PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 競合他社への営業はしても大丈夫でしょうか?

Q:今年は雑誌のお仕事をしたいと思ってます。

そこで出版社へ出向くのに競合他社のところへ... というのは大丈夫なのでしょうか?

採用してもらうにはまずはいろんな出版社へ営業して私というカメラマンの存在を知っていただかなくては..と思うのですが...。
問題ありますか?

A:僕なりの返答です。

もしあなたがある雑誌の編集部の人で僕が新人カメラマンだとします。

数ヶ月前に僕が「ぜひ、この雑誌の仕事をさせてもらいたいのですが」と、あなたに作品を見てもらいました。

あなたは、僕の作品を見た後に「このカメラマンに撮影を依頼してみたいな、そうだ、来月の自分が担当するページの撮影を依頼してよう」と思っていた時に・・・

あなたがやってる雑誌の競合誌の今月号を見たら、その雑誌の中で僕がすでに撮影をしているのを発見しました。

その時に、僕の作品を見て「今度このカメラマンに依頼してよう」と思っていたあなたは、どう感じますか?

A-「おお、やっぱりいい写真撮ってるな、ぜひうちの雑誌でも撮影してもらおう」と思う。

Bー「えっ、うちで仕事をしたいと言って作品を持って来てたのに、すでに競合誌の撮影してるじゃん!!あのカメラマンってそんな人?」と思う。

あなたが・・・

Aのタイプの人でしたら、競合誌への営業をしても問題ありません。

Bのタイプの人でしたら、競合誌への営業は控えた方がいいです。

どうして、僕がこういったアバウトな返答をするかというとですね・・・

僕の経験上、編集部の人にはAとBと両方の人がいるのです。

というか、世の中には色んな考え方をしている人がいるということです。

だから、あなたがAと感じる人の場合は、編集部の人も当然自分と同じ考え方をすると思ってる筈ですので、競合他社のことは気にしないで、どうどうと営業活動をしたらいいのです。

また、Bと感じる人は、編集部にも自分と同じ考え方をする人がいる筈だと思って、自分が嫌だな〜と感じることはしないという道を歩めばいいのです。

ちなみに、僕は古い人間ですので(笑)・・・・「B」です。

今日の返答は、あくまで僕の考え方です。

「そんなこと気にしないで、最初から競合他誌にもどんどん営業すればいいじゃない」と思う人は、その思いを通せばいいだけですのでご安心下さい。

あなたの作品を見てくれた人が「今回あなたが質問されたことをことをどう捉えるか?」ということを・・・
あなた自身がどう捉えるか?ということが、あなたの答えです。

なぜなら、こういったことに正解はないからです。

僕の経験上・・・同じ編集部でも色んな人がいるということです。


僕の答えは・・・

もしあなたが逆の立場だったらどう捉えるのか?ということが、あなた自身の答えだと思いますね。

僕が何かあった時にいつも考えるのは・・・

「もし逆の立場だったらどうだろう?」ということです。

でも・・この時浮かんだ想いが、他の人にとって正解とは限らないという事です。

最終的には、誰が見ても「この作品いい!!」というブックを作ったら・・・

競合他誌からの撮影依頼は、あなたが「どうしよう?」と悩むくらい来ます(笑)

こういった場合は、他の雑誌も「うちをやってくれるんだったら、競合誌をやっていても問題ないですよ」と言ってくれるよになります。

これも、僕が経験したことです。

この時は、競合誌の担当者おのおのが納得してくれたので気分的に楽に仕事ができました。

それでは、今年は・・

あなたの作品を見てくれて編集部の人達が「あなたに撮影を依頼したい」と思ってくれるような、いいブック(作品)を創って営業して下さい。

121230-26.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2013年01月10日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

タクマさん、ボクもBです。
ちなみに、本当に気に入ったお店や場所は滅多に人には教えません。うふふ。

| ますいしんいち | 2013/01/11 11:33 | URL |

いろんなタイプの編集部の方々がいらっしゃるんですね。これから先、営業をする時が必ず来るでしょうが僕も田舎育ちと言う事もありBタイプがしっくりきますね。

| 前田勇輝 | 2013/01/11 13:15 | URL | ≫ EDIT

タクマさん
早速回答いただきありがとうございました。
編集部でも色んな人方がいらっしゃるのですね。
撮影しているカメラマンの顔がその雑誌に掲載されるわけでもないのに
カメラマンが編集部に縛られる必要があるのか?
疑問に感じてしまいましたが人それぞれ考えが違うのかもしれませんね。
貴重な感想が聞けてよかったです。
ありがとうございました。

| あゆむ | 2013/01/11 16:27 | URL | ≫ EDIT

街角での撮影について

タクマさんこんにちわ。趣味で写真を撮っているものです。
街角で撮影された写真に多くの人が写り込んでいました。人を撮るときは許可を得て撮るものだと思っていたのですが、かなりの人が写り混んでいる写真は許可をとっているのでしょうか?それとも、苦情が来る事を覚悟で撮っているのでしょうか。タクマさんはどのように対処しているのでしょうか。

| オコタニ | 2013/01/14 23:04 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。