PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

24ミリ〜70ミリズームレンズ1本あれば大丈夫。

Q:今発売の週刊朝日の撮影話聞きたいです。

どんなレンズでどの焦点距離、設定等も聞きたいです。

A:お答えします。

使用したレンズは、24〜70ミリのズームレンズ1本です。

24ミリから70ミリを手持ちで焦点距離は常に変えていますので、このカットを撮った瞬間の焦点距離は覚えていません

ただ、絵柄を見ればグラビアの方が24〜35ミリくらいの間で、表紙が50〜70ミリくらいで撮ってるような気がします。

お台場のフジテレビのスタジオがある建物のすぐ横にある公園で、15分程で全身、膝から上、腰から上、バストアップ、ドアップと色んなカットを撮りました。

カメラはもちろん手持ちで、彼女に「レンズ覗いて見て!!」とか「カメラに向かって歩いて来て!」とか「走って〜〜」とか「笑って」とか「変顔して〜!」とか「もう任せるよ(笑)」とか言いながら、僕も彼女と一緒になって動き回りながらバシャバシャ撮りまくった中の2枚です。

僕的には「これ使って欲しい!!」というカットがあったのですが・・

使われたのはそのカットではありません。

まぁ、仕事は僕の作品撮りではありませんからね(笑)

すべて僕が撮ったものなので、どのカットが使われてもGOODなのです。

雑誌の場合は、編集部がセレクトしたカットの中からタレントさんの事務所のOKが出たカットしか使えないことが多いので、カメラマンが一押しの印をつけたカットが使われるということはみなさんが思ってる以上に少ないのです。

また、編集部がセレクトしたカットが、事務所的にすべてNGになって編集部がセレクトした以外のカットの中から選ばれることもよくあります。

例えば、あるアイドルでとてもカワイイ笑顔が撮れていたとしても、その方の事務所サイドが「今回は笑顔は掲載したくない、少し大人な表情のカットを選びたい」という場合もあるわけです。

カメラマン的に言うと「えっ、そんなこと撮る前に言ってよ」と言いたくなるわけです(笑)

この雑誌の場合でいうと、僕が一押しのカットが選ばれたのは30%くらいですね。

カメラマンの好きなカットって、普通の人がみたら変な表情モノが多いかもしれません(笑)

逆に若い人がターゲットのファッション誌とか音楽誌だと僕が一押しの「えっ、この子、こんな表情するんだ!!」というカットが選ばれることの方が多いです。

媒体によって必要とされるカットが違うし、同じ雑誌でも担当する編集部やその時の編集長によっても違います。

130704-1.jpg
*使用レンズ24〜70ミリのズームレンズ・カメラ手持ちでレフなしです。


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラ・レンズ・機材の話 | 2013年07月04日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

お疲れさまでした

いつも素敵なお写真ありがとうございます。

タクマさんの写真にいつも心が震えます!

これからもタクマさんのお写真で、
沢山の人を幸せな気持ちにさせて下さいね。

ずっとずっと応援しています♪

| Takako | 2013/07/06 01:12 | URL |

おつかれさまでした。新境地楽しみです。            

| しんいちますい | 2013/07/06 05:52 | URL |

タクマサンのお人柄を感じました。
週刊朝日のお陰で、撮影のことやワンポイントアドバイスをいただきました。
ありがとうございました。

| m | 2013/07/06 22:15 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。