PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラと写真の関係。

僕のワークショップの会員の人で写真クラブに入ってる人がいて、その人はお父さんからもらったカメラを使って撮影している。
先日、クラブの顧問の先生に「そんなカメラ使ってるからいい写真撮れないんだよ!!」って言われて落ち込んだらしい。

この人が撮ってる被写体が時速300キロで走るスポーツカーや、アフリカのサファリで遠くにいるのライオンを撮るのだったら、それに見合ったカメラとレンズじゃなければいい写真は撮れないけれどね(笑)

写真クラブの顧問の先生の言う「今持ってるよりいいカメラ」って、何?

・値段?
 今のカメラより幾ら高ければいい写真が撮れるの?

・それとも、発売された年月日?
 何年前のカメラだともう、ダメなの?

・それとも、メーカ?
 どこのメーカーだったらいい写真が撮れるの?

・それとも、レンズ?
 何本持ってたらいい写真が撮れるの?

例えはどんなに高いカメラを持っていたとしても、このブログに掲載している花の前を通った時に「あっ!!なんて美しいんだろう!!」と感じる心を持っていない限りここにある青い花の写真は決して撮れないと思います。

それとも、高いカメラを首から下げてこの花の前を通ると、カメラが勝手に「あっ、いい被写体だ!!」と感知してシャッタ-を押してくれるんんでしょうか?

つまり、どんなに機能がすぐれている今流行りのカメラを持っていたとしても、みんなが「いいですね、この写真」って、感じてくれる写真が撮れるかどうかということは?

その人の心(感性)の問題で、機材の善し悪しではないんじゃないでしょうか?

カメラが好きな人は、時間があると「いい写真を撮る為」に、今以上にいい機材を手に入れようとカメラ雑誌で新しいカメラや機材の情報を調べてカメラ屋に見に行きます。

僕が「いい写真を撮る為」にやってることは、自分の心が感動するものを見たり聞いたりすることです。

映画を見ては「この光りいいなぁ~~」今度この光で撮ってみよう。

絵を見ては「この色いいなぁ~~~」今度こんな色の写真を撮ってみよう。

いい音楽を聞いては「今度この音楽が聞こえてくるような写真を撮ってみよう。

写真展に行っては「この構図いいな~」こんど真似しよう~~~(笑)

などなど、自分の心が感動するもの、心に響くものを探すことに時間を割いています。

自由になる時間を僕が使ってる割合は、カメラ雑誌を見たりするのが9%、カメラ屋に行ったりするのは1%くらいです。(自分が撮りたい写真に必要な機材を購入する時のみ)

残りの90%は心が感動したりワクワクドキドキするものに使っています。

こうやって心の中に感動する種をいっぱい貯めてるからこそ、ぼ~~~と街を歩いてても「あっ、これいい!!」と心に響くものに出会えるんだと思っています。

K69b.jpg


*地べたに咲くこの花の前を何十人というカメラを持った人達が通り過ぎて行きました、みんなの目的はこの公園にある有名なポピー畑でした。
でも、僕はこの地べたに咲く小さな小さな花に心が響いたので、しゃがんでシャッターを押しました、だからこの写真をここに掲載することができたのです。
僕の横を通り過ぎて行った人達は、みんな僕よりりっぱなカメラを首から下げていました。
はっきりいって、10年以上前のコンパクトカメラなんか持っていたのは僕だけでした(笑)



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2006年04月08日 | コメント:12 | TOP↑

コメント

タクマさんこんにちは。

私の写真を見て、「素敵な写真!いいカメラを使ってるんだね。何使ってるの?」と言われ、ちょっとカチン!ときたことがあります。
カメラが勝手に何を撮るか、そして構図まで決めてくれたわけじゃないのに!!
やはり、「いい写真=いいカメラで撮影」と考えている人が多いのでしょうか・・・。
F1で優勝したレーサーに「いい車ですもんね~。そりゃ優勝もしますわ」と言い放つのに似ていますよね。(笑)
残念です。

| ukphotography | 2006/04/08 19:28 | URL |

こんばんわ。

心でシャッターを切る。
共感いたしました。

よく人に聞かれます。
「いいタイミングを狙って、待ったりするの?」って。
私はいつもカメラを持っていますが、
「撮りたい時に撮ってます」
と、答えています。


以前小さな個展をさせていただいた時、
90%が、コンデジで撮影したものでした。
(私はプロではありません(^_^;))

タクマさんの、足元を見つめる視線が、
みなさんの心に響いているんだなぁと、
思います。

ブルーノート。好きですもん(^^)

| ゆきち | 2006/04/08 21:00 | URL | ≫ EDIT

前の記事も含めて

こっそり覗いていて(笑)コメントのそれも読んでいたんですけど、私は素敵だな。と思っていたんです。かく言う私も、父から譲り受けたカメラを使っているのですが。
父は正直撮ることにあんまり興味がない人(笑)で、機能にはものすごーーく詳しい自他称機材オタクなのです。
でも私は、父が言っていたどこそこが優れているカメラを生かせて撮っているとは思っていません。と言うか、少しは気にしたほうがいいのかもしれないけど、父の説明が長すぎて殆ど覚えていません(笑)
で、何が言いたいのかと言うと^^;
そんな私が撮った写真でもちゃんと何かを感じてもらえているんです。(と、思っているw)
だから、そのカメラが古いと言った人よりは、カメラとの相性を信じた方が絶対間違えないと思いました。でも、自分も真正面から「お前のカメラ古いんじゃーっ!!」って言われたら、たぶん落ち込みます(笑)

| れごはち | 2006/04/08 21:12 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ
いつも心待ちにして読ませていただいてます
ほっこり、ええ感じですねえ
こっそり覗きながら、おお!なんて膝を打つことしきりです○

よかったら僕のブログにも遊びにきて下さい(タクマさんも皆さんも笑)
http://ip500.seesaa.net/

また来まーす☆

| しげる | 2006/04/08 22:28 | URL |

カメラのせいにするのって結構・・・失礼ですよね(汗
10年以上前のカメラだっていいものは撮れますょね
でも・・・たまに凄いなぁーこのカメラって言われます_| ̄|○ ガクッ(冗談まじりで

| こりゅう | 2006/04/08 23:06 | URL |

私も同感です☆
値段や新しさではなく
お気に入りのカメラ、扱いやすいカメラがいちばんだと思います。
私が使ってるのは最高機種!と言われるものではありませんが
仕事をしてても困った事ありません。
良い!と思った時にどれだけジャスト!でシャッターを切るか、だと思います。(^^)v

| ソネカワ | 2006/04/09 00:03 | URL |

撮影=カメラの質?

タクマさんや皆さんの仰ることは本当にその通りだと思います。
特にタクマさんのお話で、写真クラブの先生がその発言は。。本当ですか?という感じです。良く入学式、運動会、卒業式などの行事でうちの子の友達を撮影して写真を差し上げると、「カメラはなんですか、ああ、やっぱりね」といわれます。そして実際同じカメラを買って撮影した後に、どうやって撮っているのですか、と初めて聞かれます。でも、ちょっと良い写真を撮りたいと思っている方はしょうがないのかな、と最近思っています。
でも先生はないんじゃない、、ですね。
ところで、以前書かせていただいた、第一回写真家ユニオン展の正式発表がWebで公開されましたので、お時間のある方に見ていただければ幸いです。タクマさん、すみませんが、この投稿欄で紹介させてください。よろしくお願いいたします。

「奨励賞」のタイトル「不器用な雪だるま」です。
http://union.photohighway.co.jp/gallery/index01.html

「入選」下記URLの上から二列目の一番左の写真をクリックしてください。
タイトル「あー休みが終わる」です。
http://union.photohighway.co.jp/gallery/index02.html

ありがとございました。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/04/09 01:21 | URL |

私も写真の技術以外の感性を磨く時間がすごく大切だと思います。「何か」に対して感じること。それは生きて行く上で一番大切だし、写真に絶対現れる。私はデザイン関係の仕事をしていますが、それが写真にいい方向に出ていると思います。

タクマさんようやくHPとブログがopenしました。リンクお願いしてもいいですか?覗きにきてください。ぜひ皆様も~。

ブログ http://mikaiwamura.cocolog-nifty.com/

HP http://www.mikaiwamura.com

明日から写真展ですv-238

| seri025 | 2006/04/09 01:48 | URL |

携帯で撮ってる自分の場合は極端だと思いますが、
私も写真は機材じゃないって信じてます。
それにテクニックも常に必要だとは思いませんし・・・
今日も宅間さんのお言葉に元気づけられました。

| SHU | 2006/04/09 19:15 | URL | ≫ EDIT

まさしくその通りだと思います。
世の中にはウンチクを並べるのがすきな輩が多いです。

感動する心を持たずにイイ写真なんか撮れっこない!

ほんとうに機材優先のオッサンども!
たまんないです!

| ふうちゃん | 2006/04/09 21:46 | URL |

いつもROMでごめんなさい。
またリンクして頂けますでしょうか(__)

たくさん見て、たくさん聞いて、たくさん撮って。
まさに同感です。
機材は値段や年式ではなくて、自分になじむもの 撮りたい気持ちになるもの を基準に選んでます。安くてもスキナモノ、高くてもスキナモノ 様々です。

| hana | 2006/04/10 09:16 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ukphotographyさんへ
はい、いいカメラ=いい写真と思ってる方の方が多いようですね。

*ゆきちさんへ
いいこと言うじゃないですか!!
「いいタイミングで撮る」まさにこれです!!

*れごはちさんへ
そうですよ大切な事は「何かを感じてもらえる写真を撮る」ということです。
「自分が持ってるカメラに何かを感じてもらう」のではありません(笑)

*しげるさんへ
コメントありがとうございます。
みなさんも、しげるさんのブログに訪問して、楽しく交流して下さいね。

*こりゅうさんへ
写真クラブの顧問やってる方というのは、こういう方が多いんですよ(笑)
とにかく、人一倍カメラ雑誌を見てるのでカメラの知識が凄いんです。
僕なんか、足下にも及びませんよ。

*ソネカワさんへ
そうです、「ジャストタイミングでシャッターを押す!!」
これが大切です。
昔、タレントさんの記者会見での撮影で思いましたよ。
すべてのカメラマンにとって、被写体も場所も時間も同じなんだけど、撮ってる写真(タレントさんの表情)はみんな違うんですよ。
まさしく、シャッターを押すタイミングです。

*なんちゃってさんへ
おめでとう~~~~~~!!

*seri025さんへ
ブログ開設おめでとう!!
みなさんも、ぜひ訪問して、コメントをしてあげて下さいね。
生まれたてですから、大切に育てて下さい(笑)

*SHUさんへ
携帯でも写真は写真ですから。

*ふうちゃんへ
まぁ、そんなに怒らなくてもいいんですよ(笑)
写真が好きな人、機材が好きな人、色んな人がいていいんです。
僕は高いカメラを持っていなくて、落ち込んでる人に「いい写真を撮るのに必要なことは、カメラじゃなくて(心)感性ですよ」ということを知ってもらいたいだけです。
カメラが好きな人を否定してるのではありません。

*hanaさんへ
そうです、好きなものが一番ですね。

| タクマクニヒロです | 2006/04/10 11:03 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。