PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真のテイスト

下の写真は、今発売されている+act(ワニブックス刊)に掲載されている写真です。

撮影前の打ち合わせで、ロックテイストが感じる写真を撮って欲しいという要望があったので「コントラストを強調した写真にしよう」ということを考えながら撮影現場に行きました。

そして、撮影現場を見てびっくり!!

その場所は、壁も床も絨毯(じゅたん)テイストの素材で覆われている場所だったのです。

ロックテイストの写真とは真逆の、やわらかくて、あったか〜〜い空気感を感じる場所でした。

撮影前に、もっとクールな感じの場所だと勝手に思っていたので「いや〜〜これは参ったなぁ〜」と思いながらも、撮影準備時間が15分もなかったので、大急ぎで「どこで、どんな光で、どう撮ればいいか?」と、頭から湯気が出る感じで考えました(笑)

そこで・・・

影を強調したライティングで撮って、表情は本人に任せて(笑)、撮影後にデジタル処理でコントラストを強調して、この撮影場の柔らかい空気感をロックテイストにしよう!!と決めたのです。

壁と床の色を普通に出したのでは、絨毯テイストのやわらかくて、あったか〜〜い空気感のする写真いなってしまうので、背景の色を消す為にモノクロにして被写体が着ていた服の模様の中の赤だけを強調しました。

ファッション、CDジャケット、広告などの撮影はロケハンはしっかりとできますので、コンセプト通りの場所で撮影できます。

ただ、こういった雑誌の取材ページの撮影では、撮影当日にならないと撮影場所がわからないので、撮影現場に到着するやいなや、短い時間内で「どう撮るか?」ということを考えなければいけません。

だから、事前にあらゆることを想定して仕事に望むことをお勧めします。

フリーカメラマンは、会社員ではないので「あれは想定外でした」という言い訳はできませんから。

例え想定外のことがあったとしても、可能な限りクライアントさんが望んでいるものに近い状態の写真を作り上げていくのがプロなのです。

この為には、日頃何を考えているか?何を見ているか?ということが大切になるのです。

日々の自分の行動が、カメラマンとしての感性を高めてくれます。

日常、あなたが目にするもの、耳にするもの、そのすべてが、あなたのカメラマンとしての感性を高めるヒントになるのです。

121028-1.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2012年11月04日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

いつもブログ拝見しております。

私自身、男性のライティングで悩むことが多いため、毎回、ブログを参考にさせて頂いております。
今回も、影を強調する方法は、大変勉強になります。

ご質問ですが、ブログを遡るりながら拝見していくと、タクマさんは、被写体が男性の場合、定常光を使うことが多いように思います。
「男性を撮影しますよ」という時、ライティングの発想は、「定常光」を使うことからスタートするのでしょうか?

| 踊るカメラマンAKIRA | 2012/11/05 10:15 | URL |

影、いい感じですね。
とても苦労したようには感じないですね。生命感が溢れていると思います。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2012/11/05 13:38 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。