PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになる為に必要な機材を教えて下さい。

 Q:初めまして。
タクマさんのブルー・ノートを見て、 いてもたってもいられなくなり、 気づけば写真館で働いていました。
それからタクマさんのHPを探してこのブログに出会い、 毎日楽しく読ませて頂いております!!

タクマさんに質問です。

タクマさんがスタジオのアシスタントを辞め独学で写真を勉強されていた期間、 まずはどんな機材から集めようとしていたのでしょうか?

私も自分でもっと勉強しなきゃと思う日々なので... もし良ければ教えて下さい!!
宜しくお願いします!!

A:返答です。

まず、僕はスタジオのアシスタントになった経験はないのです。

もう歳をとっていたので年齢制限でどのスタジオも無理だったのです。

というわけで、プロカメラマンのアシスタントになったのです。

でも、アシスタント生活は3ヶ月しか続きませんでした。

理由は、プロカメラマンのアシスタントとして日々の仕事をやりとげる根性がなかったからです。

中判カメラ、4×5カメラ、大型ストロボなどの使い方をまったく知らなかった上に、地理がまったくわからなかったので東京での車の運転にもなれず、僕には荷が重すぎました。

だから、僕はみなさんに「君は根性がない人だな」とは口が裂けても言えません。

そこから、もう独学でカメラマンを目指すしかないと思って、自分なりの「カメラマンへの道」を歩み始めたわけです。

その時持っていたカメラは、1眼レフボディー2台と24ミリ、50ミリ、135ミリのレンズ3台だけです。

クリップオンストロボ、露出計、大型ストロボ、中盤カメラなどは持っていませんでした。

それらは、必要な時にレンタルしていました。

この時代は、フイルムカメラだったということと、ズームレンズも暗くて圧倒的に単焦点レンズの方が性能がよかったので、

単焦点レンズを3台と、1回の撮影でカラーとモノクロを分けて撮る為にボディーを2台持っていたわけですが・・・

もし、今僕がこれからプロになろうとしている若者でしたら

・フルサイズの1眼レフ1台・24〜105ミリズームレンズ1台・クリップオンストロボ1台

この3つだけを揃えます。

これで、建築、料理、スポーツ以外の殆どの撮影が可能だからです。

僕が今やってる仕事で使ってるレンズは・・

撮影の80%が24〜70ミリ、残りの20%が70〜200ミリなので、24〜105ミリズーム1本があれば、もう95%の撮影は、この1本で大丈夫だということです。

あとは、必要な機材をレンタルすれば大丈夫です。

3脚も400ミリ600ミリという望遠レンズを使わない限り必要ありません。

そうそう、上の3つ以外に・ノートパソコン・プリンター・フォトショップのようなデジタル処理をするモノは必要です。

まず、今自分が持ってるカメラとレンズの特性を知り尽くして使いこなすことです。

そしてカメラ以外に、フォトショップのようなデジタル処理をするモノを使いこなせないと、これからはプロにはなれません。

それでは、撮影を楽しんで下さい。

130219-13.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラ・レンズ・機材の話 | 2013年02月22日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

ありがとうございます。

お忙しいところご返答ありがとうございます!!

こんなに丁寧に回答して頂けるとは...感動しました。

まずは自分の出来るところから勉強していきます。

ありがとうございました!!

| カネナリ | 2013/02/24 19:25 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。