PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

グループショットに関して

Q:初めて質問させていただきます。

ブログも含め非常に参考になりますが 、私は現在4~5名のバンドグループショットをメインに 撮影しております。

こういったグループショットを取る際に 特化したライティングワークショップなど機会があればぜひお願いしたいと 思っております。

サイド光などコントラストのある写真は、特に立ち位置で露出も難しく思っております 。
よろしくお願いいたします。

A:「サイド光などコントラストのある写真は、特に立ち位置で露出も難しく思っています」と悩んでいると書いていますけど・・・

実は、数人のグループをサイド光などのコントラストのあるライティングで撮影する時は・・・

僕でも悩むのです(笑)

なぜならコントラストを強調したライティングは、光が広範囲に廻らないので1人の撮影と違って、被写体が増えれば増える程、人物に当たる光の露出が変わるからです。

僕の場合、スタジオで数人のグループをこういったライティングで撮影をする時は、光は強いけれども光源が広いストロボで撮っています。

DVD2(スタジオ実践パート2)に中で解説している中にあるような、普通のストロボにジャンボアンブレラを付けたり、エリンクロームなどの大きなストロボを使って撮っています。

大きなカサが付くストロボには色んな種類があります。

そういった大きなカサが付くストロボでも、全員の露出が変わるくらいの5〜10人数くらいグループを、強い光で撮らなければいけない時はどうしているのか?

その時は、1人ずつ撮って合成しています(笑)

同じ時間に全員が集まらないといった売れっ子グループの撮影では、同じライティングで1人ずつ撮ってあとから全員を合成するということはよくあります。

ただ、あなたがスタジオではなくライブハウスなどで、コントラスト強いサイド光で撮りたいのでしたら、全員を同じ光と影で撮るのは、どんなに頑張っても2人、上手くいって3人が限度だと思います。

光が廻るライティングだと数十人でもまったく問題ないのですが・・・

ライブハウスなどのような場所で、光と影を生かしたコントラストを強調した光で何人ものグループを撮るのは、僕でも無理です。

今回はあくまで、僕が無理と言ってるだけで、ライブハウスのような狭い場所でも数人のグループをコントラストの強いライティングで撮れるという方法がないと言ってるのではありませんので、誤解されないように。

130219-6.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2013年03月19日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

こんばんは

DVD見ました!
いろいろと勉強になりました。
写真もありがとうございます(^^)/

また、ご相談があるのですが・・・
ホテルなどの宴会場で、クリップオンストロボを使って、撮影するときなのですが、(宴会場のライトがかなり黄色い光)

普通に撮影すると、ROWで撮って後でホワイトバランスを調整するにしても、ミックス光なのでうまく調整できません・・・

完全に同じにならなくても、ストロボにオレンジのフィルターとかつけたほうがいいのでしょうか・・・

いつも、色調整で苦労しています(泣

| koya1484 | 2013/03/22 02:27 | URL | ≫ EDIT

コントラストの強いグループショットをライブハウスで撮影する場合ですが
もし仲良くしてもらってるライブハウスがあればステージを借りられないか頼んでみるといいかもしれません
サイドにある程度の数のライトを常設している場所でしたら比較的短時間でセットができて
個別に調光もしてもらえますので持込み照明機材を使うよりいいかんじに仕上げやすいと思います^^

| センキャメ | 2013/03/24 02:30 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。