PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

初めて購入するカメラは何がいいですか?

A:質問があります。
今、ミラーレスを買うためにバイトをしています。
一眼レフは値段や手軽さを考慮して、私はまた次回にと思っています。
今はとにかく撮って試行錯誤する時だと思いますが、やはりお仕事として写真をする場合は一眼レフを使用した方がいいのでしょうか?
今から手にするべきですか?
スタジオや雑誌やジャケットのお仕事をしてみたいです。
あと学校で学ぶことも考えてます。
どちらを最初に購入するべきか迷っています。

Q:あくまで僕の個人的な意見なので、参考程度に読んで下さい。

まず、100%ではありませんが、殆どのプロカメラマンが、あなたが将来したいと思っている雑誌やジャケットの仕事をする時は、一眼レフかそれ以上のカメラを使用しています。

なぜなら、クライアントさんの望むクオリティーの写真が撮れるからです。

クライアントさんが望むクオリティーといっても「写真の絵柄」の事ではなく、クライアントさんの望む大きさの印刷物に絶えられるという意味です。

ただ、あなたは「バイトをしている」「学校で学ぶ事も考えている」と書いているので、まだ年齢が10代だと思います。

あなたくらいの写真初心者の人は、いきなり高い一眼レフなど買わずに今の自分が購入できるカメラを手に入れて、写真を撮るということを楽しむことが重要ですね。

僕も、高校生の時に買ったカメラはプロの仕事では使えないカメラでした、でも、写真を撮る楽しみは味わえました。
その頃に、写真を撮る楽しみを知ったからこそ、今の僕がいるのです。

ということで・・・

安い一眼レフでもいいし、ミラーレスでもいいし、今のあなたが「このカメラいい」と感じて購入できるカメラがあったら、そのカメラを手に入れてとにかく撮りまくることです。

そして、いつかプロになるという時に・・・

その時「私にはこのカメラが必要」だと思ったカメラを購入すればいいのです。

初めて購入したカメラをプロになっても使っているという人は、最初にそうとう高額なカメラを買った人です(笑)

それでは、決して焦らず、廻りの人が持ってるカメラと自分が持ってるカメラを比べたりせず、今の自分が手の入れることが出来たのカメラを徹底的に使いこなせるようになって、写真を撮るということをおもいっきり楽しんで下さい。

いつかプロになって、クライアントさんにわがままな注文をされて「あ〜いやだなぁ〜〜」と思った時は・・・

カメラマンを志していた今の気持ちを思い出して下さい。

そうすると・・・

「あ〜〜いやだなぁ〜〜」が「うれしいことだなぁ〜」に変わりますから。

dreams_20120611195155.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラ・レンズ・機材の話 | 2012年06月11日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

お返事ありがとうございます。仕事にするなら、ちゃんと一眼レフのようなプロがつかうもので学ばなきゃいけない気になってました。焦るばかりで、ほしいと思っていたカメラも。それじゃ駄目かもという思いでした。

今の自分に合う範囲で頑張り、ちょっとずつ夢に向かって走れたらなぁ。と思います。写真を楽しむことなど、ちゃんと考えてみようと思います。ありがとうございました。

| ふくずみ | 2012/06/12 23:05 | URL |

カメラのお話、すごく為になりました。僕は今、アマチュア用の比較的安い一眼レフを使って写真を撮っていますが、始まりは使い捨てカメラからでした。中学生の頃にたくさん撮った写真は一眼レフに比べたら画質も良くないですが、それでも大事な思い出が詰まった宝物です。

| sn | 2012/06/14 00:44 | URL | ≫ EDIT

毎回、ためになるお話ありがとうございます。
ほんと、写真を楽しむって大事ですよね。
好きなことを仕事にするには、好きの度合いが大事なんだとあたらためて気づかされました。

そこで、タクマさんに質問なのですが、カメラマンになりたいのだけど
身体障害を抱えていた場合はカメラマンという道を歩けるのでしょうか?

自分は生来聴覚障害を抱えており、人とのコミュニケーションが場合によってはうまくいかないことが多いんですが、
もし、そんな状態でもやれそうな撮影分野がありましたら教えていただけないでしょうか?

| だるま | 2012/06/14 23:43 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。