PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 購入するレンズの決め方を教えて下さい。


Q:購入するレンズ種類の順番は?

タクマさん、初めまして! 雷鳥社から出版されている「カメラマンへの道」を読み、勇気付けられました。

去年秋にニコンD7000を買い(標準レンズ18-105mm)、次のレンズは何がいいのでしょうか?

レンズを効率的に、少しずつ買い揃えていきたいので、アドバイスいただけたらと思います。

私は、風景(特にハワイなどきれいで鮮やかな海や、町並み等)、花、動物(犬、猫など)が特に撮りたい対象です。

どういう順番でレンズを揃えて、勉強し上達していけばいいでしょうか?

いまは、あまり高額なレンズが買えないのですが…。

検討しているのは、28-300mmや70-300mm位の望遠をまず買い、次は…?という感じです。

単焦点を買った方が、撮影の勉強になるという事も聞きますし。

それと、花をマクロで撮る場合のお勧めのレンズ(単焦点のマクロ?または望遠で撮ったほうがいいのか?)
も教えて下さい。

A:僕なりの答えです。

18-105mmのズームを持っているのでしたら、僕はニコンのズームがどのサイズがあるのか分からないので、ご自分で調べて欲しいのですが・・

風景、犬、ネコを撮るのでしたら、ニコンに28-300mmや70-300mmがあるのでしたら、70-300mmがいいと思います。

あと、花をマクロで撮りたいのでしたら単焦点のマクロをお勧めします。

「18-105mm」「70-300mm」「マクロレンズ」の3本があれば、もう殆どの撮影に対応できます。

あと『単焦点を買った方が、撮影の勉強になる』という話は気にする事はありません。

なぜなら、僕自身が「単焦点を買った方が、撮影の勉強になる」と言う意味が分からないからです(笑)

単焦点だと、そのレンズの画角でしか撮れません、でもズームだと同じ場所から、寄ったり引いたり自由に撮れます。

つまり、同じ場所にいて色んなバリエーションの写真が撮れるということです。

色んなバリエーションの写真が撮れるということは、多くの勉強ができるんじゃないの?と、僕は思っています。

でも、最終的には写真を撮る人の好みじゃないでしょうかね?

120416-6_20130402193422.jpg
・花ちらしの雨で散った桜
*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラ・レンズ・機材の話 | 2013年04月03日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

僕も聞いた事ありますが

単焦点レンズのほうが勉強になるというのは被写体に近づいたりはなれたりすることで、(あえて不便にする事で)構図や距離感が鍛えられるということではないでしょうか?正直、僕も聞いた話しですが・・・

| オコタニ | 2013/04/03 22:50 | URL |

僕が読んだ本の中にも単焦点レンズが勉強になると書いてあったので、すぐ買って試しましたが確かに自分が動く事で新しい構図の発見だったり人物撮影だと近づくのにコミュニケーションが必要だったりと勉強になりました!
でも僕はズームレンズが好きです♪

| 前田勇輝 | 2013/04/04 03:19 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。