PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

スタジオライティングを学ぶには?

Q:こんにちわ。いつもブログを拝見しております。

今25歳の社会人なのですが、学校に行こうかそのぶんの学費を機材にあてようかで悩んでおります。

スタジオライティングなどを学ぶにはこういった学校を活用するのが良いのでしょうか?

過去の質問と重複する点もございますが、宜しくお願い致します。

A:僕なりの返答です。

1−将来プロになりたいのでしたら学校に通うより、スタジオマンとして働くか、カメラマンのアシスタントになって学ぶことをお勧めします。

理由は2つあります。

A−高額な学費を払うのではなく、毎月給料をもらえるので経済的にも助かる。

B−もの凄い種類の実践的なスタジオライティングを学べる。

以上の理由です。

2−スタジオライティングだけを学びたいのでしたら、カメラマンのアシスタントではなくスタジオマンになることをお勧めします。

3−今の仕事も辞めたくないし、学費を払うことは経済的に問題ないということでしたら、東京写真学園のような社会人を対象にした学校で学ぶことはいいことだと思います。

ただ、どの学校でも言えるのですが、学校で学べるライティングの殆どは基本だと思った方がいいでしょうね。

仕事でも使える実践的なライティングを学びたいのでしたら、学校に通いながら僕のDVD1(スタジオライティング実践編パート1)とDVD2(実践編パート2)、DVD3(スタジオライティング基本編)を購入して学べば、もう殆どのスタジオ撮影はできるようになります。

また、学校だとスタジオを使えるので、僕のDVDを見てやってみたいと思ったライティングでテスト撮影をすれば完璧に学べます。

これは、僕のDVDの宣伝したい為に書いてるのではありませんよ(笑)

僕の制作したDVDは、初心者でも分かりやすく尚かつ、実践的で役に立つ内容だということです。

130414-1.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2013年04月14日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

こんにちは。僕は高卒で就職し現在8年目ですが、来年会社を退職してカメラマンの道を歩みたいと考えています。
しかし、その話を両親にすると猛反対されてしまいました。
「実績がないお前じゃ無理だ」と言われましたが、25歳だとやる気だけでカメラマンのアシスタントやスタジオ就職は難しいものですか?
ちなみに写真歴は今年で4年目、入賞歴なし。使用している一眼レフカメラはニコンのD800です。
忙しいところ申し訳ありませんが宜しくお願いします。

| ando | 2013/04/14 22:08 | URL |

おはようございます。
お忙しいところご返答して頂きまして、
どうもありがとうございます!

参考にさせていただきまして、色々考えてみます。

今後とも宜しくお願い致します!

| やました | 2013/04/15 06:07 | URL |

はじめまして。先日DVD5を購入させて頂きました。とても為になって、苦手だった営業もやる気が湧いてきました。思いきって購入して良かったです。
そこでいくつか質問があります。
私は今まで仕事で撮ったものもオリジナルのプリント(文字などの入っていないもの)をブックにいれていましたが、印刷物になったもの(文字が入った状態)をスキャンしてブックにいれた方がいいのでしょうか?
それから、雑誌サイズの方がいいかな、と思い、A4サイズでブックを作っていたのですが、サイズはやはり大四つ切の方がいいですか?清潔だったらA4でも大丈夫でしょうか?
出版社に置いてくる用のブックは、大きいブックと中身は同じ写真、構成ですか?
たくさん質問してすみません。よろしくお願いします。

| kojima | 2013/04/15 10:00 | URL |

*kojimaさんへ

DVD5への質問を具体的に分かりやすく説明したいので、DVDを購入した時と同じようにHPのメール欄からもう1度メールしてもえますか。
理由はわからないのですが、コメント欄に長い文章を書くと掲載不可になってしまうのです。
ご面倒をお掛けしますけど、僕の事務所のアドレスに再度メールして頂けたら助かります。
質問内容はこのコメントで分かっていますので「質問したkojimaです」というメールで大丈夫です。

| タクマクニヒロです | 2013/04/15 15:02 | URL |

andoさん
僕は26歳過ぎてから知り合いのつてをたどり広告写真の修行をして31歳で独立ししました。遅すぎるなんて事は、無論!ないですよ。カメアシやスタジオマンになるのが目的ではなくカメラマンになりたいのですから、過程は問題ではないはず。「こうしなければ出来ない」という自分を縛っているものを解き放って、とにかく写真を撮りまくる事です。そして人に見せて自分をアピールする事です。そうすれば必ず次に何をすべきか見えてきます。良い写真を撮っていれば人は放っておかないものですよ。

| たかし | 2013/04/19 00:05 | URL |

たかしさん
コメントありがとうございます。僕は今年で26歳になるため今まで年齢に不安がありましたが、それを払拭することが出来ました。現在、毎週写真を撮影することを心がけているので継続できるよう日々精進していきます。

| ando | 2013/04/19 21:58 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。