2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン アシスタントの営業方法

僕の事務所で3年間アシスタントを務めてくれたAさんは、営業する為の作品作りをあまりしていませんでした。

そんなAさんに僕は「自分が作品になればいいよ」と言いました。

それには「これから撮影の依頼をしてもらいたい人に持って行く為の作品があまりなくても、もうAさん自身が作品になってるから大丈夫だよ」という意味が含まれています。

「なんだか意味分かんない?」と思ったでしょ(笑)

実はですね、

僕に撮影を依頼してくれている編集者、デザイナー、スポンサー、タレント事務所の人、スタイリストさん、ヘヤーメイクさん、などなど、僕に撮影を依頼してくれるクライアントさん達、僕と仕事に関わってくれている人達は・・・・

撮影している僕以外に、僕のアシスタント達の仕事っぷりも・・なにげに見てるのです。

そして、その人達が関わってる他のカメラマンのアシスタントと比較したりしてるのです(笑)

ここでいうアシスタントの仕事っぷりといのは、アシスタントとしての仕事以外のことも見てるのです。

例えば、

・いつも、きちんと挨拶ができているか?

・カメラマンの指示に的確に動いてるか?

・カメラマンに撮影現場でどこまで任されているのか?

・スタジオではスタジオマンに的確な指示を与えているか?

・撮影現場では、元気で明るいか?

・クライアントさんの電話を受けた時の電話の応対は、しっかりとしてるか?

・クライアントさんに写真の上がりを届けたりした時の対応は?

・撮影の途中でスタッフで食事をする時など、誰よりも早くてきぱきと動いてるか?
などなど。

実は、撮影とはまったく関係ない部分を結構見てるのです。

カメラマンとしての資質ではなく、その人の人間性を見てるのです。

新人で撮影現場に入った時なんかは「今度タクマさんの事務所に入った新人さんはこの子か?さ~~てどうかなぁ?」って(笑)

そして、僕のアシスタントを勤めている3年間の間にAさんのように作品があまりなくても「Aさんだったら、信頼できるな、フリーになったらお祝いにまずは小さな仕事を1度依頼してみようかしらん」と思ってくれるようになるのです。

信じられないと思いますけど・・あるのです。

先日話したAさんは、まさしくこのクライアントからの人としての信頼を3年間の間に作り上げたのです。

つまり、僕のアシスタント時代に自分を作品にしたのです。

今度は最初に撮影を依頼された時にその信頼を確信にさせたのです。

そして仕事を少しずつこなしながら、前にも書いたように「やっぱり、この人に撮影を依頼してよかった!」と思ってもらえるようになったのです。

つまり、自分自身がカメラマンという作品になったのです。

フリーになって作品を見せる時に「私はこんなに高いカメラ持ってます」とか「こんなに高い車買いました」と言うより

作品は少なくても・・・

アシスタント時代に「自分という人間創り」をしていれば、クライアントさんから信頼されます。

でも、どんなに信頼されたとしても、最初に依頼された撮影でクライアントさんが満足する写真を撮れなかったらダメですよ(笑)

今、誰かのアシスタントをしている方、またどこかのスタジオでスタジオマンをしている方。

将来あなたに撮影を依頼してくれる人が、あなたの仕事っぷりを「な・に・げ・に」見ていますよ(笑)

だから、明日もキープスマイルで!!あなた自身を素敵な作品にして下さい!!

0903091.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| アシスタントになる方法 | 2009年03月09日 | コメント:11 | TOP↑

続「カメラマンヘの道」

おまたせしました(笑)
久々の「カメラマンヘの道」です。

当時大人気だったタレントさんの連載を1年間やらせてもらったお陰で、2年目からは他の雑誌からもタレントさんの撮影依頼が沢山来るようになったのです。

本当はファッションをやりたかったので、少し戸惑いはあったのですがとにかく、タレントさんの撮影依頼がメィチャメチャ増えたので「タレントさんの撮影でもこれでいいか」と言う感じで撮影をこなしていました。

そこで、今までになかったことが起こり始めたのです。

それは・・・

一人のタレントさんに気に入られると、そのタレントがCDを出すとなると、僕を使命してくれるのです。

また写真集を出版するとなると、僕を指名してくれるのです。

もっとびっくりしたのが・・・

広告(ポスターなど)の仕事まで僕を使命してくれるのです。

そのお陰で、今までまったく知らなかったレコード会社の仕事ができたり、電通、博報堂、などという、行ったこともないとても高い山に見えた広告代理店の仕事ができたりと・・・

今まで雑誌の世界しか知らなかった僕が、撮影料が雑誌とは0が1桁も2桁も多い会社の仕事ができるようになったのです。

カメラマンになって儲けることだけを考えていた僕は「よ~~し!!これからはこれだ!!」と決めたのです。

つまり、タレントさんやアーティストに気に入られて、またその人達のマネージャーに気に入られたら大きな仕事を貰える・・と(笑)

それからの僕は、雑誌の仕事に対してまた、雑誌の編集者に対して、スタジオマンに対して、スタイリストさん、ヘヤメイクさん、僕のアシスタント・・などなど、撮影に関わってくれているスタッフの方々はどうでもよくなり

タレントさんやアーティスト、またその人達のマネージャーに気に入られることだけを考えて行動するよになったのです(反省)

つまり、雑誌なんかより、CD、写真集、カレンダー、広告だけの仕事さえできたらいいや!!と思ったのです。

お陰で、仕事も増え続け、収入もとんでもなく増えて行きました。

どれくらい忙しかったのか?というとですね。

一ヶ月に撮影が25~30件以上あったのです。

一ヶ月の日にちの数より多い時もありました。

なぜ、そんなことが出来るのか?というとですね・・

1日に3つの撮影とかやっていたのです。

北海道にロケに行って、千歳空港からそのまま成田に向かい、その日の内にグアムに行き、グアムで4日間撮影をして、日本に戻り、次の日から2泊で京都にロケに行き、東京に戻って来て、1日置いてロンドンに1週間。

日本に帰ってから、その週のうちにロスにロケに行くといった感じで・・・

気分的には365日、毎日撮影をしているという感じでした。

すべて、CDジャケット、写真集、広告といった撮影料が高い仕事です。

タレントさんからの指名されての雑誌の撮影なんかでは、編集者の要望なんか聞かないで「オレは○○に気に入られてるんだぞ!だからオレの好きに撮らせろ!」という態度で仕事をしていたのです。
知らない間に、タレントさんからの指名ではない撮影でも、同じような態度をとるようになっていました(笑)

笑ってる場合じゃないですけどね。

つまり、雑誌の編集者に対して、スタジオマンに対して、スタイリストさん、ヘヤメイクさん、僕のアシスタント・・などなど、撮影に関わってくれてるスタッフに対して、とてもとても横柄な態度で接していたのです。

ところが、当時はこういった自分の態度にまったく気がついていなかったのです。

当たり前です、バカですから(反省)

色んなタレントさんやアーティストからの指名はどんどん増える、収入はどんどん増えていく。

カメラマンになってよかった~~~~、オレは成功した!!と・・

まさしく、人生の絶好調でした。



ところが・・・

ある日、とんでもないことが起こったのです。

この事がきっかけで・・・・

続く。
0902185.jpg

☆新しくリンクしたブログのお知らせです☆

「生まれる森」というタイトルです。

森が好きな人、緑が好きな人。

また、今日は疲れたなぁ~と感じてる人には特にお勧めです。

とても不思議な森林浴・・・・

マイナスイオンを浴びてる気分・・・

ブログに掲載されている写真を初めて見た時は

「え~~森ってこんな撮り方があったんだ!!」と、感動しました。

まるでカメラで描いた森の絵。

めったに更新しないみたいだけど(笑)

よろしかったら1度、訪れてみて下さいね。

心にやさしいブログです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2009年03月04日 | コメント:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。