PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

動物写真家になるには?

Q:はじめまして!
私は22歳で大学を卒業して、外資系の証券会社で働いている26歳の者です。
子供の頃から、NHKの自然番組が大好きで野生動物の写真集や図鑑を見るのが大好きで、未だに大好きです。
いろんなものに未だに何故なぜと子供のように聞いていて、周囲からは変人扱いされることもしばしばです.
いまipadでナショナルジオグラフィックの写真集をみていて、突然野生動物を撮る写真家になりたいと思って、色々調べていたら、このブログにたどり着きました。
この歳になっても、動物園に行くと、いつまでも動物を見ていても全く飽きないくらい観察するのが大好きです。
自分は一切写真の知識がありませんが、いまから野生動物写真家になるにはどうするのが一番良いのでしょうか?
やはり 学校へ行って、どなたかのアシスタントになってという道になるのでしょうか?
人生一回しかないので、やると決めたら、バシバシやりたいと思っています。

A:僕なりの返答です。

カメラマンといのは、当たり前のことですけど資格試験というものはありません。

あなたが今日から「私は野生動物写真家です」と宣言したらその日から野生動物写真家なのです。

ただ、宣言する為には動物の写真を撮ることができなければいけません。

その為には・・・

1-カメラを購入する。

2ーカメラ雑誌や専門書を見ながら撮影テクニックをマスターする。

ここで、動物写真家になる為にわざわざ高い入学金を支払って写真の専門学校に行くことはありません。

なぜなら、野生動物を撮るのにスタジオライティングやレフの使い方を学ぶ必要はないからです。

学校に行くことで使うお金を、機材の購入と作品を撮るため掛かる経費に使った方がベストです。

カメラの使い方や写真の撮り方は学校に行かなくても、カメラ雑誌や写真の専門誌で十分マスターできます。

3-動物写真家として活躍しているカメラマンを探して、会ってみて、その方がどうやって動物写真家になったか教えてもらう。

そこから、自分が出来ると思ったことをトライする。

もし、そのカメラマンのアシスタントをさせてもらえるのだったらアシスタントになる。

ただし、給料はないか、想像以上に少ないことを覚悟した方がいいですね。

4−写真が撮れるようになったら、今度は自分が撮りたい動物を撮った作品を制作する。

5−完成した作品を、あなたが好きな動物写真を扱っている媒体(日本&海外)に営業をする。

6ーそこで気にってもらえたら、動物の写真を撮ることで収入を得るというプロとしての道が開きます。

これが、僕なりの返答です。

これが100点満点の正解ということではありませんので、何かのヒントしてもらえたら幸いです。

動物写真家というのは、日本では需要が少ないのでその道のプロになるというのは至難の道ですが・・・
(犬、ネコのカメラマンは需要はありますよ。)

あなたが撮りたいのは、アフリカに住んでいるような野生動物だと思うので需要が少ないと書いたのです。

何事も「大好き!!」という気持ちは、どのような至難も乗り越えるエネルギーの元になります。

諦めないでいい作品さえ撮れば、道は必ず開きます!!

道を開く答えは、ナショナルジオグラフィック社の人達が、あなたの作品を見て「凄い!!ぜひ使わせて欲しい!」と思ってもらえるような作品を制作することです。

「じゃぁ、どんな写真を撮ればいいのですか?」と思ったでしょ?

答えは簡単です。

あなたが、「この動物写真凄い!!」と感じたような写真を撮ればいいのです。

じゃぁ、どうすれば撮れるのか?

その写真を撮ったカメラマンにコンタクトを取ればいいのです。

1回断られても、2回、3回、4回、5回とコンタクトを取り続ければいいのです。

熱意は人の心を動かします。

夢を叶えるという人生ゲームは、自分が試合終了の笛を吹かない限り続行できる素晴らしいゲームです。

決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分で歩んで下さい。


120402-7.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2012年04月11日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

タクマブルーはいつ見ても心が癒されます。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2012/04/12 11:44 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。