PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ストロボ ガラスの反射

Q:本日は、ガラスや透明のプラスチックなどの額の前での人物の撮影の際の、背景も含めてきれいに撮影する方法(フラッシュの使い方、撮影角度、日光か置内光か、背景をチカチカさせない方法など)を教えていただきたく、メールさせていただきました。
もしブログ読者のみなさまにも共通して役立ちそうな質問でしたら、ご教示いただけましたら大変ありがたいです。

A:僕なりの返答です。

これは、カメラ内蔵のストロボ(一般の人が言うフラッシュ)か、カメラの上に直接取り付けたクリップオンストロボで撮影した時に悩む問題ですね。

ガラスや透明のプラスチックなどの額の前での人物を撮影する時に、カメラ内蔵のストロボ(フラッシュ)か、カメラの上に直接取り付けたクリップオンストロボで撮影する場合は間違いなく反射します。

もう、鏡の前でストロボを炊いてるのと同じことですからね。

こんな時、僕はどうするか?と言うとですね・・・

カメラは額の正面のままですけど、ストロボはスタンドにセットしてカメラの右側とか左側に置いて、ガラスがストロボの光を直接受けない場所を探して、その位置から人物にストロボを飛ばします。

この方法だと、人物にはスロトボが当たり、後ろの額(ガラス)にはストロボの光が当たらないので反射は気になりません。

ただ、これは僕のように撮影前にこういった準備ができる人の場合です。

そういった時間が許されなくて、いきなり部屋の中に入って「この額の前で撮って下さい」と言われ、撮らなければいけないような場合はどうするのか?

僕でも反射しないようにするのは無理なので、いい表情を撮ることだけに集中して撮影後にデジタル処理で反射したストロボ(一般の人が言うフラッシュ)の光を消します。

先日も、ホテルの一室での対談の撮影があったのですが・・・

大きな床から天井まである大きな窓(サッシ)から見える外の景色がきれいなので、窓をバックに正面から撮って欲しいというリクエストがあったのです。

ストロボをセットしてアシスタントを立たせてテスト撮影をしてみたのですが、ストロボをどの位置に移動しても、窓があまりにも大きいのでストロボの反射が窓に映るのです。

もう大きな鏡の前で撮ってるのと同じでした(笑)

そこで、ストロボの反射は後から消すことにして、被写体のいい表情だけを撮ることに専念したのです。

撮影後のデジタル処理で大きなストロボの反射はキレイに消えて、窓の後ろの風景バックに撮った素敵な写真になりました。

本当に便利な時代になりました(笑)

130219-15.jpg
*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2013年03月04日 | コメント:7 | TOP↑

コメント

飛行機雲がいいですね。いい瞬間に出会える努力に脱帽です。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2013/03/05 17:53 | URL |

こちらに、アメリカの写真家ケビン・クボタさんが、人物を大きな窓の前で撮影するときの例をビデオで紹介してます。
フォトショップでの処理を前提にしてます。
非常に参考になります。
http://www.kevinkubotablog.com/kubota-blog/2013/2/20/magic-light-and-photoshop-quick-tip.html

| 佐藤桂太 | 2013/03/06 10:49 | URL | ≫ EDIT

今回の写真もブルーが素敵ですね!
タクマさんのブルーがとても好きなんですが、ブルー色調にするには写真を撮る際にカメラの設定でされてるのですか?それとも撮った後にレタッチされてるんですか?

| 前田勇輝 | 2013/03/06 13:44 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

宅間先生、どうもありがとうございます!大変勉強になりました。私はまだフラッシュの部分だけ消すという画像処理をしたことがないのですが、その方法も勉強してみたいと思います。日ごろわからないことを教えていただけ、大半助かります。ありがとうございました。

| Yuki | 2013/03/10 17:08 | URL | ≫ EDIT

Aカット、Bカットを選ぶ基準は何ですか?
同じ場所で似ている構図とポーズだがモデルの表情が良くて、
自分ばかりのAカットで分類される写真が多い時がありますよね。
タクマさんの基準法! 知りたいです。

| KASAI | 2013/03/10 17:31 | URL | ≫ EDIT

* ますいしんいち さんへ
よく気がつきましたね、実は、今、飛行機雲にハマっているのです(笑)

* 佐藤桂太 さんへ
素晴らしい情報を知らせてくれてありがとうございます!!
また、何かあったらよろしくお願いします。

* 前田勇輝 さんへ
オリンパスP3で普通に撮るとこの色になるのです。
撮る前にカメラの彩度とか何も調整していないのですが・・いい色です。
いつも撮ったあと、すぐにカメラ裏のモニターを見て「うわッ、青キレイ!!」と感動しています(笑)

| タクマクニヒロです | 2013/03/11 20:35 | URL |

*KASAIさんへ
質問ありがとうございます。

大変申し訳ないのですが・・僕は読解力がないので

「モデルの表情が良くて、 自分ばかりのAカットで分類される写真が多い時がありますよね。 」の意味がよくわからないのです。

お手数ですが・・
「モデルの表情が良くて、自分ばかりのAカット」の部分を、もう少し具体的に書いてもらえたら助かります。

質問してくれたのに、お手数掛けて申しわけありません。

| タクマクニヒロです | 2013/03/11 20:39 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。