PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 英語

Q:モデルとの会話は当然、タクマさんの得意な英語ですよね。
どんな会話をしたのですか?

A:あなた、僕を誰だと思ってるんですか?
カメラマンの宅間國博ですよ!!

当然英語で会話するに決まってるじゃないですか!!

通訳の人が(笑)

そうです。

僕は自分が話したいことを英語で自由自在に話すことなどできません(笑)

こういった撮影では、俳優さんと一緒に来てくれる通訳の方に同時通訳してもらってるのです。

海外の人を撮る時は、その人の国の言葉を話せる通訳の人が必ず一緒に就いて来てくれます。

だから、被写体になってくれる人に挨拶をした後は<挨拶くらいは、僕でもできますよ(笑)>

中学1年で学ぶ英語さえ知ってれば、大丈夫です。

ところが、おもしろいのが・・・

ハリウッドスターみたいな人達に、部屋に入ってくるやいなや「は〜い元気!!」って英語で声をかけられると、一瞬固まってしまって、返答しないでただニコニコしてうなずいてる人が多いですね。

みなさん、偏差値の高い大学を卒業されてる方達なんだけど、一瞬固まってます(笑)

こういったことは、学歴でも学生時代に英語が得意だったみたいなことは関係ありません、慣れです「はい」

話が逸れましたけど・・

僕の場合、ハリウッドスターでも韓流スターでも、ご本人にその国の言葉で挨拶をしたあとは一緒に就いて来ている通訳の人に「今日は同時通訳よろしくお願いしますね、いい写真が撮れるかどうかは、あなたの通訳に掛かってますからね(笑)」と、笑顔でお願いしています。

ただ、僕が日本人を撮ってる時にいつも声をかけてるような言葉(単語)は、被写体になってくれている人の母国語で僕自身が発しています。

日本人の時に言う「いいね!!」「カワイイ!!」「それそれ」「今の表情、最高!!」みたいな感じの言葉を

英語圏の人だったら「グッド!!」「ビューティフル!」「グレイト!!」「エクセレント!!」みたいな単語を、その時の相手の表情をみながらそれぞれ使い分けています。

外人モデルさんの場合は、撮影後に「今日は凄くよかったよ!」といったニュアンスが伝わるねぎらいの言葉を英語で言っています。

韓流スターでもほぼ同じ単語を韓国語で言っています。

撮影前に、手にマジックで書いてます(笑)

学生のみなさん、安心して下さい。

カメラマンになるんだったら、英語は絶対に話す事ができなかったら外人モデルを撮影することはできない、なんて心配しなくても大丈夫です。

自分が日本人を撮影をする時に、いつも使ってる日本語の部分の英語の単語さえ知っていれば、撮影は普通にできます。

ただし、英語を普通に話すことができたら、会話をしながら撮れるのでよりいいですね。

僕が言ってるのは、日常会話が話せなくても写真は撮れるということです。

ただし・・通訳もいない海外で1人で現地の人達を撮影する時は、その国の言葉を少しは話せないとダメですよ。

日本に来る欧米の俳優さん達は、カメラマンが英語を自由自在に話さなくても・・

カメラマンの仕草を見て、カメラマンが今こんなことを自分にして欲しいんだなぁ〜ということは理解してくれるものです。

前ページの顔に手を当ててるポーズも、僕が自分の顔に手を当てて「こんなポーズしてもらえますか?」と日本語で言ったら、通訳さんが通訳する前にそのポーズしてくれましたからね。

撮る人と撮られる人の、目には見えない「以心伝心力」です「はい」

121010-6.jpg
*瀬戸内海の写真

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2012年10月11日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

> 撮る人と撮られる人の、目には見えない「以心伝心力」

これです! これ!
日本人同士でもこの「以心伝心力」がいちばん大事ですね。
私は女の子の(エロい)写真ばかり撮つてゐますが、
いちばん大事なのは、まさにこれだとつくづく思ひます。

| T-T.N | 2012/10/12 03:46 | URL | ≫ EDIT

今日の瀬戸内海写真、これぞ瀬戸内海と言う写真ですね。
ありがとうございます。

| ますいしんいち | 2012/10/12 21:50 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。