PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家になるには?

Q:初めまして、お聞きしたい事があるので質問してもよろしいでしょうか?
私は栃木に住んでいる者です。
今は、知り合いの所のカメラマンでカメラの勉強をしている者です。

コマーシャルフォトをやりたいと思っているのですが、まずアシスタントとして入るのなら、スタジオでライティング撮影をしっかり学んでから有名なカメラマンの下で働いた方が良いのですか?

また、写真学校を出てないのですが、写真学校を出てないと採用してくれる所は少ないでしょうか?
質問ばかりで、すみません

A:まず、有名なカメラマンのアシスタントになる場合、写真学校を出ていなければダメとか、スタジオマン経験者じゃなければダメというのは、カメラマンによってそれぞれ違います。

学校やスタジオ経験者じゃなくても「やる気さえがあればアシスタントとして採用する」という僕のようなカメラマンもたくさんいます。

また、スタジオでライティングを学ぶ為に働きたいという場合も同じで、写真学校を出ていなければ就職できないというスタジオばかりではありません。

あなたのやる気さえあれば、採用してくれるスタジオはいっぱいあります。

リーマンショッ依頼、スタジオマンやカメラマンのアシスタントになりたいという人の数が少なくなっています。

だから、経験や学校や年齢ということより「やる気がある人」大歓迎みないな感じになっています。

先日撮影に行ったスタジオにも、もうすぐ30歳という、写真学校も出ていない人が笑顔で働いていました。

学校を出ていなければダメ、スタジオ経験者じゃないからダメ・・・

といった、カメラマンになれない理由を考えるのではなく・・・

「こんな、自分でもカメラマンになれる」という理由」を考えた方が、前に進むエネルギーが湧いてくるものです。

今のあなたにとって、カメラマンになれるという理由は何か?

それは「自分は絶対にコマーシャルフォトをやるんだ」という強い気持ちがあるということです。

その強い意志+やる気を持って、

1−有名カメラマンのアシスタントに応募する。

2−まずは、ライティングを学ぶ為にスタジオマンになり、その後有名カメラマンのアシスタントになる。

というどちらかの行動を取ればいいだけです。

1、2のどちらのを選んでもカメラマンにはなれます。

カメラマンになる為には1、2以外の方法もありますので、このブログのカテゴリーの「カメラマンになる方法」を参考にして下さい。

アマゾンを創設した方が・・

私が人生で後悔することは・・・

「何かをやって失敗したこと」ではなく「何もしなかったことだ」

いつも自分に問いかけるのは「なぜ、やらないのか?」

・・というようなことを、先日どこかテレビで語っていました。

120606-8.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2012年06月09日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

やる気を出すことが、大事。

こんばんは、たくまさん。

やはり、熱い熱意と行動力が、大事なのですね。

先日、仲のよい女の子と、コスプレ撮影を楽しみました。いろいろ独学で、撮りまくっています。

さらに、アドバイスありがとうございます。
梅雨入りしました。
食べ物に気をつけてください。

左手首お大事にしてください。

| Tomomi.H | 2012/06/09 20:51 | URL |

この数年、情報収集だけで満足してしまう人達が多くなって来たように感じています。知る事も大切ですがその知識を多いに利用して活用しなければ。。。
と、自分にいつも言い聞かせています。
今日の写真もいいですね。構図の勉強になります。ありがとうございます。

| ますいしんいち | 2012/06/10 09:45 | URL |

プラス思考はありすぎて困ることはない。

こんにちは。いつもブログ楽しみにしております。

私はシステムエンジニアの仕事をしていますが、35歳で写真の仕事に就きたいと思い、夜間の学校に通いました。授業が始まる時間に会社を抜け、授業が終わったらまた会社に戻って残業をするということをしていました。
とても充実した日々でした。やることはやっていたので誰にも文句は言われませんでした。

残念ながら仕事があまりにも忙しくて1年で中退しましたが、1年で学んだ知識で写真を撮り続け、webに作品をアップしていたところ、ある日、ある会社から写真の仕事をしないかというお誘いのメールが来ました。

基本的に夜の撮影である為、今の仕事を続けながらもできそうです。
これをきっかけに写真の仕事の幅を広げることを水面下で模索しています。

タクマさんの言う諦めない意思とプラス思考の大切さを痛感しました。

昔、タクマさんの写真集を購入してからプラス思考がパワーアップしたことのお陰だとも思っています。

| ksoda | 2012/06/11 13:57 | URL | ≫ EDIT

コメントの返答ありがとうございました。

やる気ってので採用してくれるとこがあるので諦めずに探そうと思います。
絶対になる気持ちを持ち続けて行きます。
ありがとうございました。

| わたる | 2012/06/11 14:45 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。