PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

犬、ネコを撮るカメラマン営業方法

Q:私は最近までカメラマンのアシスタントをしていて現在少しづつ撮影の仕事を始めた者です。
アシスタントをしていたカメラマンの方はずっと人物を撮られていた方で、私は将来動物の写真撮影の仕事もやりたいと思っているのですが、タクマさんはどうやって「いぬのきもち」の撮影の仕事をはじめられたのでしょうか。
撮影の依頼があったのでしょうか、それともご自分で営業に行かれたのでしょうか。
ご経験を教えていただけたら幸いです。
お忙しい中すみませんがよろしくお願い致します。

A:返答です。

実は「いぬのきもち」の撮影の仕事に関しては、僕が営業活動をしたから撮影依頼が来たということではないのです。

僕は犬が大好きなので「犬」ではなく「わんちゃん」と書かせてもらいます(笑)

この雑誌の表紙のコンセプトが、犬の雑誌の表紙だから当然表紙は「わんちゃん」の写真を使うのですが、犬を人のように撮る表紙というコンセプトだったのです。

そこで「わんちゃん」を専門に撮っているカメラマンではなく「人物が得意なカメラマンに撮ってもらおう」ということでカメラマンの選定が始まったのです。

人物が得意なカメラマンの中から、グラビアアイドルなど女の子を専門で撮ってるカメラマンやモデルなどのファッションを専門で撮ってるカメラマンより「男性も女性も撮れるというカメラマンがいいね」ということでカメラマン選びがスタートしたわけです。

そこで、「男性も女性も撮れるカメラマン」というカメラマンの中に僕も入ってたわけです。

今度は、その中でもせっかく「わんちゃん」を撮ってもらうのだったら、カメラマン自身が「わんちゃん」を好きな人がいいのでは?と、カメラマンを選ぶ枠が狭くなってきたわけです。

人物の撮影が上手くて、尚かつ「わんちゃん」が好きなカメラマンって誰だろう?

・・・と探している時に「あっ、宅間さんがいた」と、僕の名前があがったわけです。

ここで、なぜ僕が「わんちゃん」を好きなカメラマンだということを知っていたのか?ということです。

実は、当時の僕はラブラドールを飼っていて、事務所にも一緒に通勤して、撮影がスタジオなどの場合はスタジオにも連れてっていたのです。

撮影に行く時の車の中は、助手席にラブラドールが座って、後ろの席に2人のアシスタントが座ってるという、変な移動でした(笑)

また、請求書などを書く時の便せんにもうちのラブの写真を入れていたのです。

だから、僕自身が何も言わなくても、仕事関係の人達に「タクマさんって犬が好きなんだ」というイメージが出来上がっていたのだと思います。

そこで・・・

男性も女性も撮れるカメラマン→わんちゃんが大好きなカメラマン→タクマさんはどう?

みたいな感じで僕に声が掛かったのだと思います。

だから、僕自身がわんちゃんの作品を持って営業に行ったのではないのです。

僕に声が掛かった時も、僕自身が「えっ、どうして僕ですか?」って聞きましたから(笑)

そして、第一回目の撮影。

僕はいつもどおり、人を撮影するスタジオを押さえてそこで人を撮るライティングをセットして撮影を始めたのです。

ところが・・・

子供のわんちゃんにとっては、人を撮るスタジオってものすごく大きいわけですね「当たり前のことですけど(笑)」

極端な話、人を体育館くらいのスタジオで撮るようなものです。

広〜いスタジオの真ん中に「はい、ここに立って下さいね〜」と言いながらわんちゃんを置いた瞬間、た〜〜〜と走りだしてしまったのです。

広いスタジオの中を縦横無尽に(笑)

この時は「いや〜〜これは大変な仕事を引き受けてしまったなぁ〜」と、思いました。

ところが・・・

スタジオ中を走り回っても、おしっこをしても、うんちをしても、寝てしまっても、とにかく、わんちゃんのすべての行動がカワイイのなんの・・・

・この第一回目の撮影以降、どうやったら子わんちゃんの目線ありの写真を撮ることができるのか?

・スタジオはどれくらいの大きさがベストなのか?

・どんなライティングにしたら、自由自在に動き回る子わんちゃんを自由に撮れるのか?

・どんな表情や動きが可愛いのか?

・どんなおもちゃが喜んでもらえるのか?

などなど、試行錯誤した結果、今では目線ありの笑顔のわんちゃんを撮れるようになりました。

今回の質問をされてあなたも、ぜひ好きなものを撮る仕事をして下さい。

本当に楽しいですから、同じ撮るという行為でも自分の中から湧いてくるエネルギーが違いますよ。

営業方法に関しては

僕が今までに経験した営業ノウハウをすべて公開している→DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)をぜひご覧になって下さい。


こちらです→DVD1〜6のDVD6です。

121010-17.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2012年10月28日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

犬の気持ちと赤ちゃんの気持ちは意思の疎通が難しい分、似てるかもしれません。
赤ちゃんは目線がシンクロすると結構可愛く撮れます。わんちゃんはボクの苦手意識が有る分、どうも上手くいきません。特に大型犬は。。。
最近わんちゃんと一緒の家族写真が予約で入るとドキドキしてしまいます。
がんばります。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2012/10/28 22:30 | URL |

先日質問させて頂いた者です。

お忙しい中ありがとうございました!
お仕事を始めるまでの経緯や雑誌のコンセプト、撮影現場でのことなどなど、とても興味深く参考になるお話を聞くことができて、自分の中でモヤモヤっとしてたものがだいぶスッキリしました。
撮影現場を想像したら本当に楽しそうで楽しそうで、やりたい気持ちがさらに強くなりました。
タクマさんに聞いてみて本当に良かったです。
ありがとうございました!

| takaaki | 2012/10/31 03:38 | URL |

*ますいさんへ
大型犬は、やさしいので怖がらなくても大丈夫ですよ。
一番怖いのは大人の人間ですから(笑)

* takaakさんへ
好きなものを撮るのは、メチャメチャ楽しいので諦めないで頑張って下さい。

| タクマクニヒロです | 2012/10/31 18:36 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。