PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

他の仕事とカメラマンの仕事の両立できますか?

Q:今回質問させていただくのは、私も小学校の頃からずっとカメラが好きで、いろいろと写真を撮ってきました。
と言っても趣味レベルなので素人の写真ばかりです。
そして今は26歳であるスポーツで生活をたててるのですが、昔から「カメラマン」という職業には憧れていました。
そこで、今の仕事と両立させながらカメラマンを目指す方法はあるのでしょうか?という質問をさせていただきます。
別に今すぐカメラマンにならなければならない理由はありません。
しかし人生一度きりと考えるとやりたいことは挑戦すべきではないかと考えたのです。
是非回答の方を宜しくお願いします。

A:僕なりの返答です。

逆の立場で考えてみたらいかがでしょう?

例えば、あなたがプロサッカーチームの監督だとします。

監督のあなたが・・

あるカメラマンの若者から「自分は子供の頃からサッカーが好きで、サッカー選手になることを憧れていました。カメラマンの仕事をしながらプロのサッカー選手になる方法はあるのでしょうか?」と相談をされたら・・

監督のあなたは、サッカー選手に憧れているその若者にどのように助言してあげますか?

自分が監督だったらその若者に「〜〜〜」と言いますね。

とあなたの頭の中に浮かんだ答えが、僕の答えです。

「えっ、これってサッカー選手の話で、僕がタクマさんに質問した答えではないじゃないですか?」と思ったかもしれません(笑)

でもね・・

仕事というのは、職種に関係なくお客さんが仕事を依頼する人や会社に望む要素は同じなのです。

「自分が仕事を依頼した人や会社が、依頼した用件を自分が望むようにきちんとやってくれるか」ということです。

サッカー選手の場合も同じです

監督でありそのチームのサポーターが望む仕事をしなければ、次の試合には選ばれないとうことです。

今日の例え話で言うとですね・・

カメラマンの仕事をやりながら、監督が望む仕事ができるのでしたら選手になれる可能性はあるということです。

僕が「他の仕事との両立は無理ですよ」と言ったとしても・・

カメラマンになったあなたが、クライアントさんが望む日時に、望む仕事ができる(写真が撮れる)のでしたら、あなたにカメラマンとしての仕事の依頼はくるという事です。

また、僕が「大丈夫ですよ」と言ったとしても、あなたがクライアントさんが望む日時に、望む写真が撮れなければ、あなたにカメラマンとしての仕事の依頼はこないということです。

つまり、あなたの夢を叶えることができるか?どうか?は・・

あなたの努力次第なのです。

・・・というのが、僕なりの返答です。

今日書いたことも、あくまで僕が勝手に思ってることです。

僕の返答が「正解!!」と言っているのではありませんので、くれぐれも誤解されないようにお願いしますね。

★今の仕事をやりながら 「写真で稼ぎたい」 という人の為にマンツーマンワークショップをやっていますので・・・

ぜひ、参加して下さい!

  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

必ずお役に立てると思います。

130422-29.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2013年05月10日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

趣味だからこその楽しみ

僕自身タクマさんに気づかされたことですが、プロじゃなくても個展を開いたり写真集を出している方がいます。好きな写真を好きなだけ撮れる趣味写真も悪くないと思いますよ。

| オコタニ | 2013/05/11 22:48 | URL |

* オコタニさんへ
おっしゃる通りです!!
「自分はサッカーが好きだから、家族の反対を押し切ってでも会社を辞めてプロのサッカー選手を目指すんだ!!」なんて悩むことはないのです。
今の仕事をしながら、サッカー仲間と週末にフットサルをしておもいっり楽しむことができますからね。
写真が好きな人も同じです。
個展をやったり、手作りの写真集を作って知り合いに喜んでもらうことなんか、悩む事なんかなく簡単にできます。
どうしてもプロになりたいのでしたら、プロになれるまで、すべての時間とお金とエネルギーをプロになる為に必要な事に使うという覚悟が必要です。
その覚悟な無ければ、途中で挫折します。

| タクマクニヒロです | 2013/05/12 13:57 | URL |

お返事ありがとうございます。

確かに今やってるスポーツを中途半端にしてはいけないと思います。
今の僕には趣味で写真を撮ってるほうが良いのだとおもうようになりました。
そして、いつか個展をひらけるようにと。楽しみながら写真を撮っていきたいとおもいます。

| クニヒロ | 2013/05/17 19:47 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。