PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになると苦労するの?

Q:「知り合いのカメラマンから、カメラマンになると苦労するよ!!って言われたんですけど、やっぱり大変なのですか?

A:その人の知り合いのカメラマンは「足のひっぱり合いをしたり、競争が激しいし、いい仕事はなかなか貰えないし、本当に大変だよ」と話したらしい。

そのカメラマンは出版社の社員カメラマンをやってるという。

社員カメラマンというのは、出版社の中の写真部という部署に所属してカメラマンの仕事をしている人です。

撮影の仕事があってもなくても、毎月給料をもらえるし、ボーナスももらえるし、生活はとっても安定しています。

つまり会社員です。

でも、その中では僕が知らない、年功序列とか上司に嫌われたらいい仕事を回してもらえない、などなど大変なのことがあるのかもしれません。

確かに雑誌を見てみても、表紙や巻頭グラビヤというカメラマンだったら一番やりたい撮影は、99%フリーのカメラマンが撮影しています。

そういった事もあって、色んなストレスが生じるのかもしれません。

でも、将来カメラマンになりたいのでしたら、「大変だよ!!苦労するよ!!」って助言してくれるカメラマンではなくて、僕のように「楽しいよ!!毎日が日曜日みたいだよ!!」ってことを言ってくれる人に相談したほうがいいと思いますよ(笑)

今、嫌な気持ちでカメラマンをやってる人からは、マイナスのエネルギーがいっぱい詰まったアドバイスしか聞けないんじゃないでしょうか?

でも、カメラマンを楽しんでる人からはメチャメチャ楽しいプラスのアドバイスが聞けると思います。

何かを相談する時は、ぞの仕事を楽しんでる人に相談した方が絶対にいいですよ。

「どうやったら楽しむ事ができるのか?」ということを知ってるからです。

僕が不思議なのは、「そんなに今の仕事が嫌で大変だったら、今の社カメを辞めて僕みたいにフリーになって好きな仕事を選べばいいのになぁ~」と・・・

今の状況を選んでいるのはやっぱり、自分自身なのです。

僕が同じ立場のカメラマンだったら、まず、その出版社の社員カメラマンのなかでNO1になる為に、日夜努力を惜しみません。

そして、社カメでも編集者に「お前、表紙撮って見ないか?」って言わせてみせるように、ありとあらゆる方法でトライします。

99%無理でも残りの1%を掴む努力を、諦めないです。

「お金がないから、時間がないから・・・」と言って、いい写真が撮れない言い訳をするのは簡単なことです。

でも、それをやってる限り今の場所から後退はしても、絶対に一ミリたりとも前には進めません。

毎日一ミリでも前に進むかどうかを決めるのも、自分自身です。

人が決めるんじゃぁありません!!

人に愚痴を話す時間があったら、今の場所から1歩でも前に行く方法を考えた方が、絶対に楽しいですよ。

A565.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年03月15日 | コメント:9 | TOP↑

コメント

今の場所から一ミリでも前に行く方法を考えた方が、絶対にいいし楽しい

本当ですよね。
つい日々の生活で見失ってしまうことです。
楽しむことを忘れてしまうと必ず煮詰まってます。
一ミリずつ、がんばります(*^^)v
ありがとうございます!

| ひなに | 2006/03/15 19:43 | URL |

元気がでる記事ありがとうございます。
とっても元気になりました。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/03/16 01:49 | URL |

苦労するというのは

よく聞く話ですよね。
でも、それはどの仕事でも
そう変わりはないのでは、と思います。

大企業の社長でもバイトしてる人でも
楽しんで仕事してる人がいれば、そうじゃない人も…
どうせやるなら、楽しくやったほうが自分のためにも
周りのためにもイイコトですね。

| やぎ | 2006/03/16 09:58 | URL | ≫ EDIT

先日、ブログで紹介されていたmasakiさんの”冩心色”に
遊びに行ったら、実はmasakiさんが僕のブログに遊びに
来ていたことがわかりました!ふとしたところから交流の
輪ができました!これ、タクマさんの言う”交流の輪”
ですよね?

嬉しかったので、書き込みをしました!

| ケンタッキー | 2006/03/16 11:33 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ひなにさんへ
楽しくない時は無理して行動するんじゃなくて、頭の中で一ミリ進んで下さい(笑)
*なんちゃってさんへ
元気がでてよかったです。
*やぎさんへ
「えらい!!、よくわかってる!!」
*ケンタッキーさんへ
いいですね、これからも色んな人と交流して下さいね。
僕はしてませんけど(笑)
*管理者ページにコメントをしてくれた方へ
管理者ページの開け方とか見方が今イチ分からないのと(涙)
そこまでしてコメントを見るのが面倒なので、見ていません(笑)
多分これからも見ないと思います。
普通にこのコメント欄にコメントしてもらえたらうれしいのですが。
これからも、管理者しか見れない場所のコメントは管理者の僕も見ませんので(笑)
ど~~か、普通に、「ここに!!」コメントしてください。
何を書いてるのか知らないけど、あなたのコメントを見て、またそこから、みんなと交流が始まると思うので。

| タクマクニヒロです | 2006/03/16 12:22 | URL |

出版社のカメラマンが知り合い。なんてうらやましい環境なんでしょう。あたしならコネ使って入り込んで好きな写真で競い合うなんて苦労どころか心躍ります。どんな環境にあっても「苦労」という不安が先にあると何の仕事にも就けないような気がします。「毎日が日曜日」という言葉は決して楽をして得た言葉ではないですよね!タクマさん!

| kumi | 2006/03/16 22:06 | URL | ≫ EDIT

あたしの会社に「この仕事、大変ですか?」って来る人には「大変ですよ~」と言ってお断りしてます。「何でもやります!」って人には多くお金を払いたいくらいです。技術やテクニックは望んでいません。ここで学べばいいじゃないですか?技術を持った人材が必要な時は自分で探します。

| kumi | 2006/03/16 22:37 | URL | ≫ EDIT

すごい、いい写真ですね。
心打たれました!!(ばきゅーーーん)

>毎日一ミリでも前に進むかどうかを決めるのも、自分自身です。

この言葉にも。
本当にその通りですね。
いい言葉です。

タクマさん、どうもありがとう。

| 犬カメラマン | 2006/03/17 05:54 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*kumiさんへ
普通そう思うでしょ(笑)
でもそれは大きな間違いなんですよ。
カメラマンにとっては、カメラマンになりたいという人を紹介するってことは、自分のライバルを作ることになるんですよ。
だから、紹介なんかしてくれません(笑)
もし、コネを作るのだったら、デザイナーか編集者にすべきです。
自分に将来仕事を依頼してくれる可能性のある人です。
その人達はあなたを紹介する事でな~~んにも困りませんから(笑)
特に若いカメラマンはみんなライバルに見えてしまうのです。
写真を見せるのもカメラマンに見せてもその人はあなたに仕事の依頼はしてくれませんよ(笑)
だから、なかなか褒めても貰えません。
自分のライバルになりそうな人は早いうちに芽を摘みたくなりますからね(笑)
特に社員カメラマンは同じ会社でも、みんなライバルだと思いますよ。
*犬カメラマンさんへ
あなたのワンちゃんの写真は本当に愛が写ってます!!
僕には撮れません!!
参りました(ペコリ)

| タクマクニヒロです | 2006/03/17 17:07 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。