PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

34歳でもアシスタントになれますか?

Q:私は日本で留学中の外国人です.
グラビア写真を学ぼうとして日本に来ました.
34歳でアシスタントとして働くことは大変ですか?
普通何年くらいアシスタントとして働いてフリーカメラマンになりますか?

A:僕なりの返答です。

34歳でカメラマンのアシスタントになりたいと思ってトライしようとした場合、34歳という年齢が非常に大きな壁になります。

そのうえ、留学生となると日本語のコミュニケーションがどれくらい出来るのか?ということがもう1つの壁になります。

まず、カメラマンがアシスタントを募集する場合、余程の理由がない限り自分より年下の人を選びます。

年齢、留学生ということで、あなたがカメラマンのアシスタントになれる可能性は低いと思います。

ただ、0ではありません。

可能性があるのは・・・

あなたをアシスタントにしようとするカメラマンがあなたに対して心配する項目を0にすることです。

また、それ以上にあなたという34歳の留学生をアシスタントにしたら、カメラマンにとって、このような利点が生まれるということを、カメラマンにアピールすることです。

1−日本語でのコミュニケーションは日本人と同じようにできるということ。

2−カメラマンが使っているデジタルカメラを自由に使いこなせる。

3−レタッチワークが非常に得意(カメラマンが望むことはすべてできる)

4−英語や他の外国語が話せるので、カメラマンに英語やあはなの母国の言葉を教えてあげることができる。

5−給料は最低限でいい。

6−休みは少なくてもいい。

7−「この留学生は才能があるから、私がなんとかカメラマンになれるようにしてあげたい」と思ってくれる作品を作る。

まだまだ、色々あると思いますけど・・

こういったことを、アピールすれば、数多くいるカメラマンの誰かはあなたをアシスタントにしてくれる可能性はあると思います。

また、何年アシスタントをしたらフリーになれるのか?ということですが・・・

これは、カメラマンによってそれぞれ違いますが、大きくわけると下の2つです。

1−カメラマンに「そろそろ、フリーになってもいいだろう」と、許可をしてもらわない限り、何年経ってもフリーにはなれない。

2−「うちの事務所は、アシスタントになんる期間○年間です」と、最初から決めているのでその期間が過ぎたら自動的にフリーになれる。

です。

僕が言いたいのは・・

「あなたをアシスタントにしたら、どのような利点があるのか?」ということを、あなたなりに考えてカメラマンに強烈にアピールすることです。

留学生でも、年齢が34歳でも、あなたがカメラマンのアシスタントになれる可能性は0ではありません。

また、プロカメラマンになる方法はカメラマンのアシスタントになるだけが道ではありません。

僕のように独学でカメラマンになる方法もあります。

人は、どのような境遇の人でも・・・

いつか、必ず死にます。

あなた自身が、いつか死ぬ時に・・・

「あ〜〜あの時、どうしてトライしなかったんだろう・・・」

「何を怖がっていたんだろう」と後悔しても・・・

やってもいないことに心配している『今』には100%戻ることはできません。

あなたが「カメラマンへの道」を歩むか、辞めるのか?ということを決めるのも・・・

あなたが相談した廻りの人ではありません。

最後に決めるのはあなた自身です。


怖がる事はありません。

あながた、自分の夢に向かってトライしてそこで得た経験は・・・

例え、その夢は叶わなかったとしても・・・

そこで得た経験は人生の宝物になります。

そして、その後の長い人生を歩む時に役に立つ素晴らしい装備になります。

夢を叶えるという人生ゲームは、自分が試合終了の笛を吹かない限り続行できる素晴らしいゲームです。

決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分で歩んで下さい。

130124-6.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2013年02月06日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

チャンスは与えられるものではなく自らが勝ち取るもの!とタクマさんはいつも言っています。お互いがんばりましょう。
日本語以外に何カ国語を話せるか?これは大きな武器になります。頑張って下さい。

| ますいしんいち | 2013/02/06 23:09 | URL |

日本自体も好きだと思います。
語学力は自己表現を豊かにしてくれると思います。
自分は自国語しかできません・・・
応援させていただきます。

| m | 2013/02/07 12:04 | URL |

自分自身が後で後悔しないような生き方をしたいですね。
僕も応援してます

| 前田勇輝 | 2013/02/07 17:00 | URL | ≫ EDIT

助言ありがとうございます.
深く刻んで聞きます.

| guest | 2013/02/08 09:26 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。