラマンになる為にトライすればよかったなぁ~」と後悔するか

同じ後悔をするのだったら・・

「やらずして悔やむより、やって悔やんだ方がすっきりするじゃない!!」と・・・

そして、もしダメだったらその時は心はスッキリしてる分けだから、もうどんな仕事でもできるじゃない!と思ったのです。

そう思ったらそれまでの不安がなくなったのです(笑)

そして「カメラマンへの道を」歩む事を決めたのです。

なぜかその時「これでカメラマンになれる!!」とはっきり感じたのです。

歩み始めたら、心は楽しいわけです。

だから、色んなことがあったけど楽しさだけは変わらなかったので、「カメラマンへの道」の歩みを止める事はなかったのです。

確かに経済的には恵まれなかった時期もありましたけど、「カメラマンへの道」を歩んいる頃の僕はとてもハッピーでした。

経済的に恵まれていても心が満たされていない人もいっぱいます。

そして、気がついたら「カメラマンへ道」を歩んで本当によかった~~!!
と言えるようになっていたのです。

どうして僕がカメラマンになれたのか?

その答えは
僕は会社を辞めた時「これでカメラマンになれる!!」と確信した事です。

だからその想い「カメラマンになれる!!」が、叶ったのです。

反対に「カメラマンになったら売れなければ収入がない、生活が出来なかったらどうしよう」と思いながらカメラマンを目指していたら

その想いが、叶っていたと思います。

*つまり・・・
「今のあなたの想いが未来のあなたを創っている!!」ということです。


ind20.jpg

*静かな少年。


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| 写真家になる方法 | 2007年12月07日 | コメント:8 | TOP↑

落ち込んだ時の対処法

こういったコメントを書いてくれた方がいましたので、僕の返事をこのブログに書くことにしました。

夢を持って写真業界に入りました。

デジタルに移行して単価が下がって、使い捨てのように言われたとき、人に仕事を横取りされたとき。

いつもこのブログに来て勇気をもらっていました。

タクマさんはどんなときも、自分の力で道を切り開いてきた。

だからカメラマンとして生き残ってこれたんですね。

星の数ほどいる写真がうまい人のなかで、勝ち抜くために強くなろうと思います。

という感じのコメントでした。

僕はこの方の気持ちが本当~~~によく分かります。

僕もカメラマンになって最初の頃にはよく使い捨てのように言われたときがあります。

そして「ちくしょう!!バカにしやがって~~!!」と、心の中で罵倒していました。

当事者に言う勇気はなかったので(笑)

また、やっと手に入れた仕事とを横取りされたこともあります。

その時も、「「ちくしょう!!バカにしやがって~~!!」と、心の中で罵倒していました。

そして、色んな経験をして気がついたことがありのです。

それはですね・・

この頃の僕のように「ちくしょう!!バカにしやがって~~!!」と、心の中で罵倒している限り何も変わらないということでした。

そこで・・気持ちを変えたのです。

そうか~、使い捨てされないようなカメラマンになればいいんだ!!

つまり、1回仕事をしたらこのカメラマンにこれからも仕事を頼もう!!と思ってもらえるような写真を撮ればいいんだ、と・・

仕事を横取りされた事もそうでした。

僕に仕事を依頼しようとしていた人に他のカメラマンから「僕だったらこの撮影は幾らで撮影しますよ」といい条件を持ちかけられたとしても・・

「やっぱり宅間さんに頼みたい」と言ってもらえるカメラマンになればいいんだ!!と・・

そこで、怒りや悔しさという感情を、

これは写真の女神が「もっとレベルを上げなさい」と教えてくれてるんだと思うようになったのです。

そして、お金と時間を自分のカメラマンとしてのレベルを上げる事に集中させたのです。

このコメントを書いてくれたあなたも、絶対にできます!!

これはあなたにとってレベルアップする為のチャンスですよ!!

もうひとつ、「星の数ほどいる写真がうまい人のなかで、勝ち抜くために強くなろうと思います」
と思うこともとてもいいことです。

でも、もっといい思い方があります、それはですね・・

「星の数ほどいる写真がうまい人のなかで、勝ち抜くために強くなろうと思います」と思ってると、写真の女神は「いつも勝ち抜かなければいけない」という状況をしっかりと叶えてくれます(笑)

それより、楽でいい方法はですね・・・

「星の数ほどいる写真がうまい人がいるけど、自分はオンリーワンの写真が撮れるから誰とも競争しなくても、やってて楽しい仕事がいっぱい依頼されるカメラマンなんだ」と思ってください。

そうすると、写真の女神はその

「誰とも競争しなくてもやってて楽しい仕事がいっぱい依頼される」という状況を、しっかりと叶えてくれますから。

写真の女神は、今のあなたが思ってる心の状況を全面的に叶えてあげようと動いてくれるのです。

だから同じ想うのでしたら・・叶ったら楽でメチャメチャ楽しいことを想って下さい。

これを信じる信じないはみなさんの自由です(笑)

僕は今までの多くの経験でそう実感しているだけです。

でも、お金は掛からないので騙されたと思って、1度トライしてみて下さい。

想いは強烈なエネルギーですから。


_MG_4708.jpg


*事務所から歩いて10分程で行ける公園で見つけた真っ赤なもみじ。
横から撮るのも美しいけど、真下からの絵もなかなかいいと思いません?
なんか、模様みたいでしょ!!


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2007年12月03日 | コメント:11 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。