PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 マンネリズムの解消法。

Q:質問です.

写真を撮りながら 'この場所にはこのポーズにこの表情だろう!!', 'この道具を使えばこのポーズだ!'って

決まった法則を決めておいて、似ているポーズ,表情,構図を撮るようになりますね。

もちろん、これが撮影スタイルで決めておくこともできるが、持続するほどマンネリズムに抜けてしまいますね
どのようにすれば解決することができますか?

A:それでは、質問への返答です。

答えはシンプルです。

あなた自身が同じポーズで撮るのが嫌だったら同じポーズ、構図、表情で撮らなければいいだけです。

決まった法則で撮るのが嫌だったら、法則どおり撮ることを辞めて違う撮り方をトライすればいいだけです。

撮る時の自分の意識を変えるだけでいいのです。

「変えるといっても、どう変えて撮ればいいのかわからない」という場合は・・

色んなカメラマンが撮った写真を見て、今までで自分が撮ったことのない撮り方(構図、表情、ポーズ、ライティングなどなど)をしていたら、その撮り方をあなたなりにトライしてみればいいと思いますよ。

そうすることで、今までにない撮り方ができるようになりますから。

僕の場合は、好きな構図、表情、ポーズがあるので、いつも同じような写真を撮っています。

それが、自分の個性だと思っているので自信を持っていつも同じような撮り方をしています。

そして、自分でも飽きた時は新しい撮り方をトライしています。

レギュラーでやらせてもらっている仕事は、前回と同じような写真にはならないように・・・

意識して、構図、表情、ポーズなどを変えたカットを撮るようにしています。

でも、気がついたら撮影の途中から以前の撮り方に戻っていますね(笑)

なぜなら、その撮り方が好きだからです。

写真の撮り方は、数学と違って正解はないんですよ。

自分がこれがいいと思ったら、その人にとってはその撮り方が正解なのです。

あまり細かなことを難しく考えないで、撮影する時は、撮ることをおもいっきり楽しんで下さい。

カメラマン自身が撮影を楽しんでいることが。、いい写真を撮る秘訣です。

カメラマンの精神状態は写真に映りますから。

また、撮る被写体が人の場合、撮られる側の人にあなたの悩んでいるエネルギーが伝わるものです。

細々と難しいことを考えるのは、評論家の先生達に任せればいいのです。

カメラマンは、楽しく、笑顔で、写真を撮れるということに「ありがたいなぁ〜」の気持ちで撮る!!

これが、僕の返答です。

今日、僕が書いたことを読まれて・・・

「いや、自分は色々と悩みながら撮るのが写真だと思う」と感じた人は・・・

その考え方が、あなた自身の正解なのです。

だから、僕が言ってることなど気にしないで、あなた自身の「カメラマンへの道」を、どうどうと歩めばいいのです。

それが、宅間流「カメラマンへの道」なのです。

130125-1_20130217141343.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2013年02月17日 | コメント:8 | TOP↑

コメント

師匠 すみませんさっそく呼んでみました(笑)
僕も早く写真で一人前の仕事をしたいです!
大変な時もあるでしょうが夢が叶うと楽しくて仕方ないんでしょうね。
いや〜楽しみです!

| 前田勇輝 | 2013/02/17 15:05 | URL | ≫ EDIT

気持ち良さそうに飛んでますね!高所恐怖症のボクは鳥にはなれませんが。。。
写真生活を永く続けているとカメラマン自身が気がつかないうちにその人の個性というか、味というか、くせがみごとに写真に反映されるそうです。ですから観る人がみると誰が撮ったかすぐわかるそうです。そこを外すのが達人かもしれませんね。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2013/02/17 16:55 | URL |

精神状態が映る、とおっしゃるのは人が対象だとよくわかります。その時の自分の気持ちが撮った写真のその人の表情にバッチリ浮かび上がってます。まるで「鏡」のようです(笑)

| naru | 2013/02/17 22:37 | URL |

ありがとうございます!
自分ばかりの色も維持して
新しい試みもしながら多くの頑張ります!!

| guest | 2013/02/17 23:20 | URL | ≫ EDIT

質問です。

いつも興味深くブログを拝見しています。
質問ですが、照明に関してです。
普段自分はライブハウスで写真を撮っています。
ライブハウスの照明はハロゲンとLEDがあるみたいなんですが(他にも種類があるかもしれませんが…)、
それぞれの特徴(もしくは違い)はなんでしょうか?
また、それぞれの照明下で撮影するときに留意することがあれば教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

| ウノマサキ | 2013/02/18 00:30 | URL |

IDOL写真集撮影の知りたい点があります.
雑誌撮影の場合普通当日
数分から 1~2時間位に日程が決められているようです.
写真集の場合普通日程構成がどうなりますか?
季節別や天気別(晴れた日, 雨降る日)で構成された写真集があったり
当日撮影分で構成された写真集もあるようです.
日程構成の協議はどのようにするのか、タクマさんはどんな日程を好きか知りたいです.
いつもありがとうございます

| kiyoko | 2013/02/18 11:17 | URL | ≫ EDIT

初コメントです!

タクマさん
いつもとても貴重な内容の記事を読んでとっても勉強になります!
僕は高校3年生(来月卒業)なのですが、写真が大好きで毎日写真を撮っています。
まだ高校生の僕には写真についてわからない事が多いのですが タクマさんのブログでは写真家についてたくさんの知識を得る事ができて、楽しくみています。

ブルー・ノートもとてもおもしろかったです!

| アサヒ | 2013/02/18 12:04 | URL |

*今日のブログの内容に関して、人の名前を書いてホメて頂いた方へ。
ホメて頂いてうれしかったのですが、固有名詞が書かれていたので申し訳ないのですが掲載できませんでした。
このコメント欄には、人の固有名詞は掲載しないことにしていますので、ご理解いただければ助かります。

| タクマクニヒロです | 2013/02/18 14:43 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。