PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンの世界は厳しい?

Q.あるカメラマンに「プロは自分の撮りたいようには撮れないし、生活のためには撮りたくない写真を撮らなきゃいけないから、実際のカメラマンの世界は厳しいよ。

それでも耐えられる根性はあるの?」と言われたんですけど、本当にそうなんでしょうか?

A:僕なりの返答です。

もし、仕事で自分が撮りたいものしか撮りたくないのでしたら、プロカメラマンにはならないで趣味で写真を撮ればいいと思います。

仕事は仕事で普通に会社に勤めるなりして、好きな写真を撮って個展を開いたり、写真集を出版したり、それだったらストレス感じないでしょ?

同じようなことをよく聞かれるのですが・・

「プロになったら自分が撮りたい写真が撮れなくなる」という考え方が間違っているのです。

プロカメラマンというのは・・・・

お客様から「こんな写真を撮って欲しい」という依頼があった写真を撮るという仕事なのです。

「自分が撮りたい写真しか撮りたくない」のでしたらプロなど目指さないで趣味でやればいいのです。

ただ、あなたの撮る写真が他の誰にもマネができないオンリーワンのテイストで、クライアントさんから「ぜひあなたのテイストで撮って欲しい」と言われるような写真を撮れるのでしたら、プロになってもあなたの好きな撮り方で撮れます。

でも・・・被写体はあなたが自由に選ぶことはできないのです。

つまり最初から・・・

プロカメラマンになる→「好きな写真は撮れない」と、思っていた方がいいのです。

じゃ、なぜ僕はプロになったのか?

それはですね・・・

「写真を撮る」ということが大好きなのです。

だから、あなたがどこかのカメラマンに言われたことを僕なりに解釈をするとですね

「プロは自分の撮りたいようには撮れない」は・・・

「自分が撮りたい被写体を自由に撮れないのは当たり前、そんなこと以上に僕が「撮らせて下さい」とお願いしても撮らせてくれないような超有名人を撮れたり、僕一人では行けないような場所に撮影で行けるのでうれしい」という解釈なのです。

「生活のためには撮りたくない写真を撮らなきゃいけないから、実際のカメラマンの世界は厳しいよ」は・・・

「撮りたいものは休みの日に撮ればいい」「好きなことをしてお金をもらえる、なんて幸せなんだろう」

という解釈なのです。

また、どのような仕事に就いても「自分がやりたくない仕事をしかたなくやる」なんてことは、あなたが想像している以上にあります。

だから「実際のカメラマンの世界は厳しいよ。」の解釈は・・・

社会に出て仕事で収入を得るということは、どのような職種であれ大変だということです。

25歳の時に「カメラマンになろう!」と決めて、会社を辞め、好きなことを仕事にした僕が「今」言えるのは、「好きなことを仕事にしてよかった」ということです。

なぜなら、好きなことそ仕事にしたからこそ・・・

・収入が少ない時期でも辞めないで頑張れたのです。

・収入が少ない時期があったからこそ、仕事を依頼してもらえるということに感謝する気持ちが生まれたのです。

・感謝する気持ちが生まれたからこそ、わがままなクライアントさんの仕事でも一生懸命できるようになったのです。

・好きな仕事だからこそ、こんなおじさんになっても日々もっといい写真を撮るにはどうしたらいいのか?という向上心が保てているのです。

130705-26.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2013年08月05日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

写真好きのカメラマンの撮る写真には生命感が溢れていますが、そうでないカメラマンの写真はキレイに撮れていてもなぜか心に響いて来ません。
好き、一生懸命とかいうきもちはわかる人にはわかるのです。
カメラマンでなくとも、どんな仕事にもそれは言えると思います。自分の気持ちを信じて頑張りましょう、生意気なようですが。

| ますいしんいち | 2013/08/07 08:53 | URL |

仕事とは?

どの仕事も、お客様の要求を満たさなければダメということなのだとおもいます。堪えられるというか仕事と趣味を切り替えられる人がどの仕事でも強いのではないでしょうか

| オコタニ | 2013/08/12 09:50 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。