PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真集を出版する方法、教えて下さい、

Q:初めまして。
宅間さんのブログを拝見してご連絡させて頂きました。
「写真集の作り方」というブログの記事を拝見し、とても勉強になりました。
そこで、是非お聞きしたい事があるのですが、宜しいでしょうか。

私は個人事業主で、(とは言っても「個人事業主」という肩書があるだけで、全く普通の一般人と同じです)
その状態で、出版社に写真と企画の持ち込みをしたいのですが、上記の場合でも受け入れてくれるのでしょうか?
もしくは、個人事業主の事は言わず、一般人として持ち込みをした方がいいのでしょうか?
個人事業主云々は企画の持ち込みには、関係無いかもしれませんが、少し気になりましたので、ご質問させていただきました。

A:出版社が知りたいのは写真集の作者は誰か?ということで、その方が勤めている会社名とか経営している会社ではありませんので、個人が作者という形で持ち込んだ方が出版社の人も分かりやすくていいと思いますよ。

Q: 出版社が制作・販売を受け入れてくれた場合、経費などはすべて、出版社が出してくれるものなのでしょうか?

A:印刷費やデザインなどの経費は全額出してくれますが、撮影に掛かるあらゆる経費はカメラマン持ちです。

ただし、出版社から撮影を依頼されてとか、出版社と共同企画で写真を撮る場合は出版社が全額出してくれます。

アイドルやタレントさんの写真集がそうです。

Q:写真集が売れた場合、私には収益の何%が入るのでしょうか?
(出版社によっても違いがあると思いますので宅間さんが考えられる想定でかまいません。)

全くのド素人で写真集制作・販売などに関して全く知識がございません。

長々と稚拙な質問で大変申し訳ございませんが、お答えいただけましたら幸いです。

お忙しいところ、大変恐縮ですが宜しくお願い致します。

A:出版社によってそれぞれ違いますが、殆どの出版社が写真集の値段の5%〜8%くらいだと思っていれば間違いないでしょう。

つまり、単価2000円の写真集が1冊売れたら、あなたに100円〜160円の印税が入ってくるということです。

写真集として出版できるかどうか?は、出版社の担当者があなたの写真を気に入ってくれるかどうかで決まります。

写真集を出版するのに、学歴も、勤めている会社も、年齢も関係ありません、

あなたが撮る写真がすべてですので、ぜひトライしてみて下さい。

A404_20130405185633.jpg
*桜ではありませんが、こちらも散った花びらです。
*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真集を出版する方法 | 2013年04月05日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

花は咲いたときも散ったときもそして蕾のときも美しいと思います。ボクもそうありたいと思っています。
今日もありがとうございます。

| ますいしんいち | 2013/04/05 21:22 | URL |

椿の花ビラですか⁈
黒バックでの花の写真いいですよね!

| 前田勇輝 | 2013/04/06 02:51 | URL | ≫ EDIT

*ますいしんいちさんへ
花もそうですけど、僕らが仕事で撮らせてもらってる「人」もそうなんですよね。

*前田さんへ
地面に落ちてる椿の花ビラを撮ったのですが、地面が暗かったので偶然ですけど、黒バックで撮ったように見えますね(笑)

| タクマクニヒロです | 2013/04/07 14:53 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。