PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ポートフォリオの作り方。

Q:質問なのですが、持ち込まれたポートフォリオの絞り込みなのですが、ポートレートでどのように絞り込んだのか、よければ教えていただけないですか?

ポートレートで個性の出し方が分よくかりません。持ち込まれたのもちろんポートレートですよね。

たとえば、撮影場所の絞り込みで、海で夕陽があたる場所ばかりの写真とかの絞り込みでもいいのでしょうか?

A:見せる作品のテーマを絞るということ

絞ると言っても絞るという基準は、人それぞれ違うと思います。

僕の場合、仕事の90%がポートレート(人物撮影)なので、昨年持ち込んだ作品も人物だけの写真で構成しました。

人物だけの写真と言っても

撮る被写体でも、・アイドル・モデル・タレント・俳優・アーティスト・スポーツ選手・文化人・一般の人・子供などなどたくさんあります。

撮り方でも、

・セクシーに撮る・カワイく撮る・癒し系で撮る・おもしろい表情を撮る・カッコよく撮る・普段見せない表情を撮る・凝ったライティングで撮る・めずらしいロケ地で撮る・演出して撮る・ビビットな色を構成して撮る・モノトーンで撮る・撮ってからレタッチ技術を駆使してカッコいい写真にする、などなど、たくさんあります。

これらの中で、僕は何を基準に絞ったのか?というとですね・・・

「この分野の撮影依頼が来たらうれしい!!という気持ちになれるになれるか?どうか?」ということで、決めました。

でも、いざ決めようと思ったら「この分野の依頼が来てもうれしいし、あれもうれしい」と、迷います(笑)

その中で「撮影依頼が来たらうれしい」といういう気持ちになれるモノを上から1、2、3、4、5とランクをつけて・・・

1と2くらいに絞って、最終的に作品をまとめたのです。

とにもかくにも・・

『この分野の撮影依頼が来たらうれしい!!という気持ちになれるかどうか?』ということです。

フリーランスのカメラマンだから、どんな撮影依頼でも依頼が来ることはうれしのは確かですけど・・

せっかく新しいクライアントさんの所に営業に行くのだったら、そこから「撮影することがうれしい!!」と強烈に感じる分野の仕事の依頼が来た方が、楽しいと思いません?

・撮影することがうれしい→テンションが上がる→アイデアもいっぱい出る→撮影当日エネルギーも出る→いい写真が撮れる→初めて仕事をするクライアントさんが喜んでくれる→継続して仕事が来るようになる

・・・といった感じで、いい循環が生まれるわけです。

それをですね、「これも撮れるから、この作品も、あの作品も見てもらおう」という感じで、色んな分野の写真が入ってるブックを作って・・・それを見てもらって・・・

もし、その中で一番不得意な分野の撮影依頼が来たら、うれしい反面、もの凄いプレッシャーになると思いませんか?

だから、新しいクライアントさんとする仕事の「最初の一歩」は・・・

「自分が一番好き」で、「楽しく」て、「得意な分野」に絞った方がいい、というのが僕の考え方です。

Q:撮影場所の絞り込みで、海で夕陽があたる場所ばかりの写真とかの絞り込みでもいいのでしょうか?

と質問していましたけど、それでもいいのです。

「海で夕陽があたる場所での撮影なら、私に任せて下さい!!」と言いきればいいのです。

撮影場所の絞り込みをするカメラマンはまずいないので、印象に残りますよ。

ただ、間違いなく「他の場所で撮った作品も見たいですね」と言われるような気がしますけどね(笑)

その時は、また作品を見てもらえるチャンスをもらえたのですから、そのクライアントさんとの繋がりを大切にすればいいのです。

今日書いたことも、僕が勝手に感じていることです。

決して「これが大正解!」と言っているのではありませんので、くれぐれも誤解されないようね。

僕がブログに書いてることを読んで・・

「自分とは違うな?」と感じられた人は、あなたの信じる方法でいいのです。

この世界は「これが正解」というものはありませんから、あなたが「自分はこの方法がいい」と感じていることが、今のあたなにとってはベストなので、自信を持ってあなた自身の「カメラマンへの道」を歩んで下さい。

ポートフォリオの作り方、営業方法に関してはDVD6(カメラマンの仕事に繋がる効果的な営業方法)で、詳しく話していいますので、ぜひ、ご覧になって下さい。
  ↓  ↓
詳しいことはこちらから

120606-3_20120606190310.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1
紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2012年06月07日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

ありがとうございます!

早速回答ありがとうございます!

「この分野の撮影依頼が来たらうれしい!!という気持ちになれるかどうか?」

そうですね。この言葉ですべてが解決できたような感じです。ついつい、いろいろ考えてしまいますが、基本はここですよね。当然、好きなものばっかり撮って生活はできないけど、写真をはじめたきっかけは、撮りたいものがあるから・・・。その気持ち忘れないでがんばります。ありがとうございます。

| koya1484 | 2012/06/07 22:57 | URL |

自分が好きで楽しめる。って胸に刻みます。どうしても、相手によく見えるようなもの。を私は何事も考えていました。でも、自分の好きや楽しい。得意なことを伝えるのも大切ですよね。

ここですいません。質問があります。今、ミラーレスを買うためにバイトをしています。一眼レフは値段や手軽さを考慮して、私はまた次回にと思っています。今はとにかく撮って試行錯誤する時だと思いますが、やはりお仕事として写真をする場合は一眼レフを使用した方がいいのでしょうか?今から手にするべきですか?(スタジオや雑誌やジャケットのお仕事をしてみたいです。)あと学校で学ぶことも考えてます。どちらを最初に購入するべきか迷っています。

| ふくずみ | 2012/06/08 03:31 | URL |

ありがとうございます。

こんにちは、たくまさん。

明確なアドバイスを、ありがとうございますm(_ _)m。


| Tomomi.H | 2012/06/08 10:07 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。