PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンのアシスタントになるには?

Q:私はカメラマンのアシスタントがしたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

A:お答えします。

1−カメラマンだったら誰のアシスタントになってもいいというのでしたら・・・

ネットでアシスタント募集をしているカメラマンを見つけるか、コマーシャルフォト(玄光社)というカメラ専門誌で毎月プロカメラマンがアシスタント募集をしていますので、そのどちらかの方法で応募して、相手があなたのことを採用したいと思ってくれたらアシスタントになれます。

2−ゆかさんが「このカメラマンの写真好きだなぁ」とか「このカメラマンのアシスタントになりたい」と感じたカメラマンがいるのでしたら・・そのカメラマンに

「アシスタントになりたいです、1度会ってもらえますでしょうか?」みたいな感じのコンタクトを取ればいいのです。
カメラマンへのコンタクトは、そのカメラマンのHPやブログ、ツイッター、フェイスブックなどなど、ありとあらゆる手段を使えば大丈夫だと思います。

また、無事コンタクトが取れて面接してもらえることになった場合

1−車の免許を持っている

2−専門学校などを卒業している

3−スタジオ経験がある

4−カメラやMacを使える

5−カメラマンが望んでいる年齢以内の人

などなどの採用条件は、カメラマンによってアシスタントに要求するものが違います。

決まったものはありません。

僕のようにまったく未経験者でもOKという人もいますからね(笑)

殆どのカメラマンがアシスタントに望むのは・・

元気な人・明るい人・やる気が充満している人、でしょうね。

ただ、ゆかさんが「9時〜17時で仕事が終わり、毎週土曜、日曜は休みたい」ということを望むのでしたら、カメラマンのアシスタントには向いていませんので、ご注意を!!

とにかく「写真を撮ることが大好き!!」という人じゃないと、続かない世界です。

なぜ好きだったら続くのか・・・

それは、毎日、毎日、好きなことに接していられるからエネルギーが湧いてくるのです。

それでは、ゆかさんも、夢に向かって・・

決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分で歩んで下さい。

dreams_20120717164808.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2012年07月17日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

質問させてください。私もアシスタントになりたいのですが、カメラマンへのコンタクトをメールやツイッターでおこなっても失礼?にはなりませんか?私は電話でコンタクトを取るつもりだったのですが、元々電話が苦手なので躊躇しています。電話を失敗しても死なないってわかってはいるんですけど!←

あと、もう1つ、私はライブハウスの写真を撮りたいと思っているのですが、お手頃価格でおすすめのレンズはありますか?因みに本体はニコンのD7000を使用しています。

| ぬん | 2012/07/18 13:29 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。