PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライブ撮影をするカメラマンになりたい。

Q:中3です。
将来フォトカメラマンになりたいです。
理由はファンモンのライブに行ってメンバーやファンの人の撮影してる姿を見てこういう仕事には興味があるから自分に合ってると思いました。
ですのでファンモンなど有名アーティストのライブを撮影するまでにはどのように階段をあがっていけばいいのでしょうか?

A:中3さんへ、返事遅くなって申し訳ありません。

中学生でこのブログを読んで人がいるとは・・・びっくりです。

それでは、僕なりのあなたの階段の上がり方を書きます。

1−高校生になったら写真部に入る
   ↓
2−写真部に入って、カメラのこと撮影テクニックを学びながら写真を撮るという楽しさを知る
   ↓
3−高校3年になっても今の気持ちが変わらなければ、専門学校か写真学科のある大学に行くか普通の大学に行ってその写真部に入って撮影することを楽しみながら、音楽雑誌に掲載されている色んなアーティストの写真を見て「こんな写真を撮りた」と、感じた写真を真似て撮る練習をする。

高校や大学では写真を撮る以外に、写真集を見る、個展行く、美術館に行く、音楽を聞く、映画を見る、マンガを読む、小説を読む、旅をする、スポーツをする、などなど、あなたの感性に栄養を与える為に色んなことをしたほうがいいです。

すべてが、あなたの感性の栄養になりプロになってから必ず役に立ちます。

どう役に立つのか?・・

あなたしか撮れないオンリーワンの写真が撮れる感性が育つのです。

4−専門学校や大学を卒業する時になっても今の気持ちが変わらなければ
   ↓
5−スタジオマンになったり、音楽関係のカメラマンのアシスタントになって実践的なスキルをマスターしながら、人脈をつくる。
   ↓
6−プロになる自信が出来たら作品を制作し、その作品を持って音楽雑誌、レコード会社、アーティストの事務所などなどに営業活動をする。
   ↓
7ー念願のカメラマンとしてスタート。

という階段です。

ただ、4の時点でどこかのアーティストとの繋がりができたり作品ができたのでしたら、そのまま6でも大丈夫です。

カメラマンの世界は卒業した学校、学生時代の成績、年齢などはまったく関係ありません。

あなたの撮る写真(作品)次第なのです。

今日のブログ以外に、このブログのカテゴリー「カメラマンになる方法」を読んで下さい。

僕はアーティストを撮りたい為にカメラマンになったのではありませんけど・・・

今までに、aiko、イエローモンキー、ELT、井上陽水、今井美樹、GLAY、桑田圭祐、コブクロ、サザンオールスターズ、ドリカム、福山雅治、ポルノグラフィー、ミスチル、矢沢永吉、、ゆず、ユーミンなどなど沢山の、アーティスト達を、CDジャケットや音楽雑誌やファッション誌などで撮らせてもらいました。

自分が撮ったアーティストの写真がCDのジャケットになったり、コンサートパンフレットになったり、音楽雑誌の表紙になるのはうれしいものです。

もっとうれしのは、CDジャケットやコンサートパンフレットの撮影をさせてもらったらコンサートやライブに招待してくれて、尚かつコンサートが終わった後の打ち上げに参加できたり楽屋に行けるのです。
これって、メチャメチャうれしいです。

あなたも、将来の夢に向かってあなた自身の「カメラマンへの道」を、歩んで下さい。

今描いてる夢が、将来100%叶うかどうか保証はできません。

でも、夢を描かなければ100%叶わないということは事実です。

夢を叶える為に努力したことは決して無駄にはなりません。

もし叶わなかったとしても・・・あなたの人生にとって本当に大切な装備を得ることができます。

また、これからの学校生活、部活、アルバイトなどで知り合う人との繋がりを大切にして下さい。

学生時代に出来た人との繋がりは、お金では買えない大切な宝モノですので本当に大切にして下さい。

大切にする方法は、簡単です。

カメラマンになりたいという夢を、今から諦めないで行動したら99%以上の確立であなたの夢は叶いますよ。

僕は25歳に「カメラマンになろう!!」と決めて、30歳でなれましたから。

今回は、質問してくれてありがとう!!

それでは、あなた自身の「カメラマンへの道」を・・

決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分で歩んで下さい。

以上、僕が思う中3年のあなたにとっての「カメラマンへの道」の歩き方です。

あくまで、僕の考えですから今日書いたことが正解!ということではありません、参考にしてもらえたら幸いです。
数年後に「タクマさん、あの時の中3年生ですよ!!」という知らせを楽しみにしています。

130422-4.jpg

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2013年05月02日 | コメント:12 | TOP↑

コメント

今日の写真、生命感を感じますね。今日もありがとうございます。

| しんいちますい | 2013/05/02 10:00 | URL |

中3に回答ありがとうございます(^^;

大変勉強になりました!!
やっぱり専門学校系は行かなきゃだめなんですかね?…

将来絶対カメラマンになります。

| ゆーじ | 2013/05/02 19:45 | URL |

はじめまして。なぜかコメントしたくなりました。
頑張ってください。

| 5 | 2013/05/02 20:06 | URL |

僕もなんかコメントしたくなりました!明るい未来へ臆せず頑張ってください!僕自信への言い聞かせでもありますが(笑)

| やまお | 2013/05/02 22:45 | URL |

確立?

以前から勉強させていただいております。
ずっと気になっていたのですが、確率を「確率」と書かれているのはなにか意図があってのことでしょうか?
夢が叶う「確率」
スタイルを「確立」する
だと思うのですが・・・?
細かな話ですみません。

| どうしても気になります | 2013/05/02 23:24 | URL |

どうしても気になるさんへ
指摘されて始めて気がつきました。
意図などありません(笑)
あなたのおっしゃる通りです。
教えてくれてありがとう。
このブログは誤字脱字満載なので(笑)
これからも一つ、よろしくお願いします。

| タクマクニヒロです。 | 2013/05/03 00:22 | URL |

お久しぶりになってしまいました。
(更新時は、いつも拝見させて頂いています)

どんな指摘にも、素直なタクマさんに好感です。

今回の記事を拝見させて頂いて感じた事を書かさせて頂きます

タクマさんがこれからの事をアドバイスされていたので、
今、されるべきことについて書かさせて頂きます。

それは、「良い習慣」を身に付けることだと思います。

既に中三の方なので、十数年生きて来られているので毎日の習慣が身に付いていらっしゃると思います。

その習慣について見直されては と思います。

やりたいと思う気持ちも大切ですが、「出来る」という結果を残す事も大切です。具体的に例を挙げるなら、まず高校に進学されるなら、その高校に入学出来るだけの能力がある事を第三者に認めてもらうという事です。

その結果を出す為には、日頃の積み重ねが大切です。
そして、その積み重ねがその人の信用となって、社会の中で、人として生かされていきます。

具体的には、今の自分の行動を見直してみて下さい。
例えば、朝起きてから、学校に登校するまでの行動について
何をしたか記録し、その行動に掛かった時間を一定期間、計ってみて、自分の習慣を知ることです。

記録された行動の中で、朝にしか出来ない事、前夜に出来る事等に分け、やるべき時にやるべき事として行動してみて下さい
そして、その違いを比較してみて下さい。

行動の計画を立て、時間を有効に使えるようになれば、落ち着いて行動出来るようになり、失敗を少なくする事が出来るようになれます。

何故、このような事を提案するかと言うと
社会では「結果」を求められるからです。
その結果も、ただ出せば良い訳では有りません。
いつまでに、どのレベルで、どのように結果を出せるのかが求められます。
仕事では、必ずお客様がいます。
お客様が求めている条件を結果として出せなければ、どんなに良い物を作っても、何の意味も有りません。

約束が守られなければ、仕事として認められません。
つまり、次からは仕事の依頼が来ないとなる可能性が高いという事です。

今、学校で何の為に勉強をしているのか、きちんと理解して行動できていますか?

何を、何の為にやるのか きちんとした目標を持って行動出来るのかで将来が決まると思います。

あなたの人生を、あなたの力で楽しんでください。

| fotoです | 2013/05/03 17:08 | URL |

「夢がある」って素晴らしい!
目指すものがあるっていろんなことを深く感じられるしどんなことも乗り越えられる!頑張ってください!

| naru | 2013/05/03 21:33 | URL |

fotoさんへ
素晴らしいコメントありがとうございます!
僕が中学3年生の時に教えて欲しかったです。
すでに、人生の後半を歩んでいる僕ですけど・・・
これからのカメラマンへの道を、あなたの言葉を心に刻んで歩んで行きますよ。
「そんなこと、人に言われなくても分かっていますよ」というシンプルなことって・・・
実行するのは写真のテクニックを上達するより難しいかもしれません。
中学3年生さん、「継続は力なり!」です。
これからの、人生ゲームをおもっきり楽しんで下さい。
専門学校に進むのが、経済的に難しいのでしたら、昼間働いて夜間に学ぶという方法もあります。
また、高校の3年間にアルバイトが可能でしたら入学資金の一部でも貯めるという方法もあるかも?しれません。

| タクマクニヒロです。 | 2013/05/04 02:10 | URL |

恐れ入ります。

深夜のご返答、ありがとうございます。

ちなみに、私は専門学校の夜間部出身です。

同級生の中には、昼間、写真関係のアルバイトをしながら通学している学生がいました。

アルバイトと勉強を兼ねながら、写真に携われるので一つの方法だと思います。

人脈も作れるのでは。

| fotoです | 2013/05/04 10:45 | URL |

専門学校とカメラマンの収入について。

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
こちらの記事に記載されている「専門学校で良い所」を別の記事に載せてあると
書いてありますが見つかりませんでした。
僕も高校2年でカメラマンになろうか悩んでいるのですが専門学校で
タクマさんがこの「専門学校はおすすめする」と言う学校はどこでしょうか?
また、カメラマンの収入はどのくらいなんでしょうか?

※タクマさんのHPからメールで送ろうと思ったのですがメールのページが開かなかったのでこちらから質問させていただいています。

| なきあか | 2013/05/04 11:10 | URL |

*5さん、やまおさん、naruさん
コメントありがとう!!

| タクマクニヒロです | 2013/05/05 16:10 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。