PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンのアシスタントになるには?

Q1:アシスタントになりたいのですが、カメラマンへのコンタクトをメールやツイッターでおこなっても失礼にはなりませんか?
私は電話でコンタクトを取るつもりだったのですが、元々電話が苦手なので躊躇しています。
電話を失敗しても死なないってわかってはいるんですけど!

A:僕なりの返答をお答えします。

昔と違って今は、人とコンタクトを取る最初の手段は電話ではなくメールの方が圧倒的に多くなっています。

僕に最初にコンタクトを取ってくる人の95%以上の人はメールですから。

だから、メールでコンタクトを取ることに関してはまったく問題ないと思います。

メールでの連絡が心配なら「メールでのコンタクト申し訳ありません」みたいな、「あなたなりの、申し訳ありません」という気持ちが伝わる文章を入れたらいががですか?

そこまで書いてるのに、怒るようなカメラマンは今時いないでしょ(笑)

アシスタント募集ではなく、作品を見てもらうという(営業)でも、コンタクトはメールで大丈夫ですよ。

昨年僕がトライした「おじさんカメラマン営業活動(笑)」は、すべてメールでのコンタクトでしたから。

36.jpg
*静かな時間シリーズ

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2012年07月19日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

早々に回答して頂いてありがとうございます。
回答を頂いてほっとしました。
よく考えればそうだよなぁって思いました笑。
取り敢えず気になるカメラマンにメールでコンタクトを取ってみたいと思います。
また質問させて頂くかもしれませんがよろしくお願いします。

あと、ライブ撮影に詳しい方、返答お待ちしています!笑

| ぬん | 2012/07/19 23:55 | URL |

ライブハウスの撮影について。

はじめまして。
いつもこちらのブログを拝見させて頂いております。m(__)m

さて、ライブ撮影に詳しい!!!って訳ではないのですが、
以前良く撮影していたのでお答え出来るかと思い、勇気を振り絞って(笑)書き込みさせて頂きました。(^^♪

正直どれくらいのクオリティをお求めなのかで
お勧め出来るレンズは変わってきますが、70-200mmf2.8と18-50mmf2.8(もしくは27-70mmf2.8)が有ればどんな箱でも大丈夫かと思います。
(いつも近づいて撮影が可能ならサードパーティの大口径標準ズーム1本でもOKです)
特に意図した撮影でない限り、被写体ブレを防ぐシャッタースピードが必要なので、開放F値が明るいレンズが必要になります。
激しい動きを止めるのには1/1000秒くらいのSSが必要になります。

| ryo | 2012/07/20 18:09 | URL | ≫ EDIT

ryo様!勇気を振り絞っての回答ありがとうございます!(人ω<`)

明るいレンズが必要なのは何となくわかっていたのですが…シャッタースピードなども教えて頂き参考になります!
今ちょっと某価格サイトで見てきたのですがやっぱり高いですね。。。後者の方は頑張れば手が届きそうですが…もうちょっとお金を貯めてから出直したいと思います笑。

また何か質問する際には勇気を振り絞って教えて頂けると嬉しいです笑。回答どうもありがとうございました。

| ぬん | 2012/07/20 23:22 | URL |

ぬんさんへ

ryoさんが書き込んでいる通りです(笑)

自分は普段EOS 5D2+F4ズームで時折F2.8ズームをレンタルするのですが、特に暗いライブハウスでは1/50と1/100の差は歴然です。

まずは17mmか18mm始まりのF2.8ズームから初めて、さらに何が必要なのか検討されるのがいいでしょう。

APS換算75mmより長い焦点距離が必要なら、トリミングという手もあります。が、85mm前後の中望遠の単焦点もいいかと思います。速いシャッタースピードは本当にストレスが少なくて、歩留まりも良いですよ

| mishimanJP | 2012/07/21 10:09 | URL |

ライブ撮影

こんにちは。いつもブログを楽しみにしております。^^

趣味でバンドをやってる傍ら、友人のライブの撮影も楽しんでいます。

ライブハウスのような照明が落ち着いたところは、たいてい照度がかなり低いところが多いです。なので高感度に強いカメラが欲しくなります。被写体がJazz系のようなものならSSが1/60くらいでもなんとかなりますが、Rockのような動き多い物だと1/400以上欲しくなります。
僕の場合ですが、Canon EOS 5Dmk2にEF 24-105 F4L IS USMという組み合わせが多いです。
ライブハウスだとISO 6400~ISO12800で、SSが1/60~1/250くらいで撮影することが多いです。高感度域での撮影になるので仕上がりはややノイジーですが、それも味だと思っています。^^
ライブハウスの照明はたいていタングステン照明で、やや赤みがかった色気のないものになるので、彩度を調整したり、思い切ってクロス処理して発色を良くしたりします。どうしても色合いが良くない場合はモノクロという手もあります。^^
ライブの場合、撮影ポジションも難しいです。後ろの方から撮影するとオーディエンスが被り過ぎて見苦しいショットになることがあります。僕の場合ですが、最前列で広角から使えるズームで撮影することが多いです。間近で撮影した方が奥行き感があって、ダイナミックな画が撮れます。

ステージの場合は派手な照明で、照明が明るいときと暗いときの照度の差がとても大きいので感度設定に気を遣います。(なるべく低感度で撮影したい)
照明が明るいときはISO数千で十分ですが、暗いときはISOを12800まで上げることがあります。簡単に感度を変えたいのでカスタム設定に入れて、ファインダ越しにSSを見ながらダイアル操作でカスタム設定を切り替えることで感度を変えています。
ステージ撮影の場合は、最前列からの撮影だと壇上のコロガシ(モニタスピーカー)などが撮影の邪魔になることが多いので、やや後方のステージを見下ろす位置からの望遠での撮影がベターな場合が多いです。

ライブ撮影の場合はSS稼ぐのに明るいレンズはベターですが、被写界深度が浅くてやや使い難かったり、レンズが重くて機動力を落としてしまうこともあるので、F4くらいのあまり大きくないレンズと高感度に強い(高感度でも画が綺麗な)ボディとの組み合わせを選ばれるのも手かと思います。

ご参考になれば幸いです。^^

| masa | 2012/07/21 11:47 | URL | ≫ EDIT

わわわ、ぼんやりしていたらこんなにコメントが!
みなさんありがとうございます!(涙)

mishimanJP様>
17or18mm始まりのズームですね(価格さんで17-70mm見つけて気になっています←)たしかにトリミングという手もありますね。あと中望遠の単焦点ですか。ライブ撮影で単焦点という発想はなかったです。今後の参考にさせて頂きたいと思います!ぜひ!
やっぱりシャッタースピード早くできるのは魅力です。良さそう!って思った写真も意外とあとで見るとぶれててがっかりした記憶がありますので(…)

masa様>とても詳しい解説?ありがとうございます!撮影ポジションの話も参考になります。
確かに色調整難しいです。照明コロコロ変わるので;;モノクロはぜひ試してみたいと思います。あとISO感度の設定。カスタム設定いまいち何したら良いか…と思っていたので(←)設定して慣れたいと思います。
F4+感度に強いボディですね。ボディはもう所持しているので変えようがないのですが笑、弱くはないはずなので大丈夫そう?です。主に使っているレンズはレンズキットでついていた18-105mm,F3.5-5.6なので、これを使いこなせるようにするのもひとつの手なのかなーという気もしてきました。奥が深い。。。
あとこっそり?ブログ見ましたー。ベーシストで音楽も写真も好きなんて完璧ですね!(理想)写真もいちいち素敵です〜^^

皆さんこんな前後も左右もわからない私に色々教えて頂き本当にどうもありがとうございます。また困ったら助けて頂ければと思います。書いて頂いたことを1つずつ試していけたらと思います。なんかわくわくしてきました。ありがとうございますー。長々とすみません;;

そしてキヤノン率が高いことを知る今日この頃なのでした←

| ぬん | 2012/07/23 00:42 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。