PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンがアシスタントにしたい人

Q:今からカメラマンを目指す1人です。
まずはアシスタントにつかせていただけるカメラマンさんを探そうと考えてるのですが、タクマさんがアシスタントにしたいと思う人はどんな人ですか?
最初に重要だと思うカメラのスキルや人間としてのスキル等を教えていただけないでしょうか?

A:僕なりの返答です。

もし、あなたがすでにプロカメラマンだとしましょう。

仕事が忙しくなりアシスタントが必要になったのでアシスタント募集をしました。

そこに、多くの人があなたのアシスタントになりたいと応募してきました、あなたはどのような人をアシスタントとして選ぶでしょうか?

1−フイルムカメラしか使ったことがなくて、デジタルカメラは1度も使ったことがないという人と、

あなたが使ってるカメラは使ったことはないけれど、自分のカメラは持ってるのでデジタルカメラの使い方は理解している人。

2−面接の時に、こちらの質問に対してすぐに答える人と「え〜と」と言いながら少し考えてから答える人。

3−ウインドウズやMacをすでに使っている人と、スマホしか使ったことがない人。

4−スタジオマンだったのでライティング機材を使いこなせる人と、ライティング機材のことはまったく知らない人。

5−撮影したあとで写真にレタッチする為に必要なフォトショップなどの使い方を知ってる人と、レタッチワークのことはまったく知らない人。

6ーあなたの事務所までの通勤時間が2時間くらいかかる場所に住んでいる人と、近くに住んでいる人。

7−面接した時に笑顔がよくて明るい人と、表情が暗くて声も小さい人。

8−学生時代に、運動部などの部活動を入部してから最後まで辞めないで続けた人と、部活など1度もしなかった人。

9−学生時代にアルバイト経験がある人と、1度も経験がない人。

10ー今まで何度も職を変えて会社を辞めた理由の殆どが職場での人間関係と書いてる人と、1つの仕事をず〜とやってきて、どうしてもカメラマンになりたいから会社を辞めたという人。

11−あなたより年齢がず〜と若い人と、あなたより年齢が上の人。

12−持って来た作品を見て「いい写真撮るな〜」と感じた人と「何?この写真」と感じた人。

13−元気そうな人だなぁ〜と感じた人と、弱々しくて「この人僕の重たい機材持てるかな〜」と感じた人。

14−話しているうちに趣味が自分とあっておもしろそうと感じた人と、うわ〜趣味まったく違うな〜と感じた人。

15−地方の人で、「採用が決まったら東京に引っ越して来るつもりです」という人と、「もう東京にアパートを借りましたのでいつからでも働くことができます」と言う人。

16−「週休2日は休めますか?夏休み冬休みは何日ありますか?」と、休日のことを気にする人と、「この仕事は、いつ休めるか分からないという覚悟です」と言う人。

・・・などなど、これ以外にも数えきれない程たくさんあります。

今書いたことは「どちらの人を選ぶのが正しいです」と言いたくて書いたのではありません。

なぜなら、カメラマンによって自分のアシスタントになる人に望む内容が違うからです。

僕が言いたいのは・・・

あなたがカメラマンだったら「こんな人を自分のアシスタントとして採用したい」と感じた人に、あなたが自身がなればいいということです。

そうしたら、あなたと相性(価値観)があったカメラマンさんのアシスタントに採用される可能性が非常に高くなります。

これは、カメラマンのアシスタントに関してだけ言えるのではありません・・・

就職活動をしているみなさん全員に言えることなのです。

「会社はどのような学生(人)を採用したがるのか?」という問いの答えは・・・

「あながが会社の経営者(社長)だったら、どのような学生(人)を採用したいのか?」ということなのです。

これが、今日の僕なりの返答です。

130124-8.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2013年02月04日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

こちらでも答えていただきましてありがとうございます!
夢への第一歩を踏み出すうえで凄く参考になりました。
自分自身が良いと感じた人間に少しでも近づき面接に向かえるよう日々過ごします

| 前田勇輝 | 2013/02/04 22:04 | URL | ≫ EDIT

ボクだったら、やっぱり明るく元気で笑顔が絶えない人。そして得意芸を持ってる人でしょうかね。

| ますいしんいち | 2013/02/04 22:44 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。