PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンのスケジュール管理

Q:タクマさんはフリーランスとしてスケジュール管理もご自身でされていると 思いますが、 たとえば今回のように新規営業で仕事を獲得し撮影の日程が決まった後で レギュラーの仕事の依頼が同じ日にかぶった場合はどう対応されますか?

A:同じに日、2つのクライアントさんから撮影依頼があるってことは、ありますね。

一人で仕事をしているフリーランスのカメラマンにとって、悩みどころです(笑)

笑ってる場合じゃないんですけどね。

特に、新規営業したクライアントさんからの初仕事を依頼された日に、他の撮影が入っているという時は「どうしてこの日?、その前後は空いてるのに?」と、悩むものです。

新規営業のクライアントさん以外の、レギュラーのクライアントさんでも撮影依頼日が、かぶる時はよくあります。

こういった時は、新規、レギュラーに関係なく、最初に撮影依頼があったクライアントさんを優先しています。

ただ僕の場合、一日拘束の撮影ではない仕事の方が多いので、最初に依頼されたクライアントさんの撮影時間を確認して、2番目に依頼してくれたクライアントさんに「それ以外の時間帯でしたら大丈夫です。

もし同じ時間帯でしたら他のカメラマンさんにお願いして下さい」というような感じで、伝えます。

だから、毎月一回のレギュラ-の仕事が他のカメラマンさんに変わる場合もあります。

ただ、僕が今やらせてもらっている仕事は2〜3時間拘束という仕事が殆どなので、同じ日に撮影依頼があってもなんとか時間調整をして、一日で2つのクライアントさんの撮影が出来るようにしていますね。

でも、新人のカメラマン場合、せっかく撮影依頼してくれた新規のクライアントさんに「他の仕事が入ってるので時間調整してもらえますか?」なんて言えないので(笑)

その時は運を天に任せるしかないですね。

ただ、「何時〜何時以外でしたら撮影可能です」ということは、絶対に伝えた方がいいですよ。

「じゃぁ、時間調整できるかやってみましょう、もし、調整できたらお願いします」と言ってくれるクライアントさんは多いですから。

なぜなら、クライアントさんも、新しいカメラマンと一度は仕事をしてみたいのです。


*僕のようなフリーランスのカメラマンは、社員カメラマンと違って「あの仕事したいな〜」と何万回思っても、そのクライアントさんから撮影依頼はきません。

誰からも注目されるような仕事をしたり、大きな賞を取った人は別ですけどね。

ゴクゴク普通のフリーカメラマンは、やはり作品を持って営業することが一番いい方法だと思いますね。

みなさん、営業っていやだなぁ〜と思うけどね、殺されたりしないから(笑)

仕事に結びつかなくても、出版社や広告代理店という将来のクライアントさんになる可能性のある人と会うだけでも、得るモノがたくさんあります。

将来クライアントさんになるかもしれない人と名刺交換をしたということは、繋がったということですから。

その繋がりを大切にすればいいのです。

みなさん、繋がるということに関しては、フェイスブックなどで慣れてるでしょ。

僕は慣れていませんけど(笑)

120606-5.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2012年06月06日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

質問への丁寧な回答ありがとうございます。

自分のような若手は
お誘いいただいた仕事を断るなんていうのは
とんでもない事なんですが、
それでも先に受けた仕事を断って
やりたい仕事を優先するというのは、道義に反していますよね。

ある程度、割り切って、次のチャンスを待ちます。

| ことぶき | 2012/06/06 18:22 | URL |

初めまして。お聞きしたい事があるので質問してもよろしいでしょうか?

いつもBlogを拝見させていただいてる者です。
タクマさんのBlogは自分のバイブルと言って良いくらい前に進めるって思いました。

そして突然のコメントすみません。色々と聞きたいことがありまして。
私は栃木に住んでいる者です。
今は、知り合いの所のカメラマンでカメラの勉強をしている者です。

コマーシャルフォトをやりたいと思っているのですが、まずアシスタントとして入るのなら、スタジオでライティング撮影をしっかり学んでから有名なカメラマンの下で働いた方が良いのですか?
また、写真学校を出てないのですが、写真学校を出てないと採用してくれる所は少ないでしょうか?
質問ばかりで、すみません

| わたる | 2012/06/07 19:19 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。