2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

タクマクニヒロ ライティングDVD

DVD5→クリップオンストロボ・ライティングテクニック「室内で人物を撮る」を購入してくれたみなさんから、DVDの感想メールが届いています。

うれしかったので、勝手に(笑)掲載させてもらいました。

HPの掲載されている購入された人達の感想メールをみて、これ本当かなと少し疑っていたのですが実際観てみると、内容も欲しかった情報が満載で大変役立つ内容でした!!
冊子もしっかりした作りでびっくりです。

DVD届きました。
実に素晴らしい内容でした!
私は大型ストロボを持っておらず、比較的安価なクリップオンストロボで、かつ自宅やレンタル会議室などの狭い場所でスタジオのような撮影ができないだろうかと考えていたのですが、大掛かりでもなくすぐにでも試してみたい/試す事のできるライティングがたくさん紹介されており、有意義でした。
今後撮影をしていくうちに疑問に思ったり悩んだりした時は、遠慮なく宅間さんに質問していきたいと思っております。
すばらしいDVDをありがとうございました。

今まで、クリップオン+傘バンで、パキっとした写真を撮ってきてたんですが、少し年配の先生方からの依頼も増えてきて
「やわらかい光」の表現がどうしても必要と感じて知りたかったんです。
それと、今まで、男性も女性も同じライティングで撮ってたのが「なんか、男性の渋さを出したいな~」と思ってたところ、
冊子の後半に、男性向けライティングが載ってたのでビックリ!!
素晴らしい付録だと思いました!!
某情報誌向けの撮影依頼があったのでさっそく、男性向けのライティングで対応しました。
撮ってるそばから、撮影を待っている人達さんが「おお!かっこいい!」と言ってましたよ~
また、ビデオだけだと、ライティングの違いが分かりにくかったのですが冊子で印刷した写真があって、細かく見れるのも良かったです。
今後とも、よろしくお願いします!

DVD届きました。
早速、一気に観ました。
非常に勉強になり、クリップオンでも大型のストロボとほとんど変わらなく撮影できるんだと驚きました。
今まで撮影の時はコメットの2400Wのストロボ、スタンド、重り、ロールペーパーetcを車で運び、撮影前のチョットした運動でした。
大型ストロボを無駄に使用しなくてよい環境の時は、どんどんクリップオンを活用し撮影を早く円滑に終了した方がよいと感じました。

DVD受け取ることが出来ました!
冊子は想像とは違い本格的なものだったので驚きました。
これから活用させていただきます。

いつもありがとうございます。
これから考えている自宅でのストックフォト用の人物撮影や、雑誌の撮影に役立つノウハウばかりで、驚きを通り越し、うれしくて涙が出そうになりました(笑)。
特に最後の撮影例と、各アイテムの特性&入手方法の記述はとても助かります。
自分の撮影スキル向上に役立つと感じたのはもちろん、宅間さんが作成した冊子からは、仕事に望む大切な姿勢(感動を超えたサプライズをお客さんに与えることの大切さ)も学べます。

タクマさんのDVDは実践的なのでいつも役に立ってます。
感謝感謝です!!

ありがとうございます、初心者の私でも分かりやすかったです。
気に入らなければ全額返金しますと書いてあったので、ダメだったら返却すればいいと思って購入しました(笑)
買ってよかったと思いました!!
冊子があんなに充実しているとはびっくりしています。
ライティングをイラストで解説してくれているお蔭でこんな私でも理解できました。
私にも理解できるようなDVDを作っていただきまして、本当にありがとうございます。
イラストのペンギンさんカワイイかったです!!
あれって宅間さんが描いたのですか?

とても勉強になりました。
最近クリップオンをよく使うようになりましたがリモコンと天板程度で、ここまで可能性があるとはビックリです。
冊子で機材ショップをご紹介いただいたのも助かります。
機動性やスピードも重要な時代なので、いろいろ試してみたいと思います。

DVDが届いて、さっそく拝見しました~!
ビデオも素晴らしいのですが、一緒についてくる冊子がとにかくすごいです!
タクマさんが撮ったタレント写真のライティングが詳しく掲載されているのが最高にうれしかったです!
男性のライティング方法で悩んでた自分にとっては、タクマさんの男性を撮る時のライティング手法の公開は、「え、こんなこと教えてもらっていいんですか?」とビックリするくらいの驚きがありました!
昔のモノブロックのライティングの雑誌と同じような内容が、今は、クリップオンで手軽に出来るとなると、クライアントさんに、手軽だけども喜んでもらえる写真が簡単に撮れるようになりますね!
これをバイブルにして、撮影に励んでいきます!ありがとうございます!

DVDの値段を見て「高い!」と思って購入するのを辞めようかと思いました(笑)
でも、もし気に入らなかった場合は、返却可ですので安心してくださいと書いてあったので、それを信じて購入しました。
小心者でスミマセン。
DVD買ってよかっtです!!
DVDもよかったのですが、DVDの解説書は内容がびっくりするほど濃かったです。
この機材どこで買ったらいいんだろう?と思っていたら、解説書の最後のページに機材を購入できるお店まで紹介されていたのには参りました!!
宅間さんがよくブログで書いている、お客さんを大切にするというサービス精神を感じました。
質問したいことがあったのでメールしますので、その時はよろしくお願いします。
色んな意味でいい学びができるDVDでした。

早速見ましたが、分かりやすい内容でした。
DVDを解説している冊子があるおかげでポイントがより理解出来ました。

冊子の最後に、どのような些細なことでも遠慮なく質問して下さいと書いてあったので、ほんとうに質問メールをしていいんだろうかと、どきどきしながらメールしたら、その日に質問への返信が返ってきたのでびっくりしました!!!!
DVDを見るだけではなくて、分からないことがあったらタクマさんにいつでも質問できるって、なんか自分専門の先生がいる気分でうれしかったです(笑)
これからも質問すると思いますけどよろしくお願いします。

などなど・・・
みなさん、感想メールありがとうございます!!

また次も制作しますので楽しみにしてて下さい。

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5紹介動画


★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから


それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

A63395.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

スポンサーサイト

| ライティングDVDの感想 | 2014年08月30日 | コメント:2 | TOP↑

カメラマンがストレスを感じる時?

Q:フリーになって雑誌中心に活動して三年になります(人物)。
本当にカメラマンになって良かったと思うし、カメラマン以外の人生は考えられません。
僕も収入や徹夜作業等になんのストレス感じないのですが、指示された絵作りが自分の作風とかけ離れていたり、小道具のセンスだったりに『?』と思う事やストレスを感じる事があります。
タクマさんはそんな時どうされますか?
ちなみに、僕はやんわりと遠回しに結構言ってしまいます。
試しに撮ってみるとそのカットが使われてしまうんですよね。

A:質問ありがとうございます!!僕なりの返答です。

好きなことを仕事にしてよかったですね!!

僕もネガで撮っていた頃は暗室作業が多かったので、周りから「毎日徹夜仕事大変ですね」と言われていました。

でも、僕自身は自分が撮った写真を自分が気にいるようなプリントをする暗室作業が楽しくてしょうがなかったので、「もっとこうしたい」とやってるうちに気がついたら朝になっていたという感じでした(笑)

人から見たら「大変ですね」ということでも、本人に好きなことを朝までやってるという気分なので疲れも感じません。

ただ、アシスタント達は疲れていたと思います(感謝!!)

指示された絵作りが自分の作風とかけ離れていたり、小道具のセンスだったりに『?』と思う事やストレスを感じる事があります。タクマさんはそんな時どうされますか?

プロでしたら、みんな経験することだと思います。

僕の場合は・・・

「僕というカメラマンに依頼してくれるクライアントさんに喜んでもらおう!!」という気持ちを大切にしたいので、打ち合わせの時に「えっ!そんなカット撮るの?」と感じたとしても・・・

「はい、わかりました!」と返事をしてクライアントさんに安心してもらいます。

そして「こんな撮り方もありますけど、どうですか?と提案をするようにしています。

その時に「それもいいですね」と言われたら、クライアントさんが提案したカットとどちらを優先するかクライアントさんに決めてもらいます。

その時に、僕の提案がNGになった場合は僕が提案したカットは撮りませんし、両方と言われた場合は両方撮るようにしています。

ただ、撮影時間が少なくて両方撮れない場合は、クライアントさんから最初にリクエストがあったカットだけ撮るようにしています。

「撮影時間に余裕があるな?」と感じた時は、僕が撮りたいカットも撮るようにしています。

僕は、プロは自分がどう思おうと、お客さんが望む写真を「お客さんが望んでいた以上のクーリティーで撮る」ことがプロだと思って、撮影時間が少なくても、天候が悪くても、プロとしてやるべき事にベストを尽くそうと日々努力しているつもりです。

クライアントさんから見たら、どう見えているのか?かわかりませんけどね(笑)

色々書きましたけど・・・

僕があなたに伝えたいのは・・・

あなたに撮影を依頼してくれているクライアントさんに「私に撮影を依頼してくれてありがとう!!」という感謝の気持ちを忘れずに、カメラマンという仕事を楽しんで下さい。

ということです。

質問してくれてありがとうございます。

お蔭で、忙しいと言いながら書かなかったブログを書くことができました(笑)

19724.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年08月29日 | コメント:1 | TOP↑

カメラマン 街の中の撮影

都内はどこも人が多いので、カメラマン的には昼間に街の中では撮影したくはないものです。

でも、先日、久々に街の中で撮影をしました。

クライアントさんから「前はスタジオ撮影だったから今回は街の中で撮りたい」という、要望があったからです。

約束の時間に待ち合わせて、ロケハンをしました。

夕方だったのですが、カメラを持って数分歩いただけで汗びっしょりです。

ラッキーなことに・・・

「出来るだけ人通りが少ない場所」と「ここなら絵的にもいい」・・・

という2つの要素がマッチする場所が見つかったので、この日撮影する俳優さんが来るまでアシスタントを立たせてシミュレーションをしていました。

その時も「うん、ここはいい!!」と僕的にはご満悦でした(笑)

30分程して、この日撮影するタレントさんが到着・・いざ撮影!!

・・・と、ここまでは予定通りだったのです。

ところが・・・

ちょうど会社の終業時間だったのか、何なのか・・・

撮影を始めたら、さっきまで人通りがなかったこの場所に、こっちからもあっちからも、次から次へと人が現れたのです。

最初の数分間は、人がファインダーの中から通り過ぎるまで待っていたのですが・・・

もう、そんなことしてたら約束の撮影時間が終わってしまいます。

時間内に撮影が終わらないと困るんドので、現場のスタッフがざわつき始めます。

そこで・・・

「人は後で消しますから、気にしないで撮影続行しましょう!」と言って撮影を開始したわけです。

こういった時は・・・

クライアントさんや、タレントさんや、この場にいる撮影スタッフ全員が「どうしよう?」と心配するものです。

そんな時にはカメラマンのあなたが「〜〜〜しますから大丈夫です、気にしないで撮影続行しましょう!」と現場のスタッフを安心させて、撮影進行をスムーズに行う事もカメラマンの仕事なのです。

撮影現場では、予想していなかった色んなことがあります。

そんな時に、カメラマンのあなたがスタッフと一緒に「どうしよう〜〜」って騒いでたらダメですよ。

カメラマンは、撮影現場では映画監督、オーケストラの指揮者と同じようなものです。

瞬時に判断して「では、こうしましょう!」と言う感じに提案したり指示をして、その場の進行をスムーズに進めることも、カメラマンの仕事ですよ。

実は、僕も心の中で「どうしよう!!」と騒いでいたんだけどね(笑)

A618694.jpg

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年08月06日 | コメント:4 | TOP↑

フイルム感で撮る

久々にフイルム使って撮影したら・・・

アシスタントがフイルムカメラに不慣れなので、フイルムを完全に巻き戻してないのにカメラの裏蓋を開けてしまい、撮影済みのフイルムに光が入って感光してしまいました。

僕は「ばかやろう!!何やってるんだ〜〜!!」とアシスタントを叱ったのです。

・・・・ということは、昔はよくあった話ですけど、今の話はウソですよ(笑)


下の右側の写真は、デジタルカメラで撮った写真をフォトショップでフイルムが感光したように加工しただけなのです。

おもしろいでしょ。

クリームトーンは後から付けています。

本当に今は、色んなことができるようになったので・・

僕みたいに「ノーマルではおもしろくない!」と思ってる人には、撮影が楽しいです。

140801-2.jpg

ご覧になりたい方は、こちら→>+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.26 (+act. 2014年 09月号 増刊)に掲載されていますので、ぜひご覧になって下さい。


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| レタッチに関して | 2014年08月05日 | コメント:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。