PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

スタジオライティングの話。

この撮影依頼が来た時は、編集部から美しく撮って欲しいというリクエストがありました。

そこで昨年後半から使い始めた照明機材を使って、ああして、こうして」と色々とライティング案を考えていたのです。

ところが・・・

当日の撮影時間が短いのは分かっていたのですが、ライティングのセッティング時間も実質15分程しかないということがわかったのです。

そこで、最初にイメージしていた照明機材を使うことを急遽変更したのです。

どう変更したのか?というと、僕が制作したDVDDVD1〜6のDVD1で紹介している箱バンというライティングに変えたのです。

DVD1→紹介動画

いつもは撮影時間が少ない撮影でもライティングをセットする時間は、最低でも30~40分くらいはもらえるので本番前にライティングの細かなテストができるのですが、今回ばかりはテストなどする時間はありません。

そこで、自分が一番よく理解しているライティングに変更したわけです。

これは、僕が男性を撮る時によく使ってるライティングなので、撮影時に全身だっらこんな光になる、アップだったらこんな光と影になる、この角度から狙ったらこんなハレーション(右ページの写真の左上の光)が起きる、みたいなことがテストしなくても頭の中にイメージできるのです。

そして今回は女性を撮る時によく使う、被写体のバックから強い光を被写体に向けて飛ばしています。

いくら経験が多い僕でも、初めて撮る被写体で凝ったライティングをしようとして撮影前にテスト撮影などをしなくて1発勝負は怖いです(笑)

そこで、今回は一番よく使ってるライティングで少ないセット時間でも確実にイメージ通りに作れるセットにしたというわけです。

みなさんも、迷った時は自分が一番よく理解している撮り方で撮ることをお勧めします。

短い撮影時間でも焦らなくて済みますから(笑)

どうしても新しいライティングで撮りたいと思った時はですね・・

可能だったら事前にスタジオなどを借りてテスト撮影をすることをお勧めします。

僕がカメラマンにになりたての頃は、赤字覚悟でスタジオを借りて本番で撮りたいライティングのテスト撮影をしました。

スタジオを借りてテスト撮影をすると、撮影料の少ない仕事だったら当然赤字になります。

でも、目先のお金欲しさに一発勝負をして失敗したら、そのクライアントさんからは2度と撮影依頼は来ません。

赤字を出しながらもテストすることで、精神的にも技術的にもで安心して撮影すると、クライアントさんも写真の出来に満足してくれ、その後の仕事にも繋がるのです。

決して、1回の仕事で儲けようようとしないことです。

1回目は赤字を出してもいいから、あなたというカメラマンをクライアントさんから信頼してもらえることが重要なのです。

それにしても、美しかったですね~瞳の色がブルーでした。

編集の人が「タクマさん、美しく撮って下さい!」と僕にリクエストした意味がよ~~くわかりました。

それでは、今日も初心忘れずの心で!!

120304-1.jpg
*with(講談社刊)より


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2012年03月09日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。