2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

スタジオライティングの話。

今発売されている+act(ワニブックス刊)に掲載されている写真です。

この写真は、スタジオで自然光で撮ったような空気感を出したくて作ったライティングで撮りました。

と言っても・・・

このブログの小さな写真では、よく分からないかもしれませんね。

こういった写真を撮りたい時は、HMI(定常光)かキノフロ(蛍光灯ライト)を使っています。

ストロボと違って、外で撮ってる時と同じよう感覚で・・

今、被写体にどのような光が当たっているのか?ということが目で確認ができるので、好きです。

露出も解放値で撮れば、ストロボで撮ってる時のようなカチットした写真ではなく、ボケ感のある柔らかい写真が撮れます。

スタジオでストロボを使った撮影をしたことのない人でも、定常光だと、いつもの外で撮っている感覚で露出やシャッター速度を決めて撮影できるので、スタジオでも安心して撮れると思います。

以上、タクマクニヒロのライティング・ワンポイント講座でした。

101203.jpg

★このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


せっかく撮影依頼が来たのに……
スタジオライティングに不安があるから断っていませんか?


僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でも簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングをマスターすると、天候を気にしないで部屋でも撮れるようになります。

スタジオでモデル撮影をする時のバリエーションがいっきに増えます。

僕が「プロのスタジオライティングを、簡単に学びたい」という人のために制作したDVDで、

あなたの撮影バリエーションを広げて、今まで以上に写真を楽しんで下さい。

★僕が制作したDVDは6つあります★

DVD1ープロのライティングを学びたい人にオススメ →紹介動画

DVD2ーライティングのバリエーションをもっと増やしたいという人にオススメ

DVD3ースタジオライティングの基本的なことを学びたい人にオススメ

DVD4ー対談や取材撮影の為のライティングを学びたい人にオススメ

DVD5ークリップオンストロボを使ったライティングを学びたい人にオススメ →紹介動画

DVD6ー僕の経験から得た、仕事に繋がる営業ノウハウをすべて語っています。

★DVDに関して詳しいことは、→こちらをご覧になって下さい。

★「写真家になりたい」「写真で収入を得たい」という人の為の、マンツーマンワークショップです。

★写真家になる為の「最初の1歩を踏み出せない」という、あなたの背中をぐっと押してくれる1冊ブルー・ノート

★宅間國博の仕事を紹介しているHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| ライティングの紹介 | 2010年12月08日 | コメント:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。