PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン スタジオライティングは学ぶ必要あるのですか?

Q.私は写真を撮ることが好きで、そこそこ上手くて、自信もあります。
できたらスタジオマンやカメラマンのアシスタントにならずプロになりたいのですが、プロになるにはスタジオライティングはどうしても学ぶ必要があるのでしょうか? 

A:僕なりの返答です。

あなたがどんな写真を撮るプロになりたいのかということが重要です。

風景、山、動物、ドキュメンタリー、植物、水中、昆虫などの自然や街の写真を撮るカメラマンを目指しているのでしたら、スタジオライティングを学ばなくても大丈夫です。

ただ、モデル、タレント、俳優、アイドル、アーティスト、スポーツ選手、文化人、子供など人を撮るカメラマンになりたいのでしたら、スタジオライティングを学んでいた方が撮影の幅が増えるのは確かです。

あなたが友達から、ブライダル、成人式、七五三などの撮影を頼まれた場合、晴れている日はいいですけど、もし雨だったらどこで撮るでしょうか?

 また、プロになってタレントさんやアーティストを撮る仕事を依頼された時、撮影当日が雨だったら、普通は撮影場所をスタジオ撮影に変更します。

しかし、スタジオライティングができないあなたはどうしますか?

どこで撮りますか? 

撮影日はその日しかないのです、どうしましょうか?

もしくは、撮影依頼があった時点で「私は外でしか撮れませんのでよろしくお願いします」とクライアントさんに伝えますか? 

こんな時、スタジオライティングを学んでいるとスタジオでも撮れるので強いと思いませんか?

僕自身、独学でカメラマンになろうと決めた時、あなたと同じようにスタジオライティングは学ばなくていいかなと思った時期があります。

でも、僕は人を撮るカメラマンになりたかったので、自然光でしか撮れないのは絶対に弱いな~と思い独学でスタジオライティングを学んだのです。

長年やってきて、外ロケ(自然光)とスタジオの撮影比率をみてみると僕の場合は70%がスタジオ撮影です。

つまりスタジオライティングを学んでいなかったら、仕事の70%は断らなければいけなかったというわけです。

今思うと独学でも学んで本当によかったと思います。

もし、あなたが人を撮るカメラマンになりたいのでしたら、スタジオライティングを学んだ方が絶対に将来のためになると思います。

写真専門雑誌でも何からでもいいです。

自分が言うのは変ですけど(笑)

僕が制作したスタジオライティングDVDは、独学で学びたいという人にとっては本当に役に立つものです。

なぜなら、スタジオライティングのノウハウを何も知らなくて、でも「なんとかして学びたい」と思っていた頃の僕自身に分かるように制作しているからです。

もし、将来人を撮りたいと思っているのでしたら・・・

外(自然光)で撮るという1つの装備だけで歩むより、スタジオ&部屋の中でも撮れるという2つの装備を持って「カメラマンへの道」を歩んだ方が、あなたの撮影の幅が生まれるのは確かです。

また「どんな状況での撮影を依頼されても大丈夫!!」という自信もできます。

そのために使うお金や時間は決して無駄にはならないと思います。

でも、あなたが誰も撮れないオンリーワンのテイストの写真を撮る自信があり、その写真で「カメラマンへの道を歩みたい!!」という強い意志があるのでしたら、スタジオライティングを学ぶ必要はありません。

誰になんと言われても、最後に決めるのは自分自身です。

130705-2.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2013年08月02日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

夏空だぁ〜。良い雲ぐあいですね!

| しんいちますい | 2013/08/02 21:56 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。