PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 人と比べる

僕がカメラマンを目指していた事は、自分以外のカメラマンの情報を得るにはカメラ専門誌しかありませんでした。

とろこが、今は、ツイッター、フェイスブック、HP、ブログなどという、SNSでタイムリーな情報を得ることが可能になりました。

これって便利なことなんだけど・・・

先日、僕のワークショップに参加された人から、他のカメラマンさんのツイッター、フェイスブックを見て「うわ〜この人こんな仕事しているんだ」とか「え、自分が仕事をしたいと思ってるあの人と繋がっているんだ」とか「凄い、こんな場所で写真展を開催するんだ」などなど・・

他のカメラマンの行動を覗き見て「あのカメラマンに比べて自分は何もしていないと、毎日落ち込むのです」という人の相談を受けました。

僕は「人のそんなもの見なきゃいいんじゃないの?」と言ったのですが(笑)

「自分と同じくらいの年齢の人が今何を考えて、どんな仕事をしているのか?誰と繋がっているのか?が気になってしょうがないんです」という答えが返ってきました。

「でも、それ、見れば見るほど、落ち込むんでしょ?」

「はい、自分はこの人達と比べたら何もやってない・・・ダメだ〜と、落ち込みます」という返答でした。

カメラマンになってから、長いアナログ時代を過ごして来た僕には・・・

頼まれてもいないのに、なぜ他のカメラマンのツイッター・フェイスブック・ブログなどを見て落ち込まなければいけないのか?」よくわからないのです。

「落ち込むんだったら見なきゃいいのでは?」と・・

元気をもらったり、いい情報を得る為に見るのだったらいいことだと思うんだけどね。

人と自分を比べて落ち込むのでは・・・「時間とエネルギーがもったいない」と思ってしまうのです。

気になるカメラマンのそういったモノを見て、その人が「今どのような仕事をしたり」とか、「どのような人と付き合ったり」という情報を見ることを今すぐ辞めたとしても、今のあなたの今後の仕事や人生に影響があるんだろうか?って考えてしまうわけです、アナログ時代が長かった僕的にはね。

他のカメラマンと自分を比べている間は、カメラマンとしての自分がないのでは?と思います。

分かりやすく言うとですね・・・

自分の意識が他のカメラマンに向いている間は・・・

自分に向かなければ行けない意識が、自分自身に向かないということですよね。

自分に向いていないということは・・・

今の自分に何が必要なのか?

何をしなければいけないのか?

ということを考えることが出来ないということなのです。

例えば、「今仕事の量が少ない」とか「あんな仕事をしたい」と感じているあなたがですね。

自分と同じくらいの年齢のカメラマンが今どんな仕事をしているということを知って「うらやましいなぁ〜」と落ち込んでる時間とエネルギーをですね・・・

「仕事が少ないのだったら」「あんな仕事をしたいのだったら」

そんな自分は、

今、何をすればいいんだろうか?

と考えることにエネルギーを使った方が、絶対にいいと思うわけです。

人が何をしてるなんてことより「今の自分は何をすればいいのだろう?」と考えることに集中すれば、例えば
 ↓
こんな撮影をするカメラマンになりたい
 ↓
その為には、〜〜をしなければいけない
 ↓
〜〜をする為には、今の自分はまずお金を貯めなければいけないとか・・
 ↓
〜〜をする為には、今の自分は○○のスキルをあげなければいけないとか・・

今、自分が本当にやらなければいけないことが、はっきりと見えてくる筈です。

つまり、山の頂上に向かって歩いてた時に、今まで目の前にかかっていた霧が晴れて目指す頂上が見えてくるわけです。

そうしたら、頂上に向かって全エネルギーを使って歩みだせばいいわけです。

頂上に向かって歩む時に、上に登ってる他の人を気にするということは、自分の足下を見ていないので小石につまずいて転びます。

もし、あなたが他のカメラマンの情報を見て落ち込むのでしたら・・・

そんなもの見ないで・・

まず「今の自分が何をしたいのか?」ということをじっくりと見てみたらいかがでしょう。

そして・・・

決して焦らず、廻りと自分を比べず、あくまで自分のペースで、今の自分ができることを3歩進んで2歩下がるという気分であなた自身の「カメラマンへの道」を、歩んで下さい。

「人が何をやっているか」ではなく「自分は何をすべきか」です。

今日書いたことも、あくまで僕が勝手に思ってるということで「これが正しい!!」と力説しているわけではありませんので、くれぐれも誤解されないようお願いします。

130528-1.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2013年06月11日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

タクマさんの意見に一票、隣の芝生はキレイに見える物ですよね。きっと隣の人もそう思っています、お互いですよ。

| しんいちますい | 2013/06/13 12:18 | URL |

*ますいさんへ
一票ありがとう(笑)

| タクマクニヒロです | 2013/06/13 18:53 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。