PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

著作権放棄の契約書に関して。

Q:ところでタクマさんは「著作権放棄の契約書」についてはどう対処されていますか?
ここ数年、大手の出版社が発注の条件としてそのような契約書への署名を求めていることが問題になっています。
無料での提供とは全く違う問題です。
タクマさんが、経験されていなかったら「もしも」の話で結構ですので教えてください。
どうかよろしくお願いいたします。

A:もちろん僕も経験しています。

これも、2次使用料の時に書いたこと似たような考え方で対処しています。

インターネットの広がりのお陰で、広告収入が減った出版社はどこも収入減です。

「そんな出版不況の中、そこの出版社の雑誌の仕事をさせてもらっているんだ、ありがたいことだなぁ」と思うわけです。

だから「撮影の仕事をさせてもらってるカメラマンの僕が少しでもお役に立てるのでしたら、著作権放棄しますよ」という考え方で承諾しています。

別に「無料で撮影しろ」という契約ではありません、最初の撮影するときにすでに撮影料は頂いているわけですから。

もし、カメラマンの当然の権利を冒涜するような「著作権放棄の契約書」などにはサインしたくないと思うのでしたらその出版社との仕事を断ればいいだけです。

今の僕は、すべての仕事に対して「仕事をさせて頂いてありがたいなぁ~」という気持ちで接しています。

なぜなら・・

僕は写真を撮る事がなによりも好きなのです、その好きなことをしてお金を頂けるのです。

こんなに幸せなことはありません。

好きなことをしてお金を頂いてるだけで十分満足しているのです。

そんな気持ちにさせてくれているクライアントさんが、2次使用料を無料にすることや、著作権放棄することで喜んでもらえるのだったら喜んでサインします。

カメラマンが自分の撮った写真の著作権の権利を訴えることはごくごく普通の行為です。

今日の話は、あくまで、僕自身が僕の勝手な解釈で、勝手にやっていることなのでくれぐれも誤解されないようにお願いします。

前のブログで書いた、「仕事をするときは相手のことを考えるようにしています」ということでは、撮影の仕事以外にこのようなことをしています。

・DVDの販売では、DVDを購入した人が実際に見て「これは自分が欲しかったものとは違っていた」とか「無駄な買い物をしてしまった」と、思った人の為に返却に応じています。

もちろん返却する時の送料もこちらもちで、DVDの代金全額を返却しています。

幸いなことに、DVDを販売するようになってから今までに返却したいという連絡があった人は1人だけです。

・マンツーマンワークショップやオープンワークショップでは、ワークショップが終わった時に僕の方から「もし自分が思っていたワークショップではなかったかも?」と思われた人には会費は全額返却しますので、その時はメールで銀行の口座番号だけ知らせて下さい、なぜ気に入らなかったの?なんて理由を聞いたりしませんので安心して下さい(笑)」と伝えています。

・写真集ー感想メールをしてくれた方に、タクマセレクトのオリジナルポストカードのセットをプレゼントしています。

これらすべて、数千円~数万円のお金を支払ってもらっていますので、もし希望に沿うものではなかったのなら「お金を損した」と思って欲しくないのです。

・・・というわけで、撮影の仕事でもDVDの販売やワークショップでも僕の可能な限り相手に損をさせないという想いで自分ができることをしているだけなのです。

あくまで僕が好きでやってることです、みなさんに「あなたもやりなさい」なんてことを言うつもりは1ミリたりともありませんので、くれぐれも誤解されないようにお願いします。

mono21.jpg

*「音のない記憶」シリーズ 作品6

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の2次使用料 | 2012年03月07日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

早速、ていねいな話を書いていただき、ありがとうございました。
いつもブログを拝見しているので、理屈では分かるのですが感情の面では抵抗があり…
しかし、「写真を撮っていられることが幸せ」という話は心にズーンときました。初心忘れず、でゆかねばと思います。
何が大事なのかゆっくり考えてみたいと思います。
今日の写真、上野公園でしょうか?水墨画みたいできれいで、楽しいです。
ありがとうございました。



| nobu | 2012/03/08 00:38 | URL | ≫ EDIT

優しく親切にしたらそのままかえって来る。
意地悪は倍に返って来る。

といつもカミサンに言われてます。

それでは、キープスマイルで

| ますいしんいち | 2012/03/08 18:57 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。