PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

アイドル写真集、撮影

Q:アイドル写真集撮影の知りたい点があります.

雑誌撮影の場合普通当日 、数分から 1~2時間位に日程が決められているようです.

写真集の場合、普通日程構成はどうなりますか?

季節別や天気別(晴れた日, 雨降る日)で構成された写真集があったり 当日撮影分で構成された写真集もあるようです.
日程構成の協議はどのようにするのか、タクマさんはどんな日程を好きか知りたいです.
いつもありがとうございます

A:僕なりの返答です。

写真集の撮影の場合、都内とか関東近辺で撮影する場合は撮影する日数は平均2〜3日が多いです。

北海道や沖縄など飛行機移動してロケに行く場合は、早朝に出発して、着いたその日はロケハン、次の日から2日間が撮影日に当てて、最終日の4日目は雨予備日にして、前日までに予定通り撮れていたら飛行機の時間まで自由行動にしてその日の最終便で帰るという感じです。

海外でロケの場合も同じような感じで、行きと帰りの移動で2日、現地でのロケハン&撮影3〜4日+雨予備として1日という感じでだいたい1週間くらいです。

撮影が予定通りに終わって、雨予備日が自由に過ごせるようになった場合は、スタッフ全員自由行動です。

ゴルフに行く人、海やプールで遊ぶ人、ショッピングに行く人、観光地に行く人、などなど好き勝手です。

僕の場合は上のどれにも当てはまりません、もちろん仕事以外の好きなことをしています(笑)

・・・・・・・・・

色々なパターンを書きましたけど、予算やアイドルが写真集撮影の為に取れる日数などで変わります。

また、数ヶ月掛けて日本や海外の色んな場所で撮る場合もあります。

僕が今までで一番日数が少なかったのは、都内と関東近辺で写真集1冊を2日間で撮影しました。

いつ、どこで何を撮るのか?という打ち合わせは、撮影をする前に東京で細かく予定を立てます。

そして、現地に行ってから予定していた場所をロケハンして予定の細部を調整します。

撮影日は、その日の天気や色んな状況(アイドルの体調など)を見て、撮るか?中止にするか?撮影順序を変更するか?どのカットから撮るのか?という構成を考えます。

このあたりは、すべてカメラマン主導で行うことが多いです。

たま〜に、アイドル本人が決めることもありますけどね(笑)

殆どは、カメラマンが決めます。

なぜなら、撮るのはカメラマンだからです。

Q:タクマさんはどんな日程を好きか知りたいです.

A:僕は、1日でも早く撮り終える日程が好きです(笑)

130219-7.jpg
*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンのワークフロー | 2013年02月20日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

水族館癒されますねぇ〜。きょうもありがとうございます。

| ますいしんいち | 2013/02/21 10:08 | URL |

ありがとうございます.
ストーリー構成,日程,場所,日程の間の天気
思う部分が多いですね

そして, 最小限の日程で良い写真が出れば
事務所側では好きですね (笑)

| kiyoko | 2013/02/21 12:28 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。

初めまして。

タクマさんのブルー・ノートを見て、
いてもたってもいられなくなり、
気づけば写真館で働いていました。

それからタクマさんのHPを探してこのブログに出会い、
毎日楽しく読ませて頂いております!!


タクマさんに質問です。

タクマさんがスタジオのアシスタントを辞め、
独学で写真を勉強されていた期間、
まずはどんな機材から集めようとしていたのでしょうか?

私も自分でもっと勉強しなきゃと思う日々なので...
もし良ければ教えて下さい!!

宜しくお願いします!!

| カネナリ | 2013/02/21 19:52 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。