PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライブを撮るカメラマンになる方法。

Q:中3ながら以前も質問させていただきました。

やはり前からカメラマンになりたいという気持ちをかわらないので カメラマンになりたいです!!

ぼくはなれるかどうかわからないですが、一つのアーティストをずっと撮っていけるようなカメラマンになりたいです(毎ライブ、ツアーなどについていく(CREW))そのようになるにはどうすればよいんでしょうか??

理由はファンキーモンキーベイビーズのライブに行ってる時いつも居るCREWのカメラマンの人が気になったからです。そういう人はどこの会社につとめているんでしょうか??それともフリーなんでしょうか??

A:僕なりの返答です。

ぼくはなれるかどうかわからないですが、
と言ってる限りなれません。

今から「僕はなる!!」と決めればいいのです。

決めることにお金は要らないんだからね(笑)

「僕はなる!」と決めてどうしたらいいのか?・・

1−高校を卒業したらどこかの写真専門学校か日大芸術学部の写真学科に入学して写真の事を学びながら、ライブの写真では誰にも負けないくらいのテクニックを磨くことです。

2−学校に入れば先生、先輩などを通じて色んな人達との出会いがあります。

そこで、先生や先輩に「一つのアーティストをずっと撮っていけるようなカメラマンになりたいです(毎ライブ、ツアーなどについていく(CREW))そのようになるにはどうすればよいんでしょうか? 」と問いかけていけばいいのです。

これは花を咲かせる為に種を撒くでしょ?

あれと同じ行為で、あなたが写真に関係している色んな人達に「自分はこんなことをしたいんだけど」と言ってると、あなたの言葉を聞いた人が「自分学校の生徒に〜〜をやりたいと言ってる子がいるから今度会ってみてくれないか」みたいなことに展開し、あなたの夢が近づいて来るのです。

中3年のあなたがやるべきことは、まず、写真専門学校か日大芸術学部の写真学科や写真学科のある大学に入学する為にやるべきことをやることです。

これは僕に聞かなくても学校の入学案内を取り寄せれば、何をやるべきかが分かります。

専門学校か大学に入ったら、ファンキーモンキーベイビーズのライブに行ってる時いつも居るCREWの会社に就職したいのだったら、その会社情報を集めて就職できるようにトライすればいいのです。

また、フリーのカメラマンとして活動したいと思ったら、フリーになればいいだけです。

とにかく、ライブの撮影だったら誰にも負けないというテクニックさえ手に入れれば、アーティストの方からあなたに「どうか私達のライブの写真を撮って下さい」というオファーが来ます!!

カメラマンは、腕(テクニック)です!!

最高のテクニックさえ持ってれば黙ってても、向こうから撮影依頼が来ます。

それでは、今持ってるカメラでいいので写真を撮って撮影することを楽しんで下さい。

本当は僕が人に言える立場ではないのですが・・

中3年のあなたにあえて言います。

あなたがこれから出会うすべての人達との繋がりを大切にして下さい。

友達、部活の先輩、後輩、先生、アルバイト先で出会った人達などなど・・に決して嫌な想いをさせてはいけないということです。

書けばシンプルなことなんだけど、実行するのは本当に難しいのです。

難しかったのは僕だけかもしれませんけど(笑)

130705-20.jpg
*オリンパスペンでスカイツリーをパシャリ!


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライブ カメラマン | 2013年07月13日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

初めまして。

宅間さん初めまして。
私の写真が大好きで今年念願かなってアシスタントとして写真館に転職することが出来ました。
私は空と海の青さに心奪われこの瞬間をいつまでも見ていたいと思った事が写真家になりたいという理由ですが、宅間さんはどんなきっかけで写真が大好きになったのですか?
 宅間さんのブルー、リスペクトしています!

| 琉逢 | 2013/07/13 17:01 | URL | ≫ EDIT

以前音楽系のカメラマンになりたいとこちらのブログで相談した者です。
自分は地方在住の30代前半ですが、今までスタジオマンやアシスタントの経験も無く、単純に音楽が好きでライブによくいるカメラマンを見て、自分もライブカメラマンになりたいと思いました。

自分もタクマさんに質問するまでは音楽系のカメラマンでどうやっていくか迷ってましたが、質問したことで迷いが消え、今では音楽系のカメラマン一本でやっていく為、色々行動するようになりました。

ライティングもライブ撮影も全然分からないことだらけですが、やはり音楽系のカメラマンになりたいという気持ちが強く本当にやりたかったことなので、とにかく失敗を恐れず行動してます。

そんな感じでやっていたら、全国的に有名な夏フェスの撮影をさせてもらうチャンスをもらいました。

中三で色々迷うと思います。が、30代前半の自分からしたら可能性は無限大だし、どんなカメラマンにもなれると思うので、大変だと思いますが音楽系のカメラマン目指して頑張って欲しいです!

ちなみに自分は独学でフリーでやっていきます。

長文失礼しました。

| M.I | 2013/07/13 20:14 | URL | ≫ EDIT

*M.I さんへ
素敵なコメントありがとう!!
これからもいい写真撮って下さい!
楽しみにしています。

| タクマクニヒロです | 2013/07/14 18:53 | URL |

色付きの文字
ありがとうございます
色付きの文字
将来カメラマンになります!!

| ゆーじ | 2013/07/15 21:25 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。